「消費税の再増税」がもたらす大学受験生の恐るべき近未来

    
こんにちは、本ブログ運営者の中西です。
今回の本文はこの下からご覧頂けます。

日本初のオンライン自習室を開始 詳細
自習室会員が累計200名突破!詳細
8年目突入、全1800記事以上を公開中
公式メルマガ読者数が11,000名を突破
毎日20時にメルマガ配信中(850日連続)
アクセスが月間25万PVになりました
読者さん100人から届いたブログのご感想
早稲田集中力研究会代表の中西のプロフ

アクセスの多い人気記事
全受験生必聴の「試験本番」で使える裏技
必見!英語長文を倍速で読むマル秘テク
このブログから1000台以上売れている椅子
「継続力」が「集中力」に超影響する理由
あっさり勉強机に向かって集中できる方法
私が学年で1番になった脳のだまし方
テレビを観てはいけない本当の理由
好きな異性の写真で集中力をUPさせる裏技
1週間に100時間勉強する方法(実話)
「午前2時起き」で東大へ行った双子の兄弟
要領がスーパー良くなる心理法則を発見
「儲かる資格」をついに見つけました
ついに発見!勉強に最適な間食はコレだ!
「好きなことで生きていく!」を徹底検証

 

こんにちは、中西です。

 

先日、安倍総理が衆議院の解散を宣言し、解散総選挙が行われることになりました。この選挙によって始まる“ほぼ確定した日本の未来”と、その未来に間違いなく大きく左右されるであろう現受験生向けに、今どうしてもお伝えしておきたいと思ったので書くことにしました。

 

以下の内容で少し政治経済の話が入りますが、言うまでもなくこのブログは受験生向けのブログですので、安倍政権や解散総選挙などの議論ではなく、あくまで受験生(とくに浪人生・高校3年生の大学受験生、またその予備軍の高校1~2年生)にとって、超近未来の人生をどう認識し、どうすごさないといけないのか・・という視点で書いていきます。ご了承を。

 

ちなみに、いま「超近未来」と書きましたが、これはどれくらい近未来の話になるかというと、「3ヶ月後から」になります。今この文章を執筆しているのが11月末ですので、3ヶ月後の2月末には大半の大学受験生が受験を終えていることでしょう。以下は、そのタイミングからスタートする話なのです。もはや「超近未来」というか「このあとすぐ!」レベルの現実の話といえます。

 

今回のキーワードは「消費税の再増税」です。なぜ受験生向けの勉強法・集中法を語るブログで消費税の話が出てくるのか、大学受験が終わったあとのバラ色の大学生活とどう関係しているのか。そう思われる方も少なくないと思われますが、「消費税の再増税」は恐ろしいほど現大学受験生の未来に関わっています。

 

その事実を“正確に”認識できている大学受験生・高校生はほとんどいないでしょうし、ましてその対策まで理解できている大学受験生など皆無に近いのではないかと個人的に思っています。

 

残念ながら学校や塾の先生でも、これを受験生たちの近未来に起こる出来事としてきっちり説明し、具体的にこれからどうすればいいのかまで教えてあげられる方が果たしてどの程度いるのだろうかと思わずにはいられないのです。もし以下の内容に同意いただけた教育関係者の方は、ぜひご遠慮なく今回の内容を生徒さんに教えてあげて下さいませ。

 

前置きはこの程度にして、さっそく本題に入ります。政治経済の話が少し入るのでもしかするとちょっと難しく感じる人もいるかもしれませんが、あなたの未来にダイレクトに関わる重要な話なので、どうか最後まで読んでみてほしいと思います。

 

<安倍総理の再増税の話がムチャクチャすぎる理由>

 

ご存じの通り、今年の4月から消費税が8%に上がりましたが、引き続き来年10月から10%に再増税するかどうかについて、安倍総理はそれを延期させる決断をしました。

 

もともと再増税の判断には「景気条項」と呼ばれる指標があり、簡単にいうと「10%に再増税するかどうかの判断は、4~9月までの景気の状態を見て決める」という条件がありました。

 

ところが、4月に消費税を増税したあと景気はどうなったかといえば、GDPは2期連続でマイナスになるなど、もうどこからどう見ても景気は悪化しているという状況に陥ったのです。

 

こんな状態ではとても増税なんてできる経済状況ではないということで、来年10月の再増税は延期となり、それを含めたアベノミクスの信を問うため(?)なのか何なのかわかりませんが、衆議院を解散し、解散総選挙をすることになっているのが、今現在の状況です。

 

問題はここからです。安倍総理は衆議院を解散させる際、「2017年に景気判断条項なしで増税を実施する」と宣言したのです。さらに、解散後の記者会見でもこう明言しています。

 

「平成29年4月から確実に消費税を引き上げることといたします。今回のような景気判断による延期を可能とする景気判断条項は削除いたします」

http://www.kantei.go.jp/jp/96_abe/statement/2014/1121kaiken.html

 

・・・つまり、簡単に言うと安倍首相はこう言ったわけです。「今回は景気を事前にチェックした上で増税するかどうかを決めるっちゅう約束をしとったから、しぶしぶチェックしてみたったんや。そしたらビックリするほど景気が悪くなってたさかい、もう再増税を延期するしかなかったんや。そやけどな、2017年4月にはわしゃそんな約束はせえへんで。何があっても絶対に消費税を10%に上げたるさかいな。」ということです。さらにいえば「こう明言して衆議院を解散したんやさかい、わしら自民党が選挙で勝ったら、国民はもう消費税の再増税を認めたってこっちゃで」(注:関西弁に悪意はありません(-_-)中西は関西出身です)。

 

個人的には「なんて恐ろしいことを言う人が総理をしているんだろう」と思わずにはいられませんが、しかしだからといって選挙では政権運用能力がない他の党に入れるわけにもいかない・・・・というのが多くの有権者の判断になるでしょう。

 

ということで、死ぬほど苦渋の消去法ですが、今回の選挙では自民党が勝つことはほとんど明らかといっても過言ではないですし、よって第三次安倍内閣が発足するのも確定的だといえます。

 

その結果、第三次安倍内閣は2017年4月に、極めて強引に、極めて恐ろしいタイミング(8%の増税によって景気がより悪化しているタイミング)で、「消費税再増税」を成し遂げることになるでしょう。

 

ここまでの話を一言でまとめますと、ようは「2017年4月の消費再増税が、ほぼほぼ確定した」ということです。個人的には9割をはるかに超えていると思います。

 

さて、この「2017年4月の消費再増税が、ほぼほぼ確定した」という状況は、いったい何がどうなることを意味するのか。

 

「消費税が10%になったら買い物が毎回痛いねぇ。。じゃがりこが160円台になるのかな」みたいな話では済まないのです。

 

実はこの「2017年4月の消費再増税」こそが、まさに現大学受験生・高校生のあなたの未来に、決定的に重大な影響を及ぼすことになるのです。

 

<消費再増税があなたの未来に何を引き起こすのか>

 

この2017年4月に強行される消費再増税が何を引き起こすのか。それを理解するためには、消費税とはそもそもどういうものかをある程度以上理解しておく必要があります。

 

一般的には日本の財政を立て直す財政再建のために、税収を増やすべく消費税を増税する、ということのようです。が、これについて結論から言いますと、現在のようなデフレの状況において、消費税を増税することで財政を再建することなど絶対にできません。絶対に、です。

 

もしもあなたが世の中のことを知っておきたいと新聞を毎日しっかり読んでいる真面目な大学受験生であった場合、おそらくは「日本は財政難で借金がとんでもないことになっているから、消費税の増税もやむなしか。」といった見解になっている可能性が高いですが、

 

残念ながら消費税においては新聞の見解は信じてはいけません。消費税に限らず、経済系とくに国の借金問題系の話は本当にひどいものがあり、今回はそこは関係ないので省略しますが、あまりにも無茶苦茶な主張が大新聞各紙でなされています。

 

そもそも、人類の歴史上において増税で財政再建した国など1つも存在しないのです。これは死ぬほどに重要な事実ですが、こんな基本的なことすら総理はご存じ無いということなのでしょうか。。

 

いっぽう、逆のパターンならいくらでもあります。つまり増税して失敗した国です。それがたとえば他国の大昔の事例とかならまだわかりますが、97年に増税で大失敗した国がアジアの東のほうにあるではございませんか・゚・(ノД`;)・゚・

 

97年に橋本政権が消費税を3%から5%に増税して、その後日本は深刻なデフレ時代に突入しました。もともと91年にバブルが崩壊して、その後経済が低迷しているところに“絶対にやってはいけない”消費税の増税をしてしまったからです。

 

橋本龍太郎は死ぬ前に「財務省にだまされた」と言って死んだそうですが、だまされたも何も、自分がだまされるレベルの経済の勉強しかしていなかっただけだろうとツッコミたくなります。確かな消費税に対する知識さえ持っていれば、最高権力者なのですから財務省(旧大蔵省)がなんと言おうと最終的には凍結できたはずなのです。

 

橋本首相(当時)の無知から来る消費増税という判断がいったい何人の自殺者を出したのかという話です。97年まで24000人ほどだった自殺者数は98年から突然3万人台になり、以降十数年にわたって3万人以上が続きました。

 

デフレ期の消費増税は、絶対にしてはいけない愚策中の愚策 】

 

なのです。・・・鬼重要なことなのでもう1回言っておきましょう。

 

デフレ期の消費増税は、絶対にしてはいけない愚策中の愚策 】

 

です。ふう。。本当はこれをあと100回繰り返したいのですが、画面が縦長になりすぎるのでやめときます。これについては議論の余地など1ミリもないと思うのですが、少なくとも私はそういう見解だという控えめな書き方をしておきます。

(このあたりは去年の消費税増税が決まった10月1日にもブログに書きました。あまりの脱力感とともに。。2013年10月1日の記事「完全なる失策」が決定した日 ※いま再読してみたらこちらの記事で「ここで増税をすれば、間違いなく再び日本経済は失速します。『失速する可能性もある』ではなく、確実に失速します。」と書いてるのですが、増税後はその通りの展開になっています。こんなものは予測が当たったのでもなんでもなく、ただの物理法則です。リンゴを手から離したら下に落ちる、デフレで消費増税したら景気は低迷する。当たり前。)

【追記】

大学受験生・高校生のあなたに、新聞などのマスコミ報道(「日本は借金まみれなので消費税の増税もやむなしか」という方向に持っていく言論)が正しいとは限らないことを“直感的に”理解してもらうために、その反対論の出版物の画像を貼り付けます。こんな感じ↓。ちなみに私は以下の本はどれも読んでませんので念のため。

 

41w0FjWxhjLダウンロード (6) 41aTikyQH1L 41efGh30MYL 51rCQ62gqTL 51X2XKWHoAL

 

※タイトルだけで「消費増税の間違い」を指摘していることがわかる本だけ選びました。 タイトルになくても消費増税の間違いを指摘した本はほかにも無数にあります。興味のある方は大学入学後にでも読んでみるといいと思います(最後にも書きますが、今は受験勉強に専念してください)

 

国のトップが無知ということが、いったいどれほど想像を絶する被害・惨状を国民にもたらすのかという、これ以上ない前例がつい最近にあったにもかかわらず、安倍総理は再びまた、橋本首相と同じ轍を踏もうとしているのです。あまりにも学習能力が無さすぎて、バカバカしすぎて泣けてきます。ティッシュが4箱あっても足りないです。゜゜(´□`。)°゜。

 

そして、まさにこの頃に起こったある社会的な大きな出来事、つまり97年の消費増税後の深刻なデフレによって引き起こされた“当時の若者たちが直面したある出来事”が、今また再び、現受験生のあなたの近未来に訪れることになるのです。

 

<97年の消費増税後、若者の間に何が起きたか?>

ようやく、今回のテーマの核心に来ました。ここまでで経済状況の背景の説明はしましたので、ここでは結論を先に言いたいと思います。

 

97年の消費税増税後、当時の若者の間で何が起こったのか?それは・・・

 

【 就職超氷河期 】

 

です。「就職氷河期」とはようするに、デフレのせいで企業が儲からなくなり、全国的に新卒(大学卒業直後の人)の採用を控えるということです。端的に表現すれば、「大学を出ても働けなくなる」ということです。

 

どこの企業も新たに人を雇う余裕がなくなり、リストラが当たり前になり、よって大学を卒業してもどこにも採用してもらえなくなるのです。非常に優秀なごく一部の大学生だけが何社からも内定(採用)をもらえるようになり、他の多くの学生は不本意な会社で働くか非正規雇用にならざるをえなくなります。つまり「大学を出たけどフリーターになるしかない・゚・(ノД`;)・゚・」というような状況が普通に起こるのです。

 

この就職氷河期は、バブル崩壊後の90年代半ばから始まり、97年の消費増税後に一気に深刻化、90年代後半から2000年代の前半あたりまでは、ただの「氷河期」どころではなく「超氷河期」とまで表現されるほどの、若者にとっては「明日の生活に困る」といっても過言ではない時代に突入したのでした。

 

もう私が言いたいことは、だいたいわかったでしょう。そうです、「2017年4月の消費再増税が、ほぼほぼ確定した」ということは、

 

【 2018年以降、再び深刻な就職氷河期が訪れる可能性が高い 】

 

ということです。あえて控えめに「可能性が高い」といいましたが、安倍総理が消費増税を2017年4月に行ったとしたら、間違いなくそうなると私は思っています。

 

今、ニュースなどで就職活動が「バブル期なみの売り手市場」などといった話を聞くことがありますが、そんな状況はまもなく終焉を迎えることになるはずです。一部の人手不足の業界・職種を希望する人などを除き、数年後の大半の就活生は、就職難の中でこの2014年の就活生を羨ましがるような状況に陥るでしょう。

 

しかも、今回の2014年4月の増税後の景気状況は、97年の増税後の当時の状況より悪くなっています。こんな景気の低迷している状態があと2年半ほど続いたあと、その悪い状況の中で追い打ちをかける形で断行される、最悪の「消費再増税」になるはずです。

 

その後訪れる就職氷河期は、おそらくただの氷河期では済まないでしょう。98年~2000年代前半まで続いたような「超氷河期」になる可能性が高いです。いずれにしろ、2018年以降(早ければその1~2年前から)は就職氷河期に突入し、20年前と同じような歴史をまた繰り返すことになるのは、私はほぼ間違いないと思います。

 

そしてまさにその頃、現大学受験生・高校生は大学3年生になり、就職活動を迎えることになるのです。

 

<では現受験生・高校生はどうすればいいのか?>

これだけ説明しましたが、それでも再来月から受験が本格化する現受験生のあなたにとっては、3年後の未来より、今どう乗り越えるかの方が重要でしょう。その気持ちは痛いほどよくわかります。そしてそれで正解です。

 

早ければ2017年前後~2018年以降、「就職氷河期(おそらく超氷河期)」が訪れるでしょうが、その時期まで「あと3年あるんだな」ではありませんからね。受験と同じで、3年後に動き出していたら遅いのです。

 

ではいつからか?言うまでもなく「受験終了直後から」です。だから冒頭で今回の話は「超近未来」の話であり、その時期は「3ヵ月後」からのスタートだと言ったわけです。

 

もちろん受験終了後、あなたは大学でバラ色の生活を謳歌していいです。むしろ大いに謳歌して下さい。ただし、その謳歌の仕方を間違えたら、3年後に大げさではなく地獄を見る可能性があります。就職氷河期とはそういうものです。

 

したがって、合格したからといって「ふー、やっと大学受験が終わったぜd=(´▽`)=b ♪卒業まで4年間のんびりしようっと」なんて思っていたら、3年後、どこにでもいる普通の大学生となり果て、どこからも雇用されないフリーターになってしまう可能性が高いです。そのときに大学1~3年生の自分の過ごし方を悔いても遅いのです。そうなって欲しくないのでこうしてやたら長い文章で恐縮ですが、わかってもらいたくて経済状況の背景から説明しているわけです。

 

え?私の予想が外れたらどうするんだって?いやいや、だったら最高じゃないですか(笑)冗談抜きで。だって就職氷河期が来ると思って自らを成長させて、厳しい状況に対応するつもりで入学直後から過ごしていたのであれば、あなたはきっと3年後、より確実に心から納得のいく就職をして社会人になることができる可能性が高いのですから。

 

もちろんより厳密には就職というのは「進路の一つ」だといえますが、大多数が大学卒業後に就職するわけであり、まして大学入学時点でどうするか決まっていないのであれば、就職する前提で考え、動いたほうがいいわけです。

 

そしてそのために、今大学受験生のあなたに心に留めておいてほしいことを最後にまとめます。

 

1、今回の話を頭の片隅に入れておいてください

 

2、今は受験を突破することが最重要です。今回の話を“いったん忘れて”受験勉強にのめり込んで下さい。そして合格を勝ち取るのです。

 

3、合格後、今回の話を思い出してください。なんならこの記事をもう一度読みに来て下さい(笑)

 

4、あなたの未来に確実に訪れるであろう「就職氷河期」を乗り越えるには、大学3年生になってからでは遅いです。よって大学入学直後から、就職氷河期をどうすれば乗り越えられるのかについて、情報収集し、調べて行って下さい。もちろん、大学生活を思いっきり充実させながら、楽しみながら、です。

 

5、そんなつもりはなかったのですが、流れ上言うしかないので言いますと、私(中西)が大学生活をどう乗り越えればいいと思っているのか、その見解を知りたい方は、「大学生活パーフェクト攻略法」を手に入れてください。

 

別にこれを買う必要はないですが、「では中西さんは、大学1~3年生はどのように対処すればいいとお考えなのですか」という質問については、とても一記事では語れないので、音声にまとめたものがあります。必要ならそれを聴いて下さい。ええ、まあ、CMですよ。自分のブログでCMくらいさせてくださいヽ(´▽`)ノ もちろん自分で調べられるならそれでOK。

 

6、今の時点で大事なのは、今後自分にそういう未来が待ち受けている可能性が非常に高いことを知っておくこと。そしてそのための対策は、大学入学直後から意識してスタートさせておかないと「あっというまに時間がすぎて手遅れになる」ということを頭の片隅に入れておくこと。またその前提で大学生活をすごして、結果就職氷河期が訪れなかったら、あなたはより有利に就職活動が出来ることになるのでそれほど素晴らしいことない・・・ということです。

 

7、今回の話を頭の片隅に入れたことを、忘れないで下さい(笑)

 

以上。

 

 

P.S

今回の記事にご納得いただけた方は、合わせてこちらの記事をお読みいただくと今後の参考になるかと思います。今回の記事とともに、中西が本年度もっとも読んでおいてほしい記事です。実は今回の記事と本質的には同じことを語っています。⇒ テレビを観てはいけない本当の理由 本年度アクセスNo,1記事

 

P.S2 

今回の記事が参考になった方は、こちらの記事も合わせてご覧下さい。

「何の専門家になるか」の決断力が問われる時代

スマホが人生を崩壊させる理由とその対策

勉強しない人の怖しい末路を教えます

「精神的な弱さ」を改善しようとしても無駄

「意志力の弱さ」ではなく「想像力の弱さ」が真犯人

将来のことを考えている大学受験生・高校生には、こちらの記事もおすすめです。

夢も持たないで受験勉強をしていいのか

 「将来の目標」がない受験生はダメなのか?

 


もう自習室・図書館・カフェに通わなくていい!5時~24時まで使い放題!日本初!いつでも家で勉強に集中できる「オンライン自習室」



ブログのカテゴリ一覧へ

P.S
私が以前直接指導をしていて、現役で日本最難関の東大理3に合格したY君の勉強法を無料レポートにまとめました。詳細はこちら


集中力アップ、記憶力アップ、ベストコンディション、健康、長寿、若さ・・・すべてが手に入るたった1つの方法

o0220031112672482537

「ある1つのこと」だけ実践すれば、勉強の集中力アップと記憶力アップが同時に実現し、体調も良くなる科学的に認められた方法があります。受験をひかえた人には本番の点数にダイレクトに響くほど効果がありますし、受験後にもずっと使えるので一生モノの役に立つテクニックです。※公開1週間で900名以上の受験生にダウンロードして頂きました(感謝!)
 
 

  “効果的なBGM”を使えば、勉強に長時間集中できる!



勉強の集中力を長時間持続させるコツは、効果的なBGMを利用することです。とくに「f分の1のゆらぎ」という性質を持つ自然音(波の音、小鳥のさえずり、風の音など)やクラシックを聴くと、脳内でα波が出てリラックスしながら勉強に集中できるようになります。今回はそんな「f分の1のゆらぎ」を持つ音の中でも、とくに人気が高いあるBGMをお届けします。私自身もこの数年間毎日これを聴いていて、集中したい時には欠かせない音源です。


アクセスの多い人気記事一覧
部屋を暗くする「映画館効果」で集中する
ヘタすぎる「休日のすごし方」をする受験生
「精神的な弱さ」を改善しようとしても無駄
「インプットの効率」を究極に高める秘訣
9時間睡眠に1ヶ月チャレンジした結果
「今から間に合いますか?」が愚問すぎる件
決着!机は綺麗がいいVS乱雑がいい論争
自分のタイプ別の効果的な暗記法(具体例)
今すぐ1冊の参考書に絞り込めない人の末路
E判定から一発逆転する人の勉強法
自習室でも声を出して暗唱できる裏ワザ
最強の健康法~半身浴のすごいメカニズム~
警告!「塾・予備校」の落とし穴に注意
スマホが人生を崩壊させる理由とその対策
「偏差値真理教」に洗脳される人たち
集中力と記憶力を一緒にアップさせる秘訣
なぜ、あの人はいつも勉強が楽しそうなのか
「授業の復習」のベストタイミングはいつ?
試験前日~当日の「食事と睡眠」のとり方
専門家としてトップ1%になる秘訣
必ず全員見てほしい衝撃の大傑作映画
センター試験対策のテクニック特集!
9月の記事  8月の記事  7月の記事

◎勉強の集中力をもっとアップさせたい
集中力と記憶力をまとめてアップさせる秘訣
合格したいなら「整理整頓」を甘く見るな!
規則正しい生活が命!集中力がUPする時間術
最強のBGMで集中する方法~自宅学習編~

自習室・図書館で集中できなくなる理由
自習室・図書館を休日に賢く利用する方法
家では絶対勉強するな!?
「もうひと踏ん張り」のスイッチの入れ方
いいイスを使えると人生が変わる理由
「意志の弱さ」より「想像力の弱さ」が犯人
脳が作り出した「解釈」で現実を変える方法
整理整頓が集中力にものすごく影響するワケ
「1日の勉強の終わり方」がうまい人とは?
ショック療法でスマホ依存から脱出するコツ
訃報+意外と知られてないストレス解消法
禁欲をラクに成功させる秘訣~禁テレビ編~
1日1回、受験生に必ずやってほしい行為
30秒で勉強の集中力をアップさせる裏ワザ
勉強中の“あの欲望”に注意すべき理由
正午までに1日の勝負がほぼ決まる理由
東大教授に学ぶ快適な部屋にする方法
勉強で「効率よく気分転換する」ルール
睡眠不足は超ダサいと言い切れる理由
自宅で1日中勉強する時の注意点
夜寝る前には禁止の「至福の快楽」とは?
苦労せずに勉強を習慣化するコツ
勉強のマンネリ感を打破するストレス解消法
受験生が禁欲を成功させるコツ
勉強で蓄積したストレスの解消法
お菓子でストレス解消する方法
うまく仮眠すれば、勉強に長時間集中できる
「昼食は12時台」という常識を捨てろ!
フロ論。~勉強に集中できるお風呂に入る3つのタイミング~
ガム論。~噛むと集中できるガムの秘密~
音楽論。~「受験生の音楽鑑賞」はアリか~
恋愛論。~「受験生の恋愛」はアリか~
読書論。~「受験生の読書」はアリなのか~
孤独論。~受験生の「孤独」のメリット~
競争論。~まだ他人と「競争」してるの?~
たまご論~「卵は1日1個まで」のウソ~
牛乳論。~「牛乳」は本当に健康飲料か?~
がん論~がんになった人の共通点~
夏期講習論~天王山で失敗するパターン~
蓄積論。~高1~高2の蓄積を考えてみた~
メモ論~メモは取るべきか~
ニュース「ちょっとした工夫の偉大さ」
睡眠を削るのは「努力」ではなく「怠け」
夜の空腹感を解消する9つの方法
楽しく勉強できるTodoの作り方~弱者編~
合格したいなら志望校を周りに言いふらせ!
「月曜の辛い朝」を30%起きやすくする方法
試験直前にチョコを食べて脳をフル回転!
1番ベタで効果的な集中力アップ法(前編)
6秒でやる気を復活させる方法
受験生は顔つきに注意しろ!
なぜ「切り替え」はツライのか?
自宅で5分で完全リフレッシュする方法
好きな異性の写真で集中力をUPさせる裏技


◎勉強法の悩みを解決したい
1週間に100時間勉強する方法(実話)
最強の暗記ノウハウを教えます
最も効率的な「1回目の復習」のタイミング
受験生は「インプットのやりすぎ」に注意!
私が早稲田に合格できた最大の理由
いまE判定でも合格できる理由
完璧に暗記するならカードがベスト
勉強の“継続力”を圧倒的にアップさせる方法
モタモタするな!すぐに復習しろ!
「勉強法の勉強」にひそむ危険な落とし穴
【実話】勉強法マニアVS勉強法否定派
受験勉強でスランプに落ちるメカニズム
暗記効率が倍増「ラーニングピラミッド」
勉強法対決!インプットvsアウトプット
勉強好きな人がハマる落とし穴
成績が伸びる人、伸びない人の最大の違い
私がやっていた「英語の長文読解」の勉強法
知らないと損する悲観的な勉強法
一気に終わらせた方がいい勉強の3条件
どんな分野でも確実に暗記する方法
「音読パワー」を利用して成績をUPさせる
さっさと「勉強法の勉強」を卒業しろ!
「勉強法の勉強」が終わったら何をすべきか
参考書だけじゃなく、問題集も繰り返せ!
模試ノート作りは「○○」を重視する
模試の結果が悪い時の対処法~マインド編~
私のおすすめ英単語帳はコレ!(後編)
参考書は3回繰り返せ?
警告!「授業」にひそむ落とし穴に注意!
1日を充実させるTodoリストの作り方
わけのわからない「現代文」を攻略するコツ
過去問を2度やることに意味はあるのか?
学年トップの親友がやっていた勉強法
「予習」に時間をかけすぎるな!


◎勉強に役立つ!偉人・天才・有名人の話
松陰・手塚・さんま・ダウンタウンの共通点
村上春樹とスティーブンキングの共通点
アインシュタインとザッカーバーグの共通点
明石家さんま・浦沢直樹・三谷幸喜の共通点
タモリに学べ!徹夜でも集中できるコツ
エジソンは少食パワーで発明王になった
あの漫画家が1億冊を売った本当の理由
あの人が20歳も若く見える秘密
180巻まで継続する秘訣
1日10時間寝る漫画家 1日16時間寝てる男
アホな「尊師」にも天才の「孫氏」にもなれる脳のすごいカラクリ
イチローの4000本安打から学ぶこと
勉強に集中できるスポットを探せ!
東大の有名人たちの熱い勉強時間
織田信長に学ぶ受験勉強のコツ
孫子に学ぶ「勉強法の勉強」の勉強計画
悟空をマネして10秒でやる気を出す方法


◎直前期~試験当日までの勉強法
試験の問題を解くスピードを上げる秘訣
英語の長文問題を短時間で解く方法
受験当日の休憩時間に必ずやるべき作業
「あと少しで解けそうな問題」への対処法
試験本番の緊張感を抑える裏ワザ

「次の本文を読んで設問に答えなさい」?
勉強の集中力がアップする魔法のBGM
集中力×記憶力を同時に手に入れるコツ
試験会場に出現する“魔物”を退治する方法
※上記は当会の無料プレゼント・教材関連の記事が含まれます。


◎受験の不安・焦りを解消したい
最高のセルフイメージを手に入れる方法
受験勉強が辛いときに役立つ「2つの法則」
「焦り」で勉強に集中できない時の処方箋
今E判定でも、受験本番で自信を持てる方法
感動!無料メール講座「みんなの熱い言葉」
勉強がメチャクチャ楽しくなってしまう方法
「本番に間に合わない!」と感じたら
完璧主義だから受験への不安が消えない
不安感の正体は「ワクワク感」だった
気分が落ち込んだ受験生は読んで下さい
“本物の自信”をつける唯一の方法
受験の運命を好転させる思考テクニック
あと1ヶ月でどこまで実力が伸びるのか?
受験生なのにやる気が出ない理由

◎自分の将来についてもっと考えたい
勉強しない人の怖しい末路を教えます
テレビを観てはいけない本当の理由
「消費税の再増税」がもたらす大学受験生の恐るべき近未来
「何の専門家になるか」の決断力がいる時代
夢も持たないで受験勉強をしていいのか?
失敗しようがない志望校の正しい決め方
大学選びで絶対に失敗しないための黄金法則
タダで大学を卒業させる方法
SMAP解散の真相がわかりました

◎勉強計画を確実に実行したい
「ネット+参考書学習」が最強になる理由
勉強計画をネットにさらして合格する方法

1日10時間の勉強が当たり前になった理由
学習状況を確認して勉強量を最大化する

「ネットのつながり」でも仲間はできる理由

「他人のTodoリスト」を見て集中する方法

TodoリストをWebに公開して集中する方法

コーチングで受験勉強が楽しくなる理由

勉強計画を達成できる人、できない人

「仲間がいる環境」がやる気を引き出す

「受験勉強の本質」を見抜いた人が勝つ

「100%やりきった感」に満ちた生活を送れ

なぜ1日10時間も勉強をすべきなのか

専属コーチが能力を限界まで引き出す

コーチに監視されると勉強量が増える理由

「モチベーション」に左右されない勉強法

「超恥ずかしい!」を利用してやる気を出す
「合格後の明確なイメージ」がある人が最強

ダイエットを成功させた秘訣

最短コースで合格するために不可欠な作業

祝!元OCP生から弁護士&作家さん誕生!

私が今めちゃくちゃ幸せを感じる理由

大阪大学に合格したI君の座右の銘

【近況報告】ダメ受験生は2年後こうなった
受験生が「週末」にしなければならない2つ

勉強効率が上がる「今月の目標」の作り方

不合格になる受験生たちの悪い習慣

不合格体験記~挫折が挫折で無くなる理由~

受験生活の“最大の敵”を攻略する方法

私たちが「再び」OCPに参加する理由

私たちがOCPに参加する理由


超・大好評!日刊メルマガ「勉強の集中力が10倍アップする秘訣」(無料)
本ブログから登録の読者数9000名&連続配信が700日突破!勉強の集中テクニックの最新情報や、中西が日ごろの研究、受験コーチング、各種プログラムの受験生との交流、メルマガ・ブログの読者さんからの情報提供などを通して発見した「目からウロコの勉強の集中術」を、1~2分で読めるコンパクトで楽しい文章にまとめて毎日20時に配信中です(土日祝も配信中)。今まであなたが見たことがないクオリティのメルマガをお届けします。信じるか信じないかは、あなた次第!
メールアドレス       


このブログには現在1600記事以上が公開されています。受験生が抱えるほとんどの問題解決策が書かれていますので、受験勉強で何かお悩みがある人は上記リンク集とともにブログ内の「検索窓」(スマホは画面下、PCは画面右にあります)であなたのお悩みのキーワードを検索してみてください。きっと解決策or解決のヒントとなる有益な情報が見つかるはずです。

関連記事

カテゴリー

2017年4月
« 3月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
ページ上部へ戻る