「好きを仕事に」しなければならない本当の理由

    
家で集中できる画期的な方法を期間限定で公開中!上の画像よりYouTubeをご覧頂けます。

今回の本文はこの下からご覧頂けます。
日本初のオンライン自習室を開始 詳細
自習室会員が累計400名突破!詳細
8年目突入、全1900記事を公開中
公式メルマガ読者数が25,000名を突破
毎日20時にメルマガ配信中(1000日達成!)
アクセスが月間25万PVになりました
読者さん100人から届いたブログのご感想
早稲田集中力研究会代表の中西のプロフ

アクセスの多い人気記事
1週間に100時間勉強する方法(実話)
必見!授業は「情報カード」に直接書くと凄いことになる(実例付き)
このブログから1000台以上売れている椅子
あっさり勉強机に向かって集中できる方法
私が学年で1番になった脳のだまし方
好きな異性の写真で集中力をUPさせる裏技
テレビを観てはいけない本当の理由
「午前2時起き」で東大へ行った双子の兄弟

 

こんにちは、中西です。

 

今回は、みんな大好き「好きを仕事に」しなければならない理由について、私なりの考えの一つをお伝えします。

 

いっけん関係ない話から入りますが、最終的にはそのテーマに着地しますので、最後まで読んでみてください(やや長めですが3分くらいで読めるはず)。

 

ちなみに、ちょうど1年前にこのテーマで長編シリーズの記事を書いていましたが、今回はいわばその続編です。

▼「好きなこと論」シリーズまとめ

 

本題へ。

 

この10年ほど、私の座右の銘(複数あり)として、ずっとトップクラスに君臨しているある言葉があります。

それは

 

「脳がちぎれるほど考えよ」

 

というものです。

 

これは孫正義さんの言葉ですが、たしかソフトバンク社員向けのクレド(心がけるべき信念的な言葉)の1つにもなっていたはず。

一時期はこの言葉を私は紙にもPCにも書いて、壁にも貼っていました。

 

アイデア出し用のかなり大きめサイズ(A4)のノートの表紙に、ぶっとい黒のマジックペンで「脳がちぎれるほど考えたか」とだけ、書いていたこともあります(°□°;)アヤシイ

 

といっても、この言葉を知るはるか以前に、「徹底的に考え抜く」ことの重要性を、ある心底尊敬できる天才経営者の方の元で働いていたときに教えていただいた(というか叩き込んでいただいた)経緯がありました。

 

まさにその重要性を端的にわかりやすく思い出させてくれる言葉として、上の孫さんの「脳がちぎれるほど考えよ」は素晴らしいと感じ、以来ずっと自分なりに座右の銘的に日々(というか日中何度も)チェックするようにしてきました。

 

松下幸之助(経営の神様=つまりは社会人のある意味でのトップ)も「考え抜く」ことの重要性をあらゆる場面で頻繁に指摘していましたし、ちょっと前にも記事に書いたスーパーホワイト企業の未来工業の「常に考える」も有名ですが、

 

このマインドセットは別にビジネスパーソンに限らず、どの分野でも一流と呼ばれる人たちはもちろん、そこまでいかずとも一定以上の結果を出している人なら、一人の例外もなく、みんなこの「考えまくること」が一日の標準モードになっているのです。

 

こういった事実を知らない人は、ビックリするほど何も考えないで、日々周りに流され、上から言われるがまま、生きていたりします。

 

大きな声で言うと怒られそうですが、かなり少なく見積もっても世の中の8~9割以上ぐらいがそんな「考えまくる習慣がない人」だと個人的には感じます<(_ _)>

 

もちろん何も考えないで生きている人などいませんが、何らかの結果を出している人・出し始めている人・これから確実に伸びていく人、といった人たちは、「考え抜く」「考えまくる」「頭痛がするほど考える」「頭が爆発するほど考える」「知恵熱が出るほど考える」「脳がちぎれるほど考える」・・・といったことが、「本気モードで」とかではなく、ごくごく“いつもの日常のこと”になっているのです。

 

「頭が爆発」「頭痛」「脳がちぎれるほど」「知恵熱」というのはあくまでイメージの表現ですが、実際のテンションとしては、このレベルで「考えて考えて考えて、さらにもう一回二回三回考えまくる」というのが、“ごく普通の当たり前の日常生活”“呼吸するのと同じくらいの話”になっているのです。

 

この当たり前のスタンスがない人や組織(企業)はどうなるかというと、自分では全くと言っていいほどアイデアを出せない(出さない)分、通常以下の仕事しかできなかったり、どこにでもあるような普通以下の商品・サービスを出したり、「しょっちゅう他人(他社)のアイデアをパクってその都度短期的に大喜び(゚▽゚)/ヤッホ~」し、常にその繰り返しでしか生きていけないような、私に言わせれば哀れな盗人ウ○コ以下人間(業者)にまで落ちぶれることとなります。

 

余談ですが、松本人志がお笑いトップだと言い切れるのは、畢竟、彼以上にお笑いについて「考えて考えて考えまくった」人物がかつていなかったからです。ビッグ3と呼ばれる人たちも、こと笑いについて考え尽くした度合いやそこから出てきた発想・洞察は松本人志にかなわないと思います。その彼が考えたごく一部が、「ごっつ」であり「笑ってはいけない」であり「すべらない話」であり「IPPONグランプリ」であり、毎週異なる笑いを提供して30年近くになる「ガキ使」なわけです。

 

なぜ今回のような話をするのかというと、最近配信してきたいくつかの記事とも通じるのですが、必死に頭を使って物を考えない人は、その考えなかったことと引き替えに、誰か(会社・国も含む)に依存・隷属する立場にならざるを得なくなるからです(超重要)。

 

だって、自分では「考え抜く」ことをしなくても、人から命令されて言われるがまま言われたとおりに、飼い犬のごとく、奴隷のごとく生きていくことも、できると言えばできますからね。考えないで言われたままやるほうが人間はラクですから。

 

大学生活だって、ほとんど何も考えないでボケーッと4年間を終わることも余裕でできますよ(=´∀`)

 

ただしそういうスタンスの生き方だと、どこまでもコントロール権が自分にないので、その「考えない」怠慢と引き替えに、不自由で不安で不快な人生になる確率が極限まで高まる生き方になります( ̄□ ̄;)。やりたい方はどーぞ。(なお「サラリーマンだから」「経営者だから」「学生だから」とか関係ないです)

 

実は、よく言う「好きなことで生きていく」や「好きを仕事に」しなければならない本当の理由もここにあるのですが、それに気づいている人は本当に少ないです。何年もずっと「考えまくる」には、どうしたって「好きなこと」でなければムリなのです。

 

そうでない場合、何年たっても金曜日の夜を常に心待ちにし続ける人生がすぎていくことになるでしょう。

 

人は好きでもないことを、何年にもわたって四六時中延々「考えまくる」なんてできませんからね。非常にシンプルな話です。

 

バブル期ならまだしも、現代において教育でもっとも重要な教えがあるとしたら、他のどんな知識よりも、まずこの「(好きなことを中心に)『考えまくる』ことが日常生活で当たり前になる感覚」を身につけることだと思います。

 

残念ながら、現状ほぼ全くこのマインドセットの重要性は教育において教えられていないわけですが、最近は民間でも文科省でもアクティブラーニングなどが出てきて指導要領も変わりつつあるようですし、

 

それがさらに一歩突き抜けて、国民の多くが「脳がちぎれるほど考えまくる」ことが日々のスタンダードになったら、そこから10~20年後くらいにこの国はあらゆる業界・分野で凄まじいブレークスルーを果たすと思います。国の教育でそれができたら、ですが。

 

ここ数年は多くの業界で人手不足の時代になっているのはご存知の通りですが、この人手不足を頭を使って生産性の向上で乗り越えず、人件費が安価な外国人労働者をどんどん入れて、それで補ってしまおうとする動きがあります。それをやっちまったら、その業界は衰退するでしょう。

 

人手不足を必死で工夫して「生産性向上」で乗り越えてきたのが日本の戦後の歴史ですし、そもそもそれが資本主義のいわば本質なのです。その生産性向上によって一人当たりの売上が増えヾ(≧▽≦)ノ、結果として一人一人の給料も上がっていくはずなのに、人件費が安い外国人労働者をどんどん入れていくのは、ヨーロッパの状況を見ても明らかに間違っていると言えます。

 

何が言いたいかというと、国も企業も組織も人も、「考え抜く」ことをおろそかにしている場合は、いずれ時間とともに衰退していくということです。逆に徹底的に「考え抜く」ことができれば、解決できない問題などほとんどないと私は思います。

 

というわけで、そんな国民全員が日々「考え抜く」人たちであふれかえるジャパニーズ黄金時代が来るまでは、業界や専門分野に関係なく、社会の構造が突然著しくゆがんでしまわない限り(急に独裁国家になるとか(°□°;)チョーセン)、

 

「考えて考えて考え抜く」ことが標準モードになっている人たち【だけ】が、時間とともに確実にいろんな意味で豊かになり、自由になり、結果を出し、自尊心が満たされ、幸せになれる時代が続きます。間違いなく、絶対に。

 

この当たり前の事実に気づいて、日々実践し続けた少数派の人たちから、経済的にも一定以上豊かで、精神的に自由で、ワクワク・楽しい、面白い人生になっていく、ということです。

 

そのすべてのベースとなる「考えまくる」状態を何年も標準モードとして維持し続けるためには、どうしたって「好きを仕事に」するほうが、一番簡単だし、ラクだし、何より楽しいし、飽きないし、うまく行く確実性も高い、ということですね。

 

以上が、21世紀の日本において「好きを仕事に」しなければならない理由です。

 

それではまた。

 

 

<関連記事>

▼「好きなこと論」シリーズまとめ


感謝!YouTubeに公開3ヵ月で70万回再生&高評価数が28000突破<(_ _)>画期的ノウハウを無料公開中の動画「家で勉強に集中する方法」(2017.7.1~)



もう自習室・図書館・カフェに通わなくていい!5時~24時まで使い放題!日本初!いつでも家で勉強に集中できる「オンライン自習室」



ブログのカテゴリ一覧へ

P.S
私が以前直接指導をしていて、現役で日本最難関の東大理3に合格したY君の勉強法を無料レポートにまとめました。詳細はこちら


集中力アップ、記憶力アップ、ベストコンディション、健康、長寿、若さ・・・すべてが手に入るたった1つの方法

o0220031112672482537

「ある1つのこと」だけ実践すれば、勉強の集中力アップと記憶力アップが同時に実現し、体調も良くなる科学的に認められた方法があります。受験をひかえた人には本番の点数にダイレクトに響くほど効果がありますし、受験後にもずっと使えるので一生モノの役に立つテクニックです。※公開1週間で900名以上の受験生にダウンロードして頂きました(感謝!)
 
 

  “効果的なBGM”を使えば、勉強に長時間集中できる!



勉強の集中力を長時間持続させるコツは、効果的なBGMを利用することです。とくに「f分の1のゆらぎ」という性質を持つ自然音(波の音、小鳥のさえずり、風の音など)やクラシックを聴くと、脳内でα波が出てリラックスしながら勉強に集中できるようになります。今回はそんな「f分の1のゆらぎ」を持つ音の中でも、とくに人気が高いあるBGMをお届けします。私自身もこの数年間毎日これを聴いていて、集中したい時には欠かせない音源です。


アクセスの多い人気記事一覧
部屋を暗くする「映画館効果」で集中する
必見!英語長文を倍速で読むマル秘テク
要領がスーパー良くなる心理法則を発見
全受験生必聴の「試験本番」で使える裏技
「儲かる資格」をついに見つけました
ついに発見!勉強に最適な間食はコレだ!
「好きなことで生きていく!」を徹底検証
ヘタすぎる「休日のすごし方」をする受験生
「精神的な弱さ」を改善しようとしても無駄
「インプットの効率」を究極に高める秘訣
9時間睡眠に1ヶ月チャレンジした結果
「今から間に合いますか?」が愚問すぎる件
決着!机は綺麗がいいVS乱雑がいい論争
自分のタイプ別の効果的な暗記法(具体例)
今すぐ1冊の参考書に絞り込めない人の末路
E判定から一発逆転する人の勉強法
自習室でも声を出して暗唱できる裏ワザ
最強の健康法~半身浴のすごいメカニズム~
警告!「塾・予備校」の落とし穴に注意
スマホが人生を崩壊させる理由とその対策
「偏差値真理教」に洗脳される人たち
集中力と記憶力を一緒にアップさせる秘訣
なぜ、あの人はいつも勉強が楽しそうなのか
「授業の復習」のベストタイミングはいつ?
試験前日~当日の「食事と睡眠」のとり方
専門家としてトップ1%になる秘訣
必ず全員見てほしい衝撃の大傑作映画
センター試験対策のテクニック特集!

◎勉強の集中力をもっとアップさせたい
集中力と記憶力をまとめてアップさせる秘訣
合格したいなら「整理整頓」を甘く見るな!
規則正しい生活が命!集中力がUPする時間術
最強のBGMで集中する方法~自宅学習編~

自習室・図書館で集中できなくなる理由
自習室・図書館を休日に賢く利用する方法
家では絶対勉強するな!?
「継続力」が「集中力」に超影響する理由
「もうひと踏ん張り」のスイッチの入れ方
いいイスを使えると人生が変わる理由
「意志の弱さ」より「想像力の弱さ」が犯人
脳が作り出した「解釈」で現実を変える方法
整理整頓が集中力にものすごく影響するワケ
「1日の勉強の終わり方」がうまい人とは?
ショック療法でスマホ依存から脱出するコツ
訃報+意外と知られてないストレス解消法
禁欲をラクに成功させる秘訣~禁テレビ編~
1日1回、受験生に必ずやってほしい行為
30秒で勉強の集中力をアップさせる裏ワザ
勉強中の“あの欲望”に注意すべき理由
正午までに1日の勝負がほぼ決まる理由
東大教授に学ぶ快適な部屋にする方法
勉強で「効率よく気分転換する」ルール
睡眠不足は超ダサいと言い切れる理由
自宅で1日中勉強する時の注意点
夜寝る前には禁止の「至福の快楽」とは?
苦労せずに勉強を習慣化するコツ
勉強のマンネリ感を打破するストレス解消法
受験生が禁欲を成功させるコツ
勉強で蓄積したストレスの解消法
お菓子でストレス解消する方法
うまく仮眠すれば、勉強に長時間集中できる
「昼食は12時台」という常識を捨てろ!
フロ論。~勉強に集中できるお風呂に入る3つのタイミング~
ガム論。~噛むと集中できるガムの秘密~
音楽論。~「受験生の音楽鑑賞」はアリか~
恋愛論。~「受験生の恋愛」はアリか~
読書論。~「受験生の読書」はアリなのか~
孤独論。~受験生の「孤独」のメリット~
競争論。~まだ他人と「競争」してるの?~
たまご論~「卵は1日1個まで」のウソ~
牛乳論。~「牛乳」は本当に健康飲料か?~
がん論~がんになった人の共通点~
夏期講習論~天王山で失敗するパターン~
蓄積論。~高1~高2の蓄積を考えてみた~
メモ論~メモは取るべきか~
ニュース「ちょっとした工夫の偉大さ」
睡眠を削るのは「努力」ではなく「怠け」
夜の空腹感を解消する9つの方法
楽しく勉強できるTodoの作り方~弱者編~
合格したいなら志望校を周りに言いふらせ!
「月曜の辛い朝」を30%起きやすくする方法
試験直前にチョコを食べて脳をフル回転!
1番ベタで効果的な集中力アップ法(前編)
6秒でやる気を復活させる方法
受験生は顔つきに注意しろ!
なぜ「切り替え」はツライのか?
自宅で5分で完全リフレッシュする方法
好きな異性の写真で集中力をUPさせる裏技


◎勉強法の悩みを解決したい
1週間に100時間勉強する方法(実話)
最強の暗記ノウハウを教えます
最も効率的な「1回目の復習」のタイミング
受験生は「インプットのやりすぎ」に注意!
私が早稲田に合格できた最大の理由
いまE判定でも合格できる理由
完璧に暗記するならカードがベスト
勉強の“継続力”を圧倒的にアップさせる方法
モタモタするな!すぐに復習しろ!
「勉強法の勉強」にひそむ危険な落とし穴
【実話】勉強法マニアVS勉強法否定派
受験勉強でスランプに落ちるメカニズム
暗記効率が倍増「ラーニングピラミッド」
勉強法対決!インプットvsアウトプット
勉強好きな人がハマる落とし穴
成績が伸びる人、伸びない人の最大の違い
私がやっていた「英語の長文読解」の勉強法
知らないと損する悲観的な勉強法
一気に終わらせた方がいい勉強の3条件
どんな分野でも確実に暗記する方法
「音読パワー」を利用して成績をUPさせる
さっさと「勉強法の勉強」を卒業しろ!
「勉強法の勉強」が終わったら何をすべきか
参考書だけじゃなく、問題集も繰り返せ!
模試ノート作りは「○○」を重視する
模試の結果が悪い時の対処法~マインド編~
私のおすすめ英単語帳はコレ!(後編)
参考書は3回繰り返せ?
警告!「授業」にひそむ落とし穴に注意!
1日を充実させるTodoリストの作り方
わけのわからない「現代文」を攻略するコツ
過去問を2度やることに意味はあるのか?
学年トップの親友がやっていた勉強法
「予習」に時間をかけすぎるな!


◎勉強に役立つ!偉人・天才・有名人の話
松陰・手塚・さんま・ダウンタウンの共通点
村上春樹とスティーブンキングの共通点
アインシュタインとザッカーバーグの共通点
明石家さんま・浦沢直樹・三谷幸喜の共通点
タモリに学べ!徹夜でも集中できるコツ
エジソンは少食パワーで発明王になった
あの漫画家が1億冊を売った本当の理由
あの人が20歳も若く見える秘密
180巻まで継続する秘訣
1日10時間寝る漫画家 1日16時間寝てる男
アホな「尊師」にも天才の「孫氏」にもなれる脳のすごいカラクリ
イチローの4000本安打から学ぶこと
勉強に集中できるスポットを探せ!
東大の有名人たちの熱い勉強時間
織田信長に学ぶ受験勉強のコツ
孫子に学ぶ「勉強法の勉強」の勉強計画
悟空をマネして10秒でやる気を出す方法


◎直前期~試験当日までの勉強法
試験の問題を解くスピードを上げる秘訣
英語の長文問題を短時間で解く方法
受験当日の休憩時間に必ずやるべき作業
「あと少しで解けそうな問題」への対処法
試験本番の緊張感を抑える裏ワザ

「次の本文を読んで設問に答えなさい」?
勉強の集中力がアップする魔法のBGM
集中力×記憶力を同時に手に入れるコツ
試験会場に出現する“魔物”を退治する方法
※上記は当会の無料プレゼント・教材関連の記事が含まれます。


◎受験の不安・焦りを解消したい
最高のセルフイメージを手に入れる方法
受験勉強が辛いときに役立つ「2つの法則」
「焦り」で勉強に集中できない時の処方箋
今E判定でも、受験本番で自信を持てる方法
感動!無料メール講座「みんなの熱い言葉」
勉強がメチャクチャ楽しくなってしまう方法
「本番に間に合わない!」と感じたら
完璧主義だから受験への不安が消えない
不安感の正体は「ワクワク感」だった
気分が落ち込んだ受験生は読んで下さい
“本物の自信”をつける唯一の方法
受験の運命を好転させる思考テクニック
あと1ヶ月でどこまで実力が伸びるのか?
受験生なのにやる気が出ない理由

◎自分の将来についてもっと考えたい
勉強しない人の怖しい末路を教えます
テレビを観てはいけない本当の理由
「消費税の再増税」がもたらす大学受験生の恐るべき近未来
「何の専門家になるか」の決断力がいる時代
夢も持たないで受験勉強をしていいのか?
失敗しようがない志望校の正しい決め方
大学選びで絶対に失敗しないための黄金法則
タダで大学を卒業させる方法
SMAP解散の真相がわかりました

◎勉強計画を確実に実行したい
「ネット+参考書学習」が最強になる理由
勉強計画をネットにさらして合格する方法

1日10時間の勉強が当たり前になった理由
学習状況を確認して勉強量を最大化する

「ネットのつながり」でも仲間はできる理由

「他人のTodoリスト」を見て集中する方法

TodoリストをWebに公開して集中する方法

コーチングで受験勉強が楽しくなる理由

勉強計画を達成できる人、できない人

「仲間がいる環境」がやる気を引き出す

「受験勉強の本質」を見抜いた人が勝つ

「100%やりきった感」に満ちた生活を送れ

なぜ1日10時間も勉強をすべきなのか

専属コーチが能力を限界まで引き出す

コーチに監視されると勉強量が増える理由

「モチベーション」に左右されない勉強法

「超恥ずかしい!」を利用してやる気を出す
「合格後の明確なイメージ」がある人が最強

ダイエットを成功させた秘訣

最短コースで合格するために不可欠な作業

祝!元OCP生から弁護士&作家さん誕生!

私が今めちゃくちゃ幸せを感じる理由

大阪大学に合格したI君の座右の銘

【近況報告】ダメ受験生は2年後こうなった
受験生が「週末」にしなければならない2つ

勉強効率が上がる「今月の目標」の作り方

不合格になる受験生たちの悪い習慣

不合格体験記~挫折が挫折で無くなる理由~

受験生活の“最大の敵”を攻略する方法

私たちが「再び」OCPに参加する理由

私たちがOCPに参加する理由


超・大好評!日刊メルマガ「勉強の集中力が10倍アップする秘訣」(無料)
本ブログから登録の読者数9000名&連続配信が700日突破!勉強の集中テクニックの最新情報や、中西が日ごろの研究、受験コーチング、各種プログラムの受験生との交流、メルマガ・ブログの読者さんからの情報提供などを通して発見した「目からウロコの勉強の集中術」を、1~2分で読めるコンパクトで楽しい文章にまとめて毎日20時に配信中です(土日祝も配信中)。今まであなたが見たことがないクオリティのメルマガをお届けします。信じるか信じないかは、あなた次第!
メールアドレス       


このブログには現在1800記事以上が公開されています。受験生が抱えるほとんどの問題解決策が書かれていますので、受験勉強で何かお悩みがある人は上記リンク集とともにブログ内の「検索窓」(スマホは画面下、PCは画面右にあります)であなたのお悩みのキーワードを検索してみてください。きっと解決策or解決のヒントとなる有益な情報が見つかるはずです。


上の画像をクリックするとYouTubeの2時間セミナー(無料)に飛びます(公開日2017.7.1)

関連記事

カテゴリー

2017年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
ページ上部へ戻る