初小説を公開:ショートショート「外国に行ってビッグになりたい男」

    
こんにちは、本ブログ運営者の中西です。
今回の本文はこの下からご覧頂けます。

日本初のオンライン自習室を開始 詳細
自習室会員が累計200名突破!詳細
8年目突入、全1800記事以上を公開中
公式メルマガ読者数が11,000名を突破
毎日20時にメルマガ配信中(850日連続)
アクセスが月間25万PVになりました
読者さん100人から届いたブログのご感想
早稲田集中力研究会代表の中西のプロフ

アクセスの多い人気記事
全受験生必聴の「試験本番」で使える裏技
必見!英語長文を倍速で読むマル秘テク
このブログから1000台以上売れている椅子
「継続力」が「集中力」に超影響する理由
あっさり勉強机に向かって集中できる方法
私が学年で1番になった脳のだまし方
テレビを観てはいけない本当の理由
好きな異性の写真で集中力をUPさせる裏技
1週間に100時間勉強する方法(実話)
「午前2時起き」で東大へ行った双子の兄弟
要領がスーパー良くなる心理法則を発見
「儲かる資格」をついに見つけました
ついに発見!勉強に最適な間食はコレだ!
「好きなことで生きていく!」を徹底検証

外国に行って、とにかくビッグスターになりたい男

 

K国でそこそこ人気の俳優の一人にヌエロという人物がいた。

ヌエロは俳優らしからぬ控えめで人見知りをする性格だったが、これまでたくさんのドラマや映画にも出ていて、主演こそまだなかったものの、かなり有名な俳優の一人だった。

さらにヌエロには別の才能がもう一つあった。それは小説を書く才能だ。

彼は人知れず俳優の仕事の合間に小説を書き続けていたが、あるとき出版した小説がK国の伝統的な文学賞を受賞した。

人気俳優のまさかの文学賞受賞にK国中がわいた。

 

このヌエロの受賞を、誰よりも喜んだのはヌエロと同期の俳優ヤベエであった。

ヤベエはヌエロとともに同じ年に俳優養成所に入り、互いに刺激を受け合いながら一緒に芸能界を生きてきた、いわば同志である。

しかし、ヤベエはヌエロの受賞を誰よりも喜ぶと同時に、嫉妬とも競争心ともつかぬ表現しがたい複雑な感情に襲われている自分に気づいていた。

その複雑な感情は、受賞から一ヶ月たち、二ヶ月たち、半年たっても変わらないどころか、ますます強くなっていった。

そんな中、ついにヤベエは、これまで密かに眠らせていた野望を実現するために“ある決心”をした。

 

翌日、ヤベエはヌエロを居酒屋に呼んで、自分の決心について打ち開かすことにした。

乾杯をしてひとしきり近況を交わしたあと、ヤベエはヌエロに言った。

「俺、しばらく俳優の仕事を休業しようと思う」

同志の突然の言葉に、ヌエロは眉をしかめて尋ねた。

「は?俳優やめてどうすんの?」

「日本に移り住んで、そこでスターになりたいんだ」

「日本?なんで日本なんだよ。K国ではだめのか」

しごくもっともな質問である。ヤベエの回答はこうだった。

「いや、俺は最終的には俳優だけじゃなく、コメディアンとして世界トップスターになりたい。そのためには、お笑い文化が世界一の日本に行くしかないんだ。いずれは日本のお笑いグランプリで賞を取りたいね」

「・・・ちょ、ちょっと待て。おまえ、俳優の道はどうした?」

「俳優は俳優でやるんだ。まず日本に行って俳優として活動をスタートするじゃん。そしていろいろ頑張ってるうちに、チャンスがめぐってきて、いつかきっと日本のお笑いのスターにもなれると思うんだ」

「いやいやいや、マジどこから質問していいのかわからないんだけど、まずおまえ、日本語しゃべれるの?」

「全くしゃべれない。知ってるのは『スシ』と『フジサン』、あと『アリガトウ』の3語はわかるな。だから最初の3年くらいは日本語の勉強からやろうと思っている」

ヌエロは腕組みをしながら首を傾げている。どうしても、ヤベエの話が腑に落ちないようだった。

「そうか、まあ言葉の問題は勉強すればいいんだろう。しかしお前さ、100歩ゆずって、日本語はしゃべれないけど日本語をまず勉強して、日本で俳優を目指すならまだわかる。なんだよ、『最終的には日本のお笑いスター』って。」

「だから、日本のお笑いスターって、すげー人気でモテモテで金持ちにもなれるらしい。K国で俳優なんかやってるよりよっぽど派手だし、俺の性にも合ってる気がするんだ。」

ヌエロは腕組みをしながら軽く目をつぶる。軽くため息をついたようにも見えた。なにかを考えているようだ。しばらく沈黙が続いた。

 

数十秒後、ヌエロは口を開いた。

「いや、K国で俳優から芸人に転身するならまだわかる。あるいは俳優から芸人に転身して、さらに日本に移住して芸人としてトップを目指す、というならまだ何とか理解できる。」

「わかってくれた?じゃあ文句ないよな。ちなみに、もしかしたら半年ぐらいで戻ってくるかもしれないから」

「半年・・・」

「だってどうなるかわからないじゃん。ダメそうだったら半年か1年で戻ってくるから」

「いやあのな・・・だけどK国俳優のお前がさ、日本語を勉強しながら、日本で俳優としてスターを目指す。これなら十分わかるんだよ。

もっというと“語学力”もお前が本気なら大した問題ではないと思うんだ。そんなのは頑張れば、あとから付いてくるんじゃないかと俺は思う。

しかしな、とりあえず日本に移り住んで、それで日本で人気俳優を目指しながら、なぜ最終的には『日本のお笑いのスターになりたい』って言ってるわけ?そこがどうしても理解できない。」

「わからないかな~。簡単にいえば俺はビッグになりたいんだよ。別にお笑い芸人にこだわるわけじゃないんだ。何の分野でビッグになるかはわからないけど、とにかくビッグになって帰ってくるよ」

「おいおいおい、お前、いくらなんでもそれはさす・・・・」

ヌエロがそこまで言ったとき、急に隣の席の客がこちらに寄ってきた。

 

その客は50代ぐらいの男で、目はやや大きく肌の色は浅黒、髪はほぼ丸刈りのようなショーットカットで金髪、上半身は筋肉がムキムキのいかつい男だった。

その金髪が二人の間に割って入り、ヤベエに向かって言った。

「あのな兄ちゃん、俺日本人やねんけどK国語ちょっとわかるんやわ。で、悪いけどさっきの会話全部聞かせてもらったんやけどな。」

この隣で聞いていた男が誰かは全くわからなかったが、異様な男の目つきと迫力に、ヤベエは圧倒された。金髪でムキムキの男は言った。

「こっちのあんちゃんも言ってたけどな、K国俳優が日本に来て俳優目指すのはまだええわい。勝手にしたらええわ。けどな、日本に来て俳優やりながらお笑いでスターを目指すって言ったよな。」

男のそのあまりの凄みに圧倒されながらも、ヤベエは素直に返事をせざるを得なかった。

「はい、そのつもりですが、別に『お笑い』でなくてもよくて、ようは日本でビッグになれればいいんです」

その言葉を確認すると、金髪の男は片手を大きく上にあげ、机をバンッと勢いよく叩いた。

大きな音がしたが、居酒屋の店内は相当うるさかったので、近くの客がちょっとこちらを見ただけだった。

金髪は机に手をついたまま、低い声でヤベエにささやいた。

「おまえ、日本のお笑い業界を舐めんなや。そんなもんで日本でお笑いスターになれるほど、日本のお笑いは甘くないんじゃボケ」

そう言ったあと、金髪の男はヤベエたちのテーブルから去り、連れ合いの男に店を出ようと合図した。

「いくぞキム、こんなアホな客がいる店で飲まれへんわ」

金髪はK国人とも日本人ともつかぬ名の連れ合いの男に声をかけ、二人の男たちは店を後にした。

 

ヤベエは、見ず知らずの日本の男から、自分がいったい何を怒られたのかわからなかった。

そして呆然とした表情で無言のままヌエロと目を合わせ、「変なおっさんにからまれたな」と言わんばかりに、半笑いで首をかしげるしぐさをしてみせた。

 

金髪が店から去ったのを確認したあと、ヌエロは何かを思い出すように言った。

「そういえば、こんな話を聞いたことがある。最近の心理学の実験らしいんだが、人間は『遠い将来』のことを考えるときは、そこから得られる楽しいメリットばかり思い浮かべ、そこに至る計画は抽象的になりがちだと。

さらに『遠い将来』のことについては、その計画を実際に実行できる可能性についても、深く考えない傾向があるらしい」

「ほお。それで?」

「逆に『近い将来』のことを考えるときは、成功の見込みがどれくらいあるか、何が障壁になるかとか、そういった現実的で具体的な部分に目を向けて考える傾向があるらしい。実験でわかったんだって」

「へーそうなの。」

「つまりだ。人間は『近い将来』のことなら現実的に考えられるけど、『遠い将来』のことを考えるときは、つい理想主義者になってしまうってことだ。」

「何が言いたいんだ」

「つまりお前の『日本に行ってビッグになりたい』なんて夢は、現実的な戦略も何も無い、ただの理想主義、いや、単なる妄想レベルの話と変わらないんじゃないかってことだ!」

しばらく沈黙が続いた。ヤベエはタバコに火をつけたが何もしゃべらない。黙り込んで動かない二人の間に、煙だけが舞っている。

 

沈黙は意外なところから破られた。さっきの金髪のムキムキマンがいた逆隣りの方から、今度は別の男が二人の話に割って入ってきたのだ。

「すいません、ちょっといいですか」

ヌエロとヤベエは突然の“来客”に驚きながらも、先ほどの来客とは違う腰の低い雰囲気に安堵を覚え、思わず軽くうなずいた。

その男は、口と顎に濃いヒゲを生やしていたが、目は少年のように澄んでいた。30代半ばくらいだろうか。

男はヤベエに向かって言った。

「すいません、ヤベエさんですよね?私、あなたのドラマや映画をいくつか見たことがあります。」

「なんだ、ただのファンか」と思いつつ、ヤベエは軽く笑顔で会釈した。男は続けた。

「私もさきほどからお二人の話を聞いていたんですが、大変興味深い内容だったのでつい声をかけてしまいました。ところでヤベエさん、『スラムダンク』は知ってます?」

「何ですかそれ?」

「日本でビッグスターになりたいなら、スラムダンクは知らないとダメですよ(笑)。世界中で大ヒットした日本の漫画です。バスケットボールの漫画なのに『後世に残したい漫画ランキング』で1位になったこともあります」

「へぇ、なんか凄そうですね。で、そのスラムなんとかがどうしたんでしょうか?」

「このスラムダンクの主人公チームの監督が年配の安西先生って言うんですが、この安西先生がまだ若い頃、彼のチームでもっとも優秀な谷沢って選手がいたのです。この谷沢がアメリカにバスケット留学に行くエピソードがあります」

「バスケット留学ねぇ」

「谷沢は安西先生の厳しい指導が合わないと感じて、勝手にアメリカに留学したんです。その結果、谷沢はどうなったと思いますか?」

「どうせ漫画でしょ。・・・で、どうなったの?」

「谷沢はアメリカまで行ったのに、全く成長してなかったんです。しかも彼はその後事故死した」

「死ぬのかよ!」

「しかし死ぬ前に、谷沢は安西先生に手紙を書いていたんです。内容を簡単にいうと、アメリカにわたったことへの後悔のような手紙でした。

そしてその手紙の最後は、こう締めくくられていたんです。

『バスケットの国アメリカの、その空気を吸うだけで、僕は高く跳べると思っていたのかなぁ…』」

 

一通り漫画の話を終えたヒゲに、ヤベエは言った。

「で、俺がその谷沢だって言いたいわけか」

「いや、谷沢以下ですね。谷沢の留学は失敗したとはいえ『バスケットを上達させる』という明確な目的を持ってアメリカに渡ったのです。

しかしヤベエさん、あなたが言ってることは、つまりこうです。

『アメリカに行ってNBAのプロバスケット選手になりたいんですが、最終的にはメジャーリーガーにもなってMVPも取れればいいなぁと思ってます』」

ヤベエはそのオチを聞いて、ようやくこのヒゲ男が本当に言いたいことを理解した。ヒゲ男の顔をよく見ると、軽くニヤついているように見える。

突然の失礼な“来客”にさすがにムッとして、殴ってやろうかと考えていたとき、ヒゲ男側のテーブルにいた連れ合いの男が、ヒゲ男の腕を引っ張った。

「すいません、こいつ酒が弱いくせに今日はだいぶ飲んでるんです。失礼しました。」

連れ合いの男はそう言うと、ヒゲ男を自分たちのテーブルに引き戻した。そしてヒゲ男に言った。

「…おい!明日も練習で早いんだから悪酔いすんなよ!もう帰るぞユウタ!」

 

二度目の“来客”が帰ったあと、 度重なる訪問客にうんざりしたのか、ヌエロもタバコに火をつけた。ヤベエは何も言わない。

2~3回タバコをふかしたあと、ヌエロは言った。

「さっきの話、あのヒゲだいぶ酔ってたけど、言ってることは的を得てる気がするな。実際にそんな奴がいたら、どう思うよ」

「まあ・・・痛い奴だな」

「だろ?」

「ヌエロ、お前が言ってることはよくわかる。だがな、俺が日本でビッグスターになりたい気持ちは変わらないわ。これは前から思っていたことだから」

ヌエロはその言葉を聞くと、タバコを灰皿に入れ、立ち上った。そして無言のまま、トイレの方向に歩いていく。

ヤベエはテーブルに肘をついたまま、下を向いていた。ヌエロの残した灰皿のタバコから、薄っすらとかすかな煙が立っている。

 

数分後、ヌエロが戻ってきた。再びヤベエの前に座ると、彼は言った。

「今の仕事を全部捨てて日本に行くんだっけ?」

ヤベエは軽くうなずいた。

それを見てヌエロは再度腕組みをし、下を向いてしばらく何かを考え込んでいた。再び沈黙が続く。

しばらくして、ヌエロは諦めたように口を開いた。

「・・・わかったよ。どう考えても俺には無謀なチャレンジにしか見えないし、お前はとんでもない馬鹿の可能性が高い気がする。いや、きっととんでもない馬鹿なんだ。」

ヤベエは自分がバカにされたのかと思い、一瞬怒るような表情をしてみせた。ヌエロは気にせず言葉を続ける。

「しかしな、一方で順調に行ってる仕事をすべて捨ててまで、海外でチャレンジをしようなんて、そこまで思い切れる奴もそういない。 少なくとも俺は聞いたことがない。」

ヤベエは黙って聞いている。ヌエロは続けた。

「お前はたぶん馬鹿なんだが、ここまで馬鹿だと、逆にとんでもない大物の可能性も、わずかながらあるような気がしたんだ。本当にごくわずかだけどな(笑)」

「お前、応援してるのかけなしてるのか、一体どっちなんだよ」

ヌエロは続けた。

「それにな、日本に行ってみることで、現時点では予想もできない出来事に遭遇して、そこから道が開けることもあるんじゃなかろうか」

「たとえば?」

「『たとえば?』って、『予想もできない出来事』なんだから例えなんて出ねーよ。ただな、ノープランで行ってみて、初めてそこでいろいろ気づいて、想定外の道が開けることがあるかもしれない」

「そんな都合良く行けばいいけど」

「お前が言うな。とりあえず、俺はお前のやろうとしていることは馬鹿だと思うし、さっきの金髪じゃないけど、日本を舐めてる気もする。

でも、そんな馬鹿なことをやろうとしてるお前がやっぱ好きだし、それがお前の本当にやりたいことなら、応援というか、気持ち良く見送ることにするよ。行って来い、日本。 」

そう言うとヌエロは右手を上げ、ヤベエに向かってバイバイをする仕草をした。

 

「ヌエロにそんなふうに応援してもらえると、向こうで頑張れそうだよ」

ヤベエがそう言ったのを聞いて、ヌエロは答えた。

「まあ向こうに行ったら行ったで、必ずいろんな大変なことに遭遇すると思うよ。そう考えると、もし今、お前が仮にお笑い芸人でさ、向こうに行って芸人やりながらトップ俳優を目指すっていう逆のパターンだったら、もっと面白かったかもな。」

「ん?なんで?」

「だって芸人なら、失敗して帰国してもさ、おいしいネタになるじゃん(笑)」

ヌエロはニッコリ笑ってそう言うと、ヤベエに向かって指を2本立てるサインをして見せた。それは日本で「ピース」と呼ばれるサインだったが、使い方が少し間違っていることには気づいていない。

「おいおい、失敗する前提かよ。でもほんとに・・・」

ヤベエは何か言い返そうとしたが、ヌエロの気持ちが嬉しくて目頭が熱くなり、言葉に詰まってしまった。反射的に、彼が知っている数少ない日本語の1つをヌエロに向かって言った。

日本語のわからないヌエロは、ヤベエが発する耳慣れない単語を聞いて、少し間違ったピースをしたまま、笑顔で眉をしかめていた。

 

 

 

 

 

※よかったら今回の物語の感想をもらえると嬉しいです。ご感想はこちらのフォームから


もう自習室・図書館・カフェに通わなくていい!5時~24時まで使い放題!日本初!いつでも家で勉強に集中できる「オンライン自習室」



ブログのカテゴリ一覧へ

P.S
私が以前直接指導をしていて、現役で日本最難関の東大理3に合格したY君の勉強法を無料レポートにまとめました。詳細はこちら


集中力アップ、記憶力アップ、ベストコンディション、健康、長寿、若さ・・・すべてが手に入るたった1つの方法

o0220031112672482537

「ある1つのこと」だけ実践すれば、勉強の集中力アップと記憶力アップが同時に実現し、体調も良くなる科学的に認められた方法があります。受験をひかえた人には本番の点数にダイレクトに響くほど効果がありますし、受験後にもずっと使えるので一生モノの役に立つテクニックです。※公開1週間で900名以上の受験生にダウンロードして頂きました(感謝!)
 
 

  “効果的なBGM”を使えば、勉強に長時間集中できる!



勉強の集中力を長時間持続させるコツは、効果的なBGMを利用することです。とくに「f分の1のゆらぎ」という性質を持つ自然音(波の音、小鳥のさえずり、風の音など)やクラシックを聴くと、脳内でα波が出てリラックスしながら勉強に集中できるようになります。今回はそんな「f分の1のゆらぎ」を持つ音の中でも、とくに人気が高いあるBGMをお届けします。私自身もこの数年間毎日これを聴いていて、集中したい時には欠かせない音源です。


アクセスの多い人気記事一覧
部屋を暗くする「映画館効果」で集中する
ヘタすぎる「休日のすごし方」をする受験生
「精神的な弱さ」を改善しようとしても無駄
「インプットの効率」を究極に高める秘訣
9時間睡眠に1ヶ月チャレンジした結果
「今から間に合いますか?」が愚問すぎる件
決着!机は綺麗がいいVS乱雑がいい論争
自分のタイプ別の効果的な暗記法(具体例)
今すぐ1冊の参考書に絞り込めない人の末路
E判定から一発逆転する人の勉強法
自習室でも声を出して暗唱できる裏ワザ
最強の健康法~半身浴のすごいメカニズム~
警告!「塾・予備校」の落とし穴に注意
スマホが人生を崩壊させる理由とその対策
「偏差値真理教」に洗脳される人たち
集中力と記憶力を一緒にアップさせる秘訣
なぜ、あの人はいつも勉強が楽しそうなのか
「授業の復習」のベストタイミングはいつ?
試験前日~当日の「食事と睡眠」のとり方
専門家としてトップ1%になる秘訣
必ず全員見てほしい衝撃の大傑作映画
センター試験対策のテクニック特集!
9月の記事  8月の記事  7月の記事

◎勉強の集中力をもっとアップさせたい
集中力と記憶力をまとめてアップさせる秘訣
合格したいなら「整理整頓」を甘く見るな!
規則正しい生活が命!集中力がUPする時間術
最強のBGMで集中する方法~自宅学習編~

自習室・図書館で集中できなくなる理由
自習室・図書館を休日に賢く利用する方法
家では絶対勉強するな!?
「もうひと踏ん張り」のスイッチの入れ方
いいイスを使えると人生が変わる理由
「意志の弱さ」より「想像力の弱さ」が犯人
脳が作り出した「解釈」で現実を変える方法
整理整頓が集中力にものすごく影響するワケ
「1日の勉強の終わり方」がうまい人とは?
ショック療法でスマホ依存から脱出するコツ
訃報+意外と知られてないストレス解消法
禁欲をラクに成功させる秘訣~禁テレビ編~
1日1回、受験生に必ずやってほしい行為
30秒で勉強の集中力をアップさせる裏ワザ
勉強中の“あの欲望”に注意すべき理由
正午までに1日の勝負がほぼ決まる理由
東大教授に学ぶ快適な部屋にする方法
勉強で「効率よく気分転換する」ルール
睡眠不足は超ダサいと言い切れる理由
自宅で1日中勉強する時の注意点
夜寝る前には禁止の「至福の快楽」とは?
苦労せずに勉強を習慣化するコツ
勉強のマンネリ感を打破するストレス解消法
受験生が禁欲を成功させるコツ
勉強で蓄積したストレスの解消法
お菓子でストレス解消する方法
うまく仮眠すれば、勉強に長時間集中できる
「昼食は12時台」という常識を捨てろ!
フロ論。~勉強に集中できるお風呂に入る3つのタイミング~
ガム論。~噛むと集中できるガムの秘密~
音楽論。~「受験生の音楽鑑賞」はアリか~
恋愛論。~「受験生の恋愛」はアリか~
読書論。~「受験生の読書」はアリなのか~
孤独論。~受験生の「孤独」のメリット~
競争論。~まだ他人と「競争」してるの?~
たまご論~「卵は1日1個まで」のウソ~
牛乳論。~「牛乳」は本当に健康飲料か?~
がん論~がんになった人の共通点~
夏期講習論~天王山で失敗するパターン~
蓄積論。~高1~高2の蓄積を考えてみた~
メモ論~メモは取るべきか~
ニュース「ちょっとした工夫の偉大さ」
睡眠を削るのは「努力」ではなく「怠け」
夜の空腹感を解消する9つの方法
楽しく勉強できるTodoの作り方~弱者編~
合格したいなら志望校を周りに言いふらせ!
「月曜の辛い朝」を30%起きやすくする方法
試験直前にチョコを食べて脳をフル回転!
1番ベタで効果的な集中力アップ法(前編)
6秒でやる気を復活させる方法
受験生は顔つきに注意しろ!
なぜ「切り替え」はツライのか?
自宅で5分で完全リフレッシュする方法
好きな異性の写真で集中力をUPさせる裏技


◎勉強法の悩みを解決したい
1週間に100時間勉強する方法(実話)
最強の暗記ノウハウを教えます
最も効率的な「1回目の復習」のタイミング
受験生は「インプットのやりすぎ」に注意!
私が早稲田に合格できた最大の理由
いまE判定でも合格できる理由
完璧に暗記するならカードがベスト
勉強の“継続力”を圧倒的にアップさせる方法
モタモタするな!すぐに復習しろ!
「勉強法の勉強」にひそむ危険な落とし穴
【実話】勉強法マニアVS勉強法否定派
受験勉強でスランプに落ちるメカニズム
暗記効率が倍増「ラーニングピラミッド」
勉強法対決!インプットvsアウトプット
勉強好きな人がハマる落とし穴
成績が伸びる人、伸びない人の最大の違い
私がやっていた「英語の長文読解」の勉強法
知らないと損する悲観的な勉強法
一気に終わらせた方がいい勉強の3条件
どんな分野でも確実に暗記する方法
「音読パワー」を利用して成績をUPさせる
さっさと「勉強法の勉強」を卒業しろ!
「勉強法の勉強」が終わったら何をすべきか
参考書だけじゃなく、問題集も繰り返せ!
模試ノート作りは「○○」を重視する
模試の結果が悪い時の対処法~マインド編~
私のおすすめ英単語帳はコレ!(後編)
参考書は3回繰り返せ?
警告!「授業」にひそむ落とし穴に注意!
1日を充実させるTodoリストの作り方
わけのわからない「現代文」を攻略するコツ
過去問を2度やることに意味はあるのか?
学年トップの親友がやっていた勉強法
「予習」に時間をかけすぎるな!


◎勉強に役立つ!偉人・天才・有名人の話
松陰・手塚・さんま・ダウンタウンの共通点
村上春樹とスティーブンキングの共通点
アインシュタインとザッカーバーグの共通点
明石家さんま・浦沢直樹・三谷幸喜の共通点
タモリに学べ!徹夜でも集中できるコツ
エジソンは少食パワーで発明王になった
あの漫画家が1億冊を売った本当の理由
あの人が20歳も若く見える秘密
180巻まで継続する秘訣
1日10時間寝る漫画家 1日16時間寝てる男
アホな「尊師」にも天才の「孫氏」にもなれる脳のすごいカラクリ
イチローの4000本安打から学ぶこと
勉強に集中できるスポットを探せ!
東大の有名人たちの熱い勉強時間
織田信長に学ぶ受験勉強のコツ
孫子に学ぶ「勉強法の勉強」の勉強計画
悟空をマネして10秒でやる気を出す方法


◎直前期~試験当日までの勉強法
試験の問題を解くスピードを上げる秘訣
英語の長文問題を短時間で解く方法
受験当日の休憩時間に必ずやるべき作業
「あと少しで解けそうな問題」への対処法
試験本番の緊張感を抑える裏ワザ

「次の本文を読んで設問に答えなさい」?
勉強の集中力がアップする魔法のBGM
集中力×記憶力を同時に手に入れるコツ
試験会場に出現する“魔物”を退治する方法
※上記は当会の無料プレゼント・教材関連の記事が含まれます。


◎受験の不安・焦りを解消したい
最高のセルフイメージを手に入れる方法
受験勉強が辛いときに役立つ「2つの法則」
「焦り」で勉強に集中できない時の処方箋
今E判定でも、受験本番で自信を持てる方法
感動!無料メール講座「みんなの熱い言葉」
勉強がメチャクチャ楽しくなってしまう方法
「本番に間に合わない!」と感じたら
完璧主義だから受験への不安が消えない
不安感の正体は「ワクワク感」だった
気分が落ち込んだ受験生は読んで下さい
“本物の自信”をつける唯一の方法
受験の運命を好転させる思考テクニック
あと1ヶ月でどこまで実力が伸びるのか?
受験生なのにやる気が出ない理由

◎自分の将来についてもっと考えたい
勉強しない人の怖しい末路を教えます
テレビを観てはいけない本当の理由
「消費税の再増税」がもたらす大学受験生の恐るべき近未来
「何の専門家になるか」の決断力がいる時代
夢も持たないで受験勉強をしていいのか?
失敗しようがない志望校の正しい決め方
大学選びで絶対に失敗しないための黄金法則
タダで大学を卒業させる方法
SMAP解散の真相がわかりました

◎勉強計画を確実に実行したい
「ネット+参考書学習」が最強になる理由
勉強計画をネットにさらして合格する方法

1日10時間の勉強が当たり前になった理由
学習状況を確認して勉強量を最大化する

「ネットのつながり」でも仲間はできる理由

「他人のTodoリスト」を見て集中する方法

TodoリストをWebに公開して集中する方法

コーチングで受験勉強が楽しくなる理由

勉強計画を達成できる人、できない人

「仲間がいる環境」がやる気を引き出す

「受験勉強の本質」を見抜いた人が勝つ

「100%やりきった感」に満ちた生活を送れ

なぜ1日10時間も勉強をすべきなのか

専属コーチが能力を限界まで引き出す

コーチに監視されると勉強量が増える理由

「モチベーション」に左右されない勉強法

「超恥ずかしい!」を利用してやる気を出す
「合格後の明確なイメージ」がある人が最強

ダイエットを成功させた秘訣

最短コースで合格するために不可欠な作業

祝!元OCP生から弁護士&作家さん誕生!

私が今めちゃくちゃ幸せを感じる理由

大阪大学に合格したI君の座右の銘

【近況報告】ダメ受験生は2年後こうなった
受験生が「週末」にしなければならない2つ

勉強効率が上がる「今月の目標」の作り方

不合格になる受験生たちの悪い習慣

不合格体験記~挫折が挫折で無くなる理由~

受験生活の“最大の敵”を攻略する方法

私たちが「再び」OCPに参加する理由

私たちがOCPに参加する理由


超・大好評!日刊メルマガ「勉強の集中力が10倍アップする秘訣」(無料)
本ブログから登録の読者数9000名&連続配信が700日突破!勉強の集中テクニックの最新情報や、中西が日ごろの研究、受験コーチング、各種プログラムの受験生との交流、メルマガ・ブログの読者さんからの情報提供などを通して発見した「目からウロコの勉強の集中術」を、1~2分で読めるコンパクトで楽しい文章にまとめて毎日20時に配信中です(土日祝も配信中)。今まであなたが見たことがないクオリティのメルマガをお届けします。信じるか信じないかは、あなた次第!
メールアドレス       


このブログには現在1600記事以上が公開されています。受験生が抱えるほとんどの問題解決策が書かれていますので、受験勉強で何かお悩みがある人は上記リンク集とともにブログ内の「検索窓」(スマホは画面下、PCは画面右にあります)であなたのお悩みのキーワードを検索してみてください。きっと解決策or解決のヒントとなる有益な情報が見つかるはずです。

関連記事

カテゴリー

2017年4月
« 3月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
ページ上部へ戻る