Q,「今からでも間に合いますか?」が愚問すぎる件

    
家で集中できる画期的な方法を期間限定で公開中!上の画像よりYouTubeをご覧頂けます。

今回の本文はこの下からご覧頂けます。
日本初のオンライン自習室を開始 詳細
自習室会員が累計400名突破!詳細
8年目突入、全1900記事を公開中
公式メルマガ読者数が25,000名を突破
毎日20時にメルマガ配信中(1000日達成!)
アクセスが月間25万PVになりました
読者さん100人から届いたブログのご感想
早稲田集中力研究会代表の中西のプロフ

アクセスの多い人気記事
1週間に100時間勉強する方法(実話)
必見!授業は「情報カード」に直接書くと凄いことになる(実例付き)
このブログから1000台以上売れている椅子
あっさり勉強机に向かって集中できる方法
私が学年で1番になった脳のだまし方
好きな異性の写真で集中力をUPさせる裏技
テレビを観てはいけない本当の理由
「午前2時起き」で東大へ行った双子の兄弟

 

こんにちは、中西です。

 

今回は、前回に引き続き、いただいた質問への回答シリーズで。

 

実は、毎年この時期くらいから頻繁にいただく相談が1つあるのです。

 

最近も同じような相談を複数いただいているのですが、個々の相談内容はプライベートで細かい内容なので省略しますが、ようするにこういう相談。

 

Q,「今からでも間に合いますか?」

 

・・・はいこれ、すごく多いんです。つまり「本番までにこの私は間に合うのでしょうか?」というご相談。。

 

この手の相談が来ると、私の器が小さいからか、ちょっとイラっとするわけです。それって、人に聞くことですか?と。

私の機嫌が鬼悪いときは、「知らんがな」「そんなのわかるわけねーじゃん」と心の中で突っ込んで終わるときもあるとかないとか<(_ _)>

 

まあ先に言っておきますと、気持ちはわかるのです。不安な気持ちもよーくわかります。不安で人に聞きたくなる気持ちがわいてくること自体までは否定しません。

 

が、逆に聞きたいのですが、その相談に対して、あなたのことを何も知らない私ごときが「間に合います!」とか「間に合いません!」と言った回答を聞いて、あなたはそのまま素直に従えるのでしょうか?とくに後者の場合。

 

なんというか、それではあまりにも子供すぎませんか?あまりにも受け身すぎませんか?・・・というのが私が感じることです。

 

たしかに「(自分の実力が)今から本番までに間に合うのか?」という視点は必要ですし、それを考えること・検討すること自体は否定しません。

 

が、私が理解できないのは、それ(「自分が間に合うかどうか」)を“他人に聞く”という行為です。この“他人に聞くこと”、もっと言えば、その判断を“他人にゆだねる”という考え方が、私には理解できないのです。自分が受験生時代を思い返しても、そんな質問を誰かにするというのはありえなかったです。

 

実際、相談というよりも、自分の惨状を私に説明して、私から「その状況ではもう間に合いません」と言われたがっているフシのある方もいるのです。。

 

あなたの今の実力や、勉強の進み具合や、志望校のレベルを、あなた以上に理解している人はこの世にいませんよ。だから、「間に合うかどうか」なんて、あなた以上にわかる人なんているわけがないじゃないですか。私はそう思うのですが。。

 

きつい言い方をすれば、それぐらいのことを本当に自分の頭で考えて判断できないようであれば、受験はやめたほうがいいかもしれないということです。少なくとも、そのマインドでは志望校には受からない可能性が高いです。

(言い忘れましたが、社会人の資格受験生の方からは、さすがにこんな質問が来たことは一度もありません。来るのは全部高校生・浪人生のみ)

 

「間に合うかどうか」の判断を、他人にゆだねたい心理がわずかでもある人は危険です。

また、本当は自分では「もう絶対間に合わない」と気づいているのに、それを自分で認められず、他人の口から「間に合わないよ。もうあきらめな」と言われたがっている人も(そう言われたがっている自分に気づいていないこともあり)。

 

このタイプの人は受験に対して主体性がなさすぎるので、その大学はあきらめた方がいいような気がします<(_ _)>

 

つまり、こういうこと。

 

実際に間に合うかどうかという問題とは関係なく、その「今から自分は間に合いますか?」などという質問をしている時点で、もうアウトの可能性が高いということです。

 

ひかえめに言っても、その質問をしている時点で赤信号が点滅しまくりです。他人にする質問という意味では、その質問自体が愚問なのです。すいませんが、私はそう感じます。

 

めずらしく(?)いろいろキツいことを書きましたが、最後にまとめます。

 

「自分は本番までに間に合うのか?」ということを考えるのは必要ですが、そんなことを他人に聞かないこと。自分で考えてください。もう一回言います。そんなことは自分で考えてください。

 

そして、どれだけ自分で考えても、どうしても「本当に自分は間に合うのか?」がわからないということなら、あるいは、その判断ができないというのなら、もうその大学はあきらめた方がいいのではないかとすら私は思います。

 

こんな質問を第三者にしている人が、全国にいる「どうしてもその大学に行きたい」と思って、あきらめないで必死に頑張っている人たちに、勝てるとは到底思えないからです。

 

もしかしたら、あなたは今まですべての面において、誰かから“答え”を教えてもらっていたのかもしれません。もしかしたら、それがあなたにとって初めての「自分で考えないといけない大きな決断」かもしれません。

 

奇しくも「すべての問題に必ず答えが一つある」という受験勉強のプロセスにおいて、あなたが初めて遭遇した「自分で答えを考え出さないといけない問題」なのかもしれません。

 

「今から間に合いますか?」なんて他人に聞いた時点で、アウト。

 

それを自分一人で判断できないなら、その大学の受験をやめた方がいいのではないでしょうか。

 

以上が、「今から間に合いますか?」系の質問に対する私の回答です。

 

 

<中西からのお願い>

さて、ここで私から読者さんへ、ちょっとお願いがあります。

 

今回の話、以上が私の回答なのですが、この回答に対して、あなたはどう思われましたか?

 

あるいは、あなたが大学生(院生)・社会人の方なら、後輩の受験生からこんな質問(「今から自分は間に合いますか?」)をされたら、どう答えますか?

その人の状況を詳しく聞いて、「それなら間に合うね」とか「いや、その状況なら厳しいから間に合わないよ」などと回答されるでしょうか。

 

私の回答は、上記の通り「そんなことは第三者にわからないし、他人に判断をゆだねることではない。質問自体が愚問。自分で考えろ。自分で判断しろ。自分で決めろ。」というものです。

私は今までもそう言って来ましたし、今後も上記の自分の意見は変わらないと思っています。が、もしかしたら、私の意見はどこか間違っている可能性も0ではありません。

あるいは、私には無い別の視点があるかもしれません。私の意見というより回答の仕方がどこか間違っているかもしれません。

 

今回の本文を読んで、何か感じたことがある方は、どんな内容でもいいのでよろしければご意見を伺えると幸いです。

 

そこそこ面倒くさいテーマなので(笑)、ご意見を頂いた方には抽選で2名様に、最近引き出しの奥から出てきた300円分のクオカード(以前のOCPの景品の残り)をプレゼントさせていただきます。今回は広く意見を聞きたいので、単なる感想でもOKです。(締め切り:11/1(日)24時。当選者へは個別にメールで連絡させて頂きます。発表は発送をもって代えさせて頂きます。)

 

ご意見は以下のフォームからお願いします。

▼ご意見はこちらのフォームから

※いただいたご意見は、個人情報は伏せる形でメルマガ・ブログで掲載させていただく場合があります。ご了承ください。

 

<みなさんから頂いたご感想>

頂いたご感想の中で参考になったものを以下に掲載しました。中西以外の方の意見も興味深いものが多いので、よかったら読んで見て下さい。


元予備校アドバイザー・塾講師 Nさん

感想を述べさせて頂きます。

私は以前、予備校アドバイザー、塾講師をしていましたが、

志望校の難易度と生徒の実力をデータで算出して、「今からだと厳しい」とか、「頑張れば何とかなる」とか生徒に対してアドバイスしてました。

それは、今までの生徒を見てきての経験値から判断することなので、聞いてきた子がこれからどう受験勉強に取り組むかによって変わってくるかとは思います。

 

また、私自身、公務員予備校のアドバイザーの方から「今からの時期の開始であればこういう頑張りをしないといけない」というアドバイスを頂きました。

ただ、自分の実力を自分の中でどの程度なのか判断し、受ける試験の難易度やボーダーを把握し切った上で独自の勉強計画を立てるくらいでなければ、短期決戦で受験に勝利することは難しいでしょうね。

 

「今からでも間に合いますか?」と聞いてくるような生徒が自分の実力や弱点も分からず、残り少ない期間で受験に合格するにはよっぽど強力なサポートが必要だと思いました。

「今からでも間に合いますか?」という問いにアドバイスしても意味ないかどうかは場合によりけりだと思いますが、そのようなアドバイスを求める生徒は少なくとも、中西さんの元に集まるべき生徒ではないというのは確かだと思います!

 

ついでになってしまい、申し訳ありませんが、公務員試験の一次試験を突破しました!

あまりにも時間の取れない中でしたが、自分のやり方を貫いて良かったと思います。

公務員予備校の先生も受かったことに驚いていました。

中西さんのメルマガが大変刺激になったこともありました。ありがとうございました!


浪人生(1浪)Oさん

初めまして。毎日メルマガを楽しみにしております。

今日のテーマに回答したいと思ったのは、まさに今自分が『間に合うかな…』と弱気になっていたからです(今日のマーク模試が振るわなかったということもあります)

ですのでこれは自分へのメッセージのつもりでもあります笑

 

私は、間に合うか不安にはなっていますが、人に聞こうとは思っていませんでした。

なぜかというと、これは最近やっと気付いたことなのですが、毎日毎日やることをやっていく以外に方法がないからです。

以前の私は、『毎日1つ1つ潰す』の意味を勘違いしていました。

ニガテ教科ができるようになる、というザックリした目標を決め計画をたてるのですが、毎日のノルマが多くなりすぎたり応用問題ができるようになれると思えなかったりで、ますます合格が遠ざかるような気になっていました。

 

でも『毎日1つ1つ潰す』の本当の意味は、例えば今日やった模試を二度と間違えないようにすることだったり、先週の授業の定着を確かめることだったりするんですよね。

とにかくそれに尽きると今は思います。

そしてもっと大事なことは、無心でやることだと思います。不安も勉強にぶつけることでしか解消しないです。

たぶん、人に間に合うかどうか質問してしまうのは、以前の私のように、志望校との距離を感じて途方に暮れてるからだと思います。

 

ですので、もし自分だったら、

『それより今日の復習は?』

と言われたいです。

 

ということで、早速模試の復習をします!駄文失礼しました!


 高校2年生 Tさん

自分も「今からでも間に合うのか」と聞きたくなることがあります。

しかし、その相談は封印するようにしています。

なぜなら、人に聞いて間に合わないと言われればその時点で諦めようという弱気な姿勢がその相談には見え隠れしているからです。

 

そもそも受かる人は何が何でも受かろうと思っているのでそんな質問が出てくるはずがないと思います。だから自分は弱気になったら絶対受かってやると自分に言い聞かせるようにしています。

とはいえ、自分は弱い人間なのでそれでも受からないのではないかと心のどこかで疑っているような気もします。今の自分は合格からはかけ離れているので不安です。

しかし、それでも合格までの道筋を見据えしっかりと努力できれば必ず受かると信じたいと思っています。

 

長くなりましたが、結論としてはその相談は無意味で、そんなことで悩むくらいなら合格する方法を考えて実践するのみだと思います。その勇気がないのなら諦めるだけの話だと思います。

長文ですみません。


浪人生(2浪~) Mさん

以前この手の質問を高校生の頃した事があり、その経験を踏まえた上で
僕が回答者ならこう答えます。

「この時期になると不安に駆られてそう質問したくなる気持ちは分かります。

ただ、脳というのは質問をすると勝手に答えを求める性質があって、今回のようなイエスかノーか絶対に断定出来ないものを投げかけると
脳が答えを見つける事が出来ずエネルギーを浪費するだけになってしまいます。

 

間に合いますか?
より、
間に合うために今何をすればいいですか?

と聞くようにして下さい。

そうすれば脳が勝手に間に合うための情報や答えを探りだしてくれます。」

です。

自分で考えてなんとか答えが出る質問にかえさせますね。
(そのためこの質問の答えはしない、ということになります)

 

もしくは根性論で答えるとなると

「その質問をするぐらいなら単語1つ覚える方がよっぽど間に合いますよ。
今ある時間を勉強に注げば注ぐほど間に合うに決まってます。

時間は有限だけど手段は無限です。
頑張って下さい。」

といった所でしょうか。

参考になれば幸いです。


教育関係者の方 Yさん

こんにちは、教育関係者と言っても、教員志望しているだけのモノです。

今回のお話、他人ごとではなく、こうしてご意見を書かせていただいています。

 

実は私も、以前同じ質問を先生にしたことがあります。
(と言いましても、私は実技試験でピアノについてでしたが。)

その際、間に合うよ、と即答を頂きました。

 

いかがでしょうか。私は、きっと受験生にも同じように返すと思うのです。

 

私は、間に合うよと言われてとても嬉しかったことを覚えています。

そして、間に合うなら、頑張ろうと、その先生を信じて、一年間本当に今までやったことのないくらいピアノの練習に励みましたし、厳しいレッスンに耐えられました。

きちんと、こちらが合格プランを練って、あとは本人が頑張ればきっと合格できるという計画が見えた時

あなたなら間に合うよ、と私は声をかけると思います。

 

中西さんの言うことは正直よく分かります。私も、きっと心のどこかではそういう思いもあるのです。

ですが、あの時の一言が忘れられないからこそ、きちんと状況を見てあげて、その上で、間に合うよ、と声をかけたいという気持ちが勝ってしまいます。

散文失礼いたしました。少しでも、お役に立てれば幸いです。


浪人生(1浪)Kさん

私も以前、「今からでも間に合うのか」ということを考えて、勉強が手につかなくなる時期がありました。

今はその時期を乗り越えて、勉強を頑張れていますが、正直いってそういうふうに考えて誰かに答えを求めているときははかなり勉強への意欲が低下している状態なのかなと思います。

やるべきことが、頭の中にバババーっと浮かんできてそんなにやらなきゃいけないなんて無理だ!ってなります。そして勉強が手につかなくなります。

私がもしそんな方にアドバイスをするとしたら、

 

「今、あなたは大きな山のふもとにいると思って下さい。

あなたはその山の頂上を見上げて、立ちすくんでいます。あんなに高いところまで登るのなんて無理だ!と。

そしたら私はあなたにこう言います。だったら、下向いて上を見ずに突っ走れ!!!」

 

私も未来のことを考え過ぎて今に集中できなくなって、
立ち止まっていた時にこのことを考えてなんとか前に進んでいました。

未来を不安に思ってしまう時ってかなり辛いです。

どうしようもなくなって他人に聞いて、答えを求めようとします。辛い状態から逃げ出したいからです。

間に合っても間に合わなくても頑張ることには変わりはありません。立ち止まっているくらいなら下向いて突っ走った方がずっとましです。

長々と語ってしまい、すみません。

この記事に関して私だったらこう言うなということを書きました。


中学3年生 Aさん

私は、中西さんと同じ意見です。

「今から自分は間に合いますか?」と誰かに聞くのではなく、「心配なら、間に合わせればいいじゃん。」と思いました。

効率よく、寝る時間を割いてでも勉強すれば、間に合うんじゃないかと思います。(試験前日は無理ですが。。)

試験の一ヶ月前だとしても、24(時間)×30(一ヶ月を30日として)=720時間です。(無理な話ですが)

720時間、効率よく勉強すれば、それなりになるのではないでしょうか。

以前、横溝慎一朗さんの

“最短で最高の結果を出す 「超効率」勉強法゛

を読みました。
その本にも似たようなことが書かれていました。


教育関係者の方 Iさん

Q.今からでも間に合うか
自分以上に自分の状況がわかってる人はいない。

 

久しぶりにまさしくこれだという考え方に出会いました。

しかし、ある程度は今の状況を他人と比較して視覚化したほうが判断材料としての意味を持つと思います。

なので、数値化したものを見ながらこの状況であなたは何をすべきか?
それは期限までに間に合うのか?

を考えさせて自分で間に合うかどうか判断する手助けを(できれば)してあげることが大切だと私は思います。


高校3年生  Tさん

「今から間に合いますか」といった質問は、僕は今やるべき勉強をしない言い訳にしていると思いました。

この事を考えている時間は少なくとも勉強をしていない若しくは勉強に関する事は考えていませんよね。

「下手の考え休むに似たり」です。

受験前で勉強量が多いのは分かりますが、悩んでる暇があったらやれ!って感じです。

自分はこれを言い訳にしてサボろうとしてんじゃないかと自分に問うてみるのもいいかもしれません。

因みに1日にその事を3分考えるとして受験当日までの残り100日としたら5時間無駄にします。


 

<関連記事>
「まだ間に合いますか?」完結編~高校教師の意見~

 


感謝!YouTubeに公開3ヵ月で70万回再生&高評価数が28000突破<(_ _)>画期的ノウハウを無料公開中の動画「家で勉強に集中する方法」(2017.7.1~)



もう自習室・図書館・カフェに通わなくていい!5時~24時まで使い放題!日本初!いつでも家で勉強に集中できる「オンライン自習室」



ブログのカテゴリ一覧へ

P.S
私が以前直接指導をしていて、現役で日本最難関の東大理3に合格したY君の勉強法を無料レポートにまとめました。詳細はこちら


集中力アップ、記憶力アップ、ベストコンディション、健康、長寿、若さ・・・すべてが手に入るたった1つの方法

o0220031112672482537

「ある1つのこと」だけ実践すれば、勉強の集中力アップと記憶力アップが同時に実現し、体調も良くなる科学的に認められた方法があります。受験をひかえた人には本番の点数にダイレクトに響くほど効果がありますし、受験後にもずっと使えるので一生モノの役に立つテクニックです。※公開1週間で900名以上の受験生にダウンロードして頂きました(感謝!)
 
 

  “効果的なBGM”を使えば、勉強に長時間集中できる!



勉強の集中力を長時間持続させるコツは、効果的なBGMを利用することです。とくに「f分の1のゆらぎ」という性質を持つ自然音(波の音、小鳥のさえずり、風の音など)やクラシックを聴くと、脳内でα波が出てリラックスしながら勉強に集中できるようになります。今回はそんな「f分の1のゆらぎ」を持つ音の中でも、とくに人気が高いあるBGMをお届けします。私自身もこの数年間毎日これを聴いていて、集中したい時には欠かせない音源です。


アクセスの多い人気記事一覧
部屋を暗くする「映画館効果」で集中する
必見!英語長文を倍速で読むマル秘テク
要領がスーパー良くなる心理法則を発見
全受験生必聴の「試験本番」で使える裏技
「儲かる資格」をついに見つけました
ついに発見!勉強に最適な間食はコレだ!
「好きなことで生きていく!」を徹底検証
ヘタすぎる「休日のすごし方」をする受験生
「精神的な弱さ」を改善しようとしても無駄
「インプットの効率」を究極に高める秘訣
9時間睡眠に1ヶ月チャレンジした結果
「今から間に合いますか?」が愚問すぎる件
決着!机は綺麗がいいVS乱雑がいい論争
自分のタイプ別の効果的な暗記法(具体例)
今すぐ1冊の参考書に絞り込めない人の末路
E判定から一発逆転する人の勉強法
自習室でも声を出して暗唱できる裏ワザ
最強の健康法~半身浴のすごいメカニズム~
警告!「塾・予備校」の落とし穴に注意
スマホが人生を崩壊させる理由とその対策
「偏差値真理教」に洗脳される人たち
集中力と記憶力を一緒にアップさせる秘訣
なぜ、あの人はいつも勉強が楽しそうなのか
「授業の復習」のベストタイミングはいつ?
試験前日~当日の「食事と睡眠」のとり方
専門家としてトップ1%になる秘訣
必ず全員見てほしい衝撃の大傑作映画
センター試験対策のテクニック特集!

◎勉強の集中力をもっとアップさせたい
集中力と記憶力をまとめてアップさせる秘訣
合格したいなら「整理整頓」を甘く見るな!
規則正しい生活が命!集中力がUPする時間術
最強のBGMで集中する方法~自宅学習編~

自習室・図書館で集中できなくなる理由
自習室・図書館を休日に賢く利用する方法
家では絶対勉強するな!?
「継続力」が「集中力」に超影響する理由
「もうひと踏ん張り」のスイッチの入れ方
いいイスを使えると人生が変わる理由
「意志の弱さ」より「想像力の弱さ」が犯人
脳が作り出した「解釈」で現実を変える方法
整理整頓が集中力にものすごく影響するワケ
「1日の勉強の終わり方」がうまい人とは?
ショック療法でスマホ依存から脱出するコツ
訃報+意外と知られてないストレス解消法
禁欲をラクに成功させる秘訣~禁テレビ編~
1日1回、受験生に必ずやってほしい行為
30秒で勉強の集中力をアップさせる裏ワザ
勉強中の“あの欲望”に注意すべき理由
正午までに1日の勝負がほぼ決まる理由
東大教授に学ぶ快適な部屋にする方法
勉強で「効率よく気分転換する」ルール
睡眠不足は超ダサいと言い切れる理由
自宅で1日中勉強する時の注意点
夜寝る前には禁止の「至福の快楽」とは?
苦労せずに勉強を習慣化するコツ
勉強のマンネリ感を打破するストレス解消法
受験生が禁欲を成功させるコツ
勉強で蓄積したストレスの解消法
お菓子でストレス解消する方法
うまく仮眠すれば、勉強に長時間集中できる
「昼食は12時台」という常識を捨てろ!
フロ論。~勉強に集中できるお風呂に入る3つのタイミング~
ガム論。~噛むと集中できるガムの秘密~
音楽論。~「受験生の音楽鑑賞」はアリか~
恋愛論。~「受験生の恋愛」はアリか~
読書論。~「受験生の読書」はアリなのか~
孤独論。~受験生の「孤独」のメリット~
競争論。~まだ他人と「競争」してるの?~
たまご論~「卵は1日1個まで」のウソ~
牛乳論。~「牛乳」は本当に健康飲料か?~
がん論~がんになった人の共通点~
夏期講習論~天王山で失敗するパターン~
蓄積論。~高1~高2の蓄積を考えてみた~
メモ論~メモは取るべきか~
ニュース「ちょっとした工夫の偉大さ」
睡眠を削るのは「努力」ではなく「怠け」
夜の空腹感を解消する9つの方法
楽しく勉強できるTodoの作り方~弱者編~
合格したいなら志望校を周りに言いふらせ!
「月曜の辛い朝」を30%起きやすくする方法
試験直前にチョコを食べて脳をフル回転!
1番ベタで効果的な集中力アップ法(前編)
6秒でやる気を復活させる方法
受験生は顔つきに注意しろ!
なぜ「切り替え」はツライのか?
自宅で5分で完全リフレッシュする方法
好きな異性の写真で集中力をUPさせる裏技


◎勉強法の悩みを解決したい
1週間に100時間勉強する方法(実話)
最強の暗記ノウハウを教えます
最も効率的な「1回目の復習」のタイミング
受験生は「インプットのやりすぎ」に注意!
私が早稲田に合格できた最大の理由
いまE判定でも合格できる理由
完璧に暗記するならカードがベスト
勉強の“継続力”を圧倒的にアップさせる方法
モタモタするな!すぐに復習しろ!
「勉強法の勉強」にひそむ危険な落とし穴
【実話】勉強法マニアVS勉強法否定派
受験勉強でスランプに落ちるメカニズム
暗記効率が倍増「ラーニングピラミッド」
勉強法対決!インプットvsアウトプット
勉強好きな人がハマる落とし穴
成績が伸びる人、伸びない人の最大の違い
私がやっていた「英語の長文読解」の勉強法
知らないと損する悲観的な勉強法
一気に終わらせた方がいい勉強の3条件
どんな分野でも確実に暗記する方法
「音読パワー」を利用して成績をUPさせる
さっさと「勉強法の勉強」を卒業しろ!
「勉強法の勉強」が終わったら何をすべきか
参考書だけじゃなく、問題集も繰り返せ!
模試ノート作りは「○○」を重視する
模試の結果が悪い時の対処法~マインド編~
私のおすすめ英単語帳はコレ!(後編)
参考書は3回繰り返せ?
警告!「授業」にひそむ落とし穴に注意!
1日を充実させるTodoリストの作り方
わけのわからない「現代文」を攻略するコツ
過去問を2度やることに意味はあるのか?
学年トップの親友がやっていた勉強法
「予習」に時間をかけすぎるな!


◎勉強に役立つ!偉人・天才・有名人の話
松陰・手塚・さんま・ダウンタウンの共通点
村上春樹とスティーブンキングの共通点
アインシュタインとザッカーバーグの共通点
明石家さんま・浦沢直樹・三谷幸喜の共通点
タモリに学べ!徹夜でも集中できるコツ
エジソンは少食パワーで発明王になった
あの漫画家が1億冊を売った本当の理由
あの人が20歳も若く見える秘密
180巻まで継続する秘訣
1日10時間寝る漫画家 1日16時間寝てる男
アホな「尊師」にも天才の「孫氏」にもなれる脳のすごいカラクリ
イチローの4000本安打から学ぶこと
勉強に集中できるスポットを探せ!
東大の有名人たちの熱い勉強時間
織田信長に学ぶ受験勉強のコツ
孫子に学ぶ「勉強法の勉強」の勉強計画
悟空をマネして10秒でやる気を出す方法


◎直前期~試験当日までの勉強法
試験の問題を解くスピードを上げる秘訣
英語の長文問題を短時間で解く方法
受験当日の休憩時間に必ずやるべき作業
「あと少しで解けそうな問題」への対処法
試験本番の緊張感を抑える裏ワザ

「次の本文を読んで設問に答えなさい」?
勉強の集中力がアップする魔法のBGM
集中力×記憶力を同時に手に入れるコツ
試験会場に出現する“魔物”を退治する方法
※上記は当会の無料プレゼント・教材関連の記事が含まれます。


◎受験の不安・焦りを解消したい
最高のセルフイメージを手に入れる方法
受験勉強が辛いときに役立つ「2つの法則」
「焦り」で勉強に集中できない時の処方箋
今E判定でも、受験本番で自信を持てる方法
感動!無料メール講座「みんなの熱い言葉」
勉強がメチャクチャ楽しくなってしまう方法
「本番に間に合わない!」と感じたら
完璧主義だから受験への不安が消えない
不安感の正体は「ワクワク感」だった
気分が落ち込んだ受験生は読んで下さい
“本物の自信”をつける唯一の方法
受験の運命を好転させる思考テクニック
あと1ヶ月でどこまで実力が伸びるのか?
受験生なのにやる気が出ない理由

◎自分の将来についてもっと考えたい
勉強しない人の怖しい末路を教えます
テレビを観てはいけない本当の理由
「消費税の再増税」がもたらす大学受験生の恐るべき近未来
「何の専門家になるか」の決断力がいる時代
夢も持たないで受験勉強をしていいのか?
失敗しようがない志望校の正しい決め方
大学選びで絶対に失敗しないための黄金法則
タダで大学を卒業させる方法
SMAP解散の真相がわかりました

◎勉強計画を確実に実行したい
「ネット+参考書学習」が最強になる理由
勉強計画をネットにさらして合格する方法

1日10時間の勉強が当たり前になった理由
学習状況を確認して勉強量を最大化する

「ネットのつながり」でも仲間はできる理由

「他人のTodoリスト」を見て集中する方法

TodoリストをWebに公開して集中する方法

コーチングで受験勉強が楽しくなる理由

勉強計画を達成できる人、できない人

「仲間がいる環境」がやる気を引き出す

「受験勉強の本質」を見抜いた人が勝つ

「100%やりきった感」に満ちた生活を送れ

なぜ1日10時間も勉強をすべきなのか

専属コーチが能力を限界まで引き出す

コーチに監視されると勉強量が増える理由

「モチベーション」に左右されない勉強法

「超恥ずかしい!」を利用してやる気を出す
「合格後の明確なイメージ」がある人が最強

ダイエットを成功させた秘訣

最短コースで合格するために不可欠な作業

祝!元OCP生から弁護士&作家さん誕生!

私が今めちゃくちゃ幸せを感じる理由

大阪大学に合格したI君の座右の銘

【近況報告】ダメ受験生は2年後こうなった
受験生が「週末」にしなければならない2つ

勉強効率が上がる「今月の目標」の作り方

不合格になる受験生たちの悪い習慣

不合格体験記~挫折が挫折で無くなる理由~

受験生活の“最大の敵”を攻略する方法

私たちが「再び」OCPに参加する理由

私たちがOCPに参加する理由


超・大好評!日刊メルマガ「勉強の集中力が10倍アップする秘訣」(無料)
本ブログから登録の読者数9000名&連続配信が700日突破!勉強の集中テクニックの最新情報や、中西が日ごろの研究、受験コーチング、各種プログラムの受験生との交流、メルマガ・ブログの読者さんからの情報提供などを通して発見した「目からウロコの勉強の集中術」を、1~2分で読めるコンパクトで楽しい文章にまとめて毎日20時に配信中です(土日祝も配信中)。今まであなたが見たことがないクオリティのメルマガをお届けします。信じるか信じないかは、あなた次第!
メールアドレス       


このブログには現在1800記事以上が公開されています。受験生が抱えるほとんどの問題解決策が書かれていますので、受験勉強で何かお悩みがある人は上記リンク集とともにブログ内の「検索窓」(スマホは画面下、PCは画面右にあります)であなたのお悩みのキーワードを検索してみてください。きっと解決策or解決のヒントとなる有益な情報が見つかるはずです。


上の画像をクリックするとYouTubeの2時間セミナー(無料)に飛びます(公開日2017.7.1)

関連記事

カテゴリー

2017年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
ページ上部へ戻る