コロナ恐慌の現状と学生の危機的な就職について(雑談)


400万再生&高評価10万突破!家で集中できる「目から鱗の画期的な集中法」を期間限定で無料公開中!(上の画像よりYouTubeをご覧頂けます)

今回の本文はこの下からご覧頂けます。
感謝!YouTube動画が400万再生を突破!
公式メルマガ読者数が40,000名を突破
12年目突入、2000記事以上を公開中
毎日20時にメルマガ配信中(1900日連続)
アクセスが月間25万PVになりました
読者さん100人から届いたブログのご感想
早稲田集中力研究会代表の中西のプロフ

アクセスの多い人気記事
必見!授業は「情報カード」に直接書くと凄いことになる(実例付き)
1週間に100時間勉強する方法(実話)
このブログから1000台以上売れている椅子
“最強の間食”をついに発見したよ!
あっさり勉強机に向かって集中できる方法
私が学年で1番になった脳のだまし方
好きな異性の写真で集中力をUPさせる裏技
テレビを観てはいけない本当の理由
「午前2時起き」で東大へ行った双子の兄弟

 

こんにちは、中西です。

 

本日は日曜日ですので恒例の雑談系ネタで。(日曜日は雑談系になることが多いです)

 

緊急事態宣言が解除され、街行く人の数も少し増え、衣替えになって夏も近づいてきました。

私は家にテレビを置いてないので詳しく分かりませんが、おそらくテレビをつけてもこれまで同様にバラエティー番組をやってるのでしょうし、

ワイドショーはたぶん連日芸人の不倫やらで多目的に盛り上がっているのでしょうが、

日本経済は、いまだ全く予断を許さない状況のままです。本当にやばいことになっております。

 

私は「6月以降に有名企業の倒産ニュースが続々と出てくるはず」と以前からこのブログ・メルマガでお話ししていましたが、

レナウンの倒産ニュースあたりから経営危機に陥っている企業の報道が増えてきて、老舗の名店・旅館・ホテルなどの倒産も報道され始めています。

そもそも倒産する前に自ら廃業・閉店を決めているところも非常に多いので、倒産情報として上がっている情報以外にも、報道されないところで数え切れないほどの多くの事業者が消えていっています。

しかしこんなのはまだ序章でしかなく、氷山の一角中の一角であり、現在危機的な状況に陥っている有名企業・大企業は無数にあります。

 

とはいえ生活に直接関係していない商品を扱っている企業の倒産なら、関係者やその家族の人には悲劇ですが、国民の生活にはそこまで大きな影響が出ないわけです。

ところが今本当に危ないのは交通機関で、京都大学レジリエンス実践ユニットの調査によると、日本の交通機関の2割が廃業寸前に追い込まれていることが判明したようです。

それも当然で、JRですら初の赤字になっているので、まして地方の交通機関の中小事業者は、危機的な状況になっているのは、現在のリモート化等の状況を考えれば普通にわかると思います。

 

これは本当に危ない状況で、交通機関と言うのは産業の基盤となるインフラですから、これが消えてしまった地域は人が働けなくなったり、著しく不便な生活を強いられることになります。

これまで電車やバスで人が来ていたお店などは、それが無くなればお客さんが来なくなるわけですから、交通機関の倒産はその地域の企業業績の悪化や失業者の増加・消費の減退に一気につながります。

 

電車やバス以外にも、タクシー業界もかなりヤバい状況で倒産や経営危機が相次いでますし、9割減便で売り上げが激減しているJALとANAをはじめ航空業界も本当にやばいです。

その証拠の1つとして、有名なアメリカの投資家のウォーレンバフェット(世界的大富豪)が航空業界の株を全部売却しています。

長期投資をするバフェットが株を全部売却したと言うのは重要な意味を持っていて、ようはバフェットは「航空業界に未来がない」と踏んだということです。

こういった状況で、航空・電車・バス・タクシーなど、すべての交通機関が危険な状況に陥っています。

 

そうでなくても今は有名企業でもつぶれかけの企業が続々と出てきています。

倒産寸前になっている有名企業で言うと、ニュースでよく取り上げられるいきなりステーキなども最近グループ店のペッパーランチを事業売却して極めて危険な状況だったり、

百貨店の伊勢丹も売り上げが90%以上減で損失が111億円も出ていて大ピンチに陥っています。ちなみにいきなりステーキや伊勢丹はうちのド近所にもあります(つД`)

ソフトバンクも投資で大失敗したところにコロナが襲ってきて1兆円もの赤字という過去最大の窮地に陥っていますし、

自動車業界も危ないところが多く、日産にいたっては6700億円もの巨額赤字を出したことを5月末に発表しました。

飲食店の大手もやばくて、たとえばロイヤルホストは70店舗を閉店、ジョイフルは200店舗も閉店します。

居酒屋のワタミグループなども大量閉店すると言うニュースが最近ありました。

私の近所も飲食店が多いので何店か見て回りましたが、緊急事態宣言が明けたとは言え、客の入り具合は恐ろしいほど少ないところばかりです。

ホテルや観光業にいたっては、目も当てられないような壊滅的な打撃を受けています。ちなみに私の友人のホテル経営者は、4月ごろを最後に連絡が取れなくなりました(-_-;)

 

店舗経営と言うのは売り上げが3割も減れば閉店が見えてくるようなところが多いのに、いまは5割減どころか、7割減8割減、それ以上と言う超非常事態のところが多いわけです。

この状況で政府の補償もないに等しく、あっても融資(借金)だったりするので、このまま生き延びられるわけがないという感じです。

こういう状況にもかかわらず、政治家や一般人の中には

「3ヶ月くらい売り上げがなくて潰れるような企業は潰れればいい」

「この程度のことで潰れるようなゾンビ企業は生き残らせる必要は無い」

みたいなことを言っている、経営のケの字も分かっていない人間が山ほどいるのです。

 

企業や店舗の経営には固定費(家賃・人件費など)や資金繰りがあるという当たり前のことも知らないから、収益0で3か月も持つお店・企業などほとんどないことも理解できず、

だからこそ「3か月くらいで潰れる会社はダメな弱い会社」などとア○なことを言えるわけです。

ようは「個人の貯金」の感覚で勝手に思って発言しているということでしょう。一般人ならまだしも影響力のある政治家や大学教授ですら、こんなことを言っている。

そういう全く何もわかっていない人たちが、偉そうにメディアやネットで軽々しく「弱い企業は潰れればいい」などと発言し、

コロナ恐慌の被害者を救うどころか、その連中が自分の無知を棚に上げて、加害者と化している。

 

経営者でこんなバカなことを言う人間がいるはずもなく、こういうことを言っている連中は1人の例外もなく、自分で企業経営や事業の運営を一度もしたことがない人たちです。

もちろん経営の経験がなくても、そういう人たちの立場を推察したり、大変な状況を慮る気持ちを持つことも可能なはずなのですが、

上記のような人達はわかっていない上に想像力も、弱者への配慮も、財政の構造的な問題の知識も、謙虚さも、全てを持ち合わせていないので、

そういう上から目線の的外れなことを平気で偉そうに言えて、間接的に大勢の街のお店の店主や事業者を殺しているのです(とくに政治家)。

私は商売人の息子で自身も商売をやってるので、人の命がかかっている状況でこういう適当なことを言ってる連中にホント憤慨してましてね。

 

そういう政治家や一般人がいる上に、池上彰のような信じられないほど財政について何も理解できていないジャーナリストがテレビで

「日本では1%も絶対に起こり得ない財政破綻」

がさも起こりうるように説明して恐怖をあおり、本来正しい情報を伝えるべき大学教授ですら、

土居丈朗・小林慶一郎・吉川洋

といった「財務省の完璧な飼い犬の御用学者」たちがいて、私が信頼している評論家は彼らのことを「人間の屑」とまで言ってますが(訴えられても全然平気。とんでもない証拠が山ほどあるので)

こういう連中がマスコミを通し、あるいは政府の要職に入り込み、狂った緊縮財政と100%起こり得ない財政破綻論を展開しているため、

日本中の国民が総貧困化し、実質的に大勢の人間が彼らに殺されているのです。

これはコロナ以前の話ですからね。

 

池上彰のような「今の日本で最も重要な財政問題について恐ろしいほど不勉強なせいで、日本中にデマを広げている国賊レベルの言論人」(池上彰さん、私を訴えていいよ)や、

上記のような御用学者やマスコミによって、

財務省が自分たちの権益・権力を維持したいための洗脳プロパガンダ

(財務省の洗脳プロパガンダ=「国の借金で日本が財政破綻する。だから増税をしなければならない。だから無駄なお金を使えない。将来世代にツケを残してはいけないんだ!」などの嘘)

が一般人に広く行き渡り、

2019年10月に「デフレ期に絶対にやってはいけない消費税の増税」が3度目の実行をされ、

結果として2019年10月から12月のGDPはマイナス7.1%と言う東日本大震災やリーマンショック以上の大惨事になっていました。

 

つまりコロナ以前に消費増税で日本経済は瀕死の重傷を負っていた。

コロナと言うのは日本経済に「とどめを刺した」にすぎません。

コロナが100年に1度クラスの世界恐慌を各国に招いたので、消費増税の凄まじい悪影響が相対的に分かりづらくなっただけで、

消費増税だけでも、現在の日本の経済状況は過去最悪の危機的な状況でした。

そこに最悪のコロナ危機が襲来した。

 

この最悪の状況が、今現在もまだ、何も改善されずに続いていると言うことです。

 

したがって容易に予想できるのは、今危機的状況に陥ってギリギリのところで持ち堪えている企業が、7月以降についに本当にどうしようもなくなり、次々に倒産していく状況です。

街の小さなお店に至っては言うまでもないかと。むしろそうならない理由が見当たりません。

 

とはいえこの状況の解決策は既に普通に存在していて、何度もお話ししていますが、

日本が財政破綻する事は100%あり得ませんので、政府が国債を発行してお金を国民に配ればいいだけです。

中途半端に勉強している人ほど「お金をたくさん配ったらハイパーインフレが起こる」とかなんとか、インフレの心配がどうとか言うんですが、

これも説明したら長くなるのでポイントだけ言いますが、これだけ需要が激減している状況でインフレになどなるわけがなく、

実際問題としても日本銀行は2012年末以降に354兆円もの貨幣を発行していますが、ハイパーインフレーションになどなっていません。それどころかインフレにすらなっていない。

デフレで総需要が不足している(≒みんな所得が低下していて物をなかなか買えない)のだから当たり前です。

(要するにインフレを心配する人と言うのはインフレがなぜ発生するかと言うメカニズムを理解していないと言うこと)

 

これほど歴史的なレベルで需要が激減しているデフレにおいてインフレを心配すると言うのは、

ずっと何も食べてなくてガリガリになり、餓死寸前で死にかけている人に対して、

「この人におにぎりを1個あげたら、もしかしたら太ってしまうかもしれないじゃないか!」

などとア〇な心配をしてる人と何ら変わりません。

いや、太る心配の前にこの人餓死しそうになってるやん。まず餓死を防がないでどうすんねん、と。「太る心配をする」の前に「命を助ける」が先に決まってるでしょ!と。

そういう論外なことを平然と、偉そうにメディアで言って大勢の人間を餓死させて殺しているのが、上記の言論人や御用学者たちなのです。

 

そういう連中が叫んでいるありもしない「財政破綻論」に対し、「そんなものはあり得ない!大嘘をつくな!!」とみんなで集中攻撃して、叩き潰すこと。

この1点に大げさでも何でもなく、日本の未来の全てがかかっていると言うことです。

ボーリングで言うところのセンターピン(その1本を倒せば連鎖的に全てが倒れていく)が、日本における「財政破綻論」ということなのです。

 

とにもかくにも財政破綻論を叩き潰さないことには、この国は永久に国民総貧困国家から抜け出す事はありえません。

(それ以外に日本が貧困国家から抜け出す方法があると言う人は教えてください。ノーベル経済学賞をもらえる大発見かもしれませんので)

それはつまり「一部の経済的な勝者以外、大半の人が希望も未来もない人生を送る国になる」と言うことであり、

その経済力=国力の低下によって、日本より圧倒的に経済力のある国に日本中の土地・企業・インフラなどが買収されまくられ、

日本のあらゆるものが外国人(特にお隣)のものになると言うことです。

それはようするに「日本が外国人(特にお隣の国の人)の植民地になる」と言うことを意味します。

私たち日本人はそういう国の奴隷になると言うことです。

そんなことがあるわけないと言う人は、すいませんが無知かお花畑な人かのどちらかでしかありません。

このまま財務省による緊縮財政が続き、財政破綻論を叩き潰せなければ、必然的に必ずそうなります。

というか報道されてないだけで、もうそうなってきてます。このあたりの事情に興味がある人は、以下の本などをご覧ください。

日本が売られる (堤未果著、幻冬舎新書)

 

マスコミは財政破綻論の間違いを報道できない構造が財務省によって出来上がってしまっているので、

財政破綻論を叩き潰せるかどうかは、この情報をネットや書籍などのマスコミ以外のメディアでどれだけ理解した人が伝えていくかにかかっています。

マスコミの連中が自分たちの今の利権を守ることより、弱者を救う気持ちやもう少しでも人としての良心があったなら、こんなひどい状況にはならないのです。

テレビのゴールデン番組で、池上彰のようなデタラメを言ってる人間ではなく、正しい知識を持った人に正しい説明をさせれば、1週間もしないうちに財政破綻論は完璧に消え失せるでしょう。

しかしマスコミは自分たちのおいしい立場が大事なのでこれをまともに報道しません。

元大蔵官僚の高橋洋一教授や三橋貴明さんら正しい情報を伝える言論人がテレビ番組に呼ばれても、本当に重要な部分の話をしたら、放送時にそこは必ずカットされています。何度も何度も。

本人たちが言っているから間違いないわけですが、要するに日本がこれほどまでに貧困化して先進国ではなくなり、この20年でGDPが低下した世界で唯一の国となり果て、衰退途上国と化したのは、

 

「諸悪の根源は財務省であり、彼らにより嘘の財政破綻論が日本中に広まってしまっているから」

 

と言う真実(センターピン)を、マスコミが財務省を恐れて何が何でも報道しないようになっているからなのです。

(念のため言っておきますと、以上は陰謀論でも何でもなく客観的事実ですからね。私の全信用をかけて断言しますし、万が一にも間違ってたら死んでもいいです)

 

そのせいで20年以上も緊縮財政が続いて、年収186万円の人(早稲田大学橋本教授の定義で「アンダークラス」と呼ばれる層)が1000万人近くにもなる貧困層だらけの国になってしまったということ。

つまりこの国がここまで落ちぶれた真犯人は財務省で、

実行部隊がマスコミ、財務省の飼い犬で意図的に嘘を広めている御用学者、

それがわからないで財務省に都合よく洗脳された池上彰のような頭の悪い言論人、

竹中平蔵のような民間議員と称する、自らの利益のためなら国民の何千万人が苦しみ、何十万人が死んでも一向に平気な狂った強欲のレントシーカー(政商)ら

…というのが客観的事実と言うことになります。

 

ここまでの話は日本の現状認識として基本中の基本ですが、

普段学校の先生とエンタメのYouTubeとマスコミぐらいからしか情報収集していない感じの人は、初めて聞いたと言う人もいると思います。

しかし繰り返しますが、上記の財政破綻論が「完全に間違いである」ことを若い人も含めて国民全員で共有しない限り、絶対にこの国が豊かになる事はありえないのです。物理的に不可能。

それはつまり財務省と財政破綻論を叩き潰せなければ、

私たち国民は財務省と彼らに媚びておいしい汁を吸っている人間たちに、例えではなく本当に、現在の生活も未来も潰され、大虐殺されると言うことです。

この20年以上、大勢の国民(98年以降の累計で最低14万人以上)がこの理由で本当に自殺に追い込まれ殺され続けてきたのですから、このままでは当然同じ状況が続きます。

 

ちなみに私の就職氷河期世代もその犠牲者だったわけですが、この世代は35歳から50歳位までの年齢になっても未だに地獄を見ていて、

この世代の多くの人が貧困ループからもはや抜け出せる未来はありません。

企業の現場を知らない役人が思いつきでやる「氷河期世代の雇用対策」ごときで解決するはずもなく、焼け石に水ですらないひどすぎる状況。

雇用対策と言うのは表面的なものに過ぎず、

根本的な緊縮政策を変えて、「国が積極的にお金を使いまくる積極財政」に大きく舵を切らない限り、

何をやっても焼け石に水以下の茶番でしかないのです。

 

現在の中学生・高校生・大学生も、消費増税+コロナで、私たちの時以上の

「過去最悪の就職氷河期世代」

になる可能性が極めて高いです。

国内の経済状況を見れば、逆にそうならないと考える人の方がどうかしていると言うレベルです。

 

過去の就職氷河期世代がどれほど悲惨な人生を送っているかと言うのは、ネットで調べればすぐにいくらでも出てくると思います。

このまま財政破綻論が無くならず、これまでのように緊縮政策が続く限り、

今の中学生・高校生・大学生の未来は、その過去の就職氷河期世代よりも、さらにずっと悲惨な人生になる、と言うことです。

これを論理的に否定する事は不可能だと思います。

私はこの嘘の財政破綻論の問題を10年間ウォッチしていますが、この数ヶ月ほどこれが大嘘だったと世間に一気にバレて広まった期間も今までありませんでした。

同時に状況がこれほどまでに一気に悪くなったことも、今までありませんでした。

一気に嘘だと広まったとはいえ、まだ多くて数百万人程度なので国民の97%くらいは理解してません。

嘘だと広まったプラス面と、いまだ緊縮財政でコロナ恐慌に陥っている大きなマイナス面のプラスマイナスで判断すると、圧倒的にまだまだマイナスの方が大きいです。

このままでは、あまりにも未来がなさすぎます。

 

学校や塾の先生で今回のような話をここまで突っ込んで言える先生は、多分日本中探してもほとんどおられないかと思いますが(いらっしゃったら教えてください)、

一言で言うと、上記のことを日本中の学生全員がしっかり理解できないと、みんなの未来は超のつく凄まじい地獄だよ…と言うことです。

どう考えても必然的にそうならざるをえません。

つまりは20年以上続く財政破綻論を叩き潰さなければ、若者の未来も全くない、と言うことです。

マスコミは上記の通り完全に若者の敵ですし(というか全国民の敵)、政府も学校も、この点については一切まともに真実を教えてくれませんので。

 

話せばキリがありませんが、とりあえずまずは現状認識を正しく持って頂くということで、本日はこのへんで。

それではまた。

 

 


感謝!YouTubeに公開1年で200万回再生&高評価数が59000突破<(_ _)>画期的ノウハウを無料公開中の動画「家で勉強に集中する方法」(2017.7.1~)




ブログのカテゴリ一覧へ

P.S
私が以前直接指導をしていて、現役で日本最難関の東大理3に合格したY君の勉強法を無料レポートにまとめました。詳細はこちら


集中力アップ、記憶力アップ、ベストコンディション、健康、長寿、若さ・・・すべてが手に入るたった1つの方法

o0220031112672482537

「ある1つのこと」だけ実践すれば、勉強の集中力アップと記憶力アップが同時に実現し、体調も良くなる科学的に認められた方法があります。受験をひかえた人には本番の点数にダイレクトに響くほど効果がありますし、受験後にもずっと使えるので一生モノの役に立つテクニックです。※公開1週間で900名以上の受験生にダウンロードして頂きました(感謝!)
※追記:ダウンロード時、「@icloud.com」のアドレスにはほぼ100%届かないことがわかりましたので、これ以外のアドレスでダンロードをお願いします。  
 

  “効果的なBGM”を使えば、勉強に長時間集中できる!



勉強の集中力を長時間持続させるコツは、効果的なBGMを利用することです。とくに「f分の1のゆらぎ」という性質を持つ自然音(波の音、小鳥のさえずり、風の音など)やクラシックを聴くと、脳内でα波が出てリラックスしながら勉強に集中できるようになります。今回はそんな「f分の1のゆらぎ」を持つ音の中でも、とくに人気が高いあるBGMをお届けします。私自身もこの数年間毎日これを聴いていて、集中したい時には欠かせない音源です。
※追記:ダウンロード時、「@icloud.com」のアドレスにはほぼ100%届かないことがわかりましたので、これ以外のアドレスでダンロードをお願いします。

アクセスの多い人気記事一覧
部屋を暗くする「映画館効果」で集中する
必見!英語長文を倍速で読むマル秘テク
要領がスーパー良くなる心理法則を発見
全受験生必聴の「試験本番」で使える裏技
「儲かる資格」をついに見つけました
ついに発見!勉強に最適な間食はコレだ!
「好きなことで生きていく!」を徹底検証
ヘタすぎる「休日のすごし方」をする受験生
「精神的な弱さ」を改善しようとしても無駄
「インプットの効率」を究極に高める秘訣
9時間睡眠に1ヶ月チャレンジした結果
「今から間に合いますか?」が愚問すぎる件
決着!机は綺麗がいいVS乱雑がいい論争
自分のタイプ別の効果的な暗記法(具体例)
今すぐ1冊の参考書に絞り込めない人の末路
E判定から一発逆転する人の勉強法
自習室でも声を出して暗唱できる裏ワザ
最強の健康法~半身浴のすごいメカニズム~
警告!「塾・予備校」の落とし穴に注意
スマホが人生を崩壊させる理由とその対策
「偏差値真理教」に洗脳される人たち
集中力と記憶力を一緒にアップさせる秘訣
なぜ、あの人はいつも勉強が楽しそうなのか
「授業の復習」のベストタイミングはいつ?
試験前日~当日の「食事と睡眠」のとり方
専門家としてトップ1%になる秘訣
必ず全員見てほしい衝撃の大傑作映画
センター試験対策のテクニック特集!

◎勉強の集中力をもっとアップさせたい
集中力と記憶力をまとめてアップさせる秘訣
合格したいなら「整理整頓」を甘く見るな!
規則正しい生活が命!集中力がUPする時間術
最強のBGMで集中する方法~自宅学習編~

自習室・図書館で集中できなくなる理由
自習室・図書館を休日に賢く利用する方法
家では絶対勉強するな!?
「継続力」が「集中力」に超影響する理由
「もうひと踏ん張り」のスイッチの入れ方
いいイスを使えると人生が変わる理由
「意志の弱さ」より「想像力の弱さ」が犯人
脳が作り出した「解釈」で現実を変える方法
整理整頓が集中力にものすごく影響するワケ
「1日の勉強の終わり方」がうまい人とは?
ショック療法でスマホ依存から脱出するコツ
訃報+意外と知られてないストレス解消法
禁欲をラクに成功させる秘訣~禁テレビ編~
1日1回、受験生に必ずやってほしい行為
30秒で勉強の集中力をアップさせる裏ワザ
勉強中の“あの欲望”に注意すべき理由
正午までに1日の勝負がほぼ決まる理由
東大教授に学ぶ快適な部屋にする方法
勉強で「効率よく気分転換する」ルール
睡眠不足は超ダサいと言い切れる理由
自宅で1日中勉強する時の注意点
夜寝る前には禁止の「至福の快楽」とは?
苦労せずに勉強を習慣化するコツ
勉強のマンネリ感を打破するストレス解消法
受験生が禁欲を成功させるコツ
勉強で蓄積したストレスの解消法
お菓子でストレス解消する方法
うまく仮眠すれば、勉強に長時間集中できる
「昼食は12時台」という常識を捨てろ!
フロ論。~勉強に集中できるお風呂に入る3つのタイミング~
ガム論。~噛むと集中できるガムの秘密~
音楽論。~「受験生の音楽鑑賞」はアリか~
恋愛論。~「受験生の恋愛」はアリか~
読書論。~「受験生の読書」はアリなのか~
孤独論。~受験生の「孤独」のメリット~
競争論。~まだ他人と「競争」してるの?~
たまご論~「卵は1日1個まで」のウソ~
牛乳論。~「牛乳」は本当に健康飲料か?~
がん論~がんになった人の共通点~
夏期講習論~天王山で失敗するパターン~
蓄積論。~高1~高2の蓄積を考えてみた~
メモ論~メモは取るべきか~
ニュース「ちょっとした工夫の偉大さ」
睡眠を削るのは「努力」ではなく「怠け」
夜の空腹感を解消する9つの方法
楽しく勉強できるTodoの作り方~弱者編~
合格したいなら志望校を周りに言いふらせ!
「月曜の辛い朝」を30%起きやすくする方法
試験直前にチョコを食べて脳をフル回転!
1番ベタで効果的な集中力アップ法(前編)
6秒でやる気を復活させる方法
受験生は顔つきに注意しろ!
なぜ「切り替え」はツライのか?
自宅で5分で完全リフレッシュする方法
好きな異性の写真で集中力をUPさせる裏技


◎勉強法の悩みを解決したい
1週間に100時間勉強する方法(実話)
最強の暗記ノウハウを教えます
最も効率的な「1回目の復習」のタイミング
受験生は「インプットのやりすぎ」に注意!
私が早稲田に合格できた最大の理由
いまE判定でも合格できる理由
完璧に暗記するならカードがベスト
勉強の“継続力”を圧倒的にアップさせる方法
モタモタするな!すぐに復習しろ!
「勉強法の勉強」にひそむ危険な落とし穴
【実話】勉強法マニアVS勉強法否定派
受験勉強でスランプに落ちるメカニズム
暗記効率が倍増「ラーニングピラミッド」
勉強法対決!インプットvsアウトプット
勉強好きな人がハマる落とし穴
成績が伸びる人、伸びない人の最大の違い
私がやっていた「英語の長文読解」の勉強法
知らないと損する悲観的な勉強法
一気に終わらせた方がいい勉強の3条件
どんな分野でも確実に暗記する方法
「音読パワー」を利用して成績をUPさせる
さっさと「勉強法の勉強」を卒業しろ!
「勉強法の勉強」が終わったら何をすべきか
参考書だけじゃなく、問題集も繰り返せ!
模試ノート作りは「○○」を重視する
模試の結果が悪い時の対処法~マインド編~
私のおすすめ英単語帳はコレ!(後編)
参考書は3回繰り返せ?
警告!「授業」にひそむ落とし穴に注意!
1日を充実させるTodoリストの作り方
わけのわからない「現代文」を攻略するコツ
過去問を2度やることに意味はあるのか?
学年トップの親友がやっていた勉強法
「予習」に時間をかけすぎるな!


◎勉強に役立つ!偉人・天才・有名人の話
松陰・手塚・さんま・ダウンタウンの共通点
村上春樹とスティーブンキングの共通点
アインシュタインとザッカーバーグの共通点
明石家さんま・浦沢直樹・三谷幸喜の共通点
タモリに学べ!徹夜でも集中できるコツ
エジソンは少食パワーで発明王になった
あの漫画家が1億冊を売った本当の理由
あの人が20歳も若く見える秘密
180巻まで継続する秘訣
1日10時間寝る漫画家 1日16時間寝てる男
アホな「尊師」にも天才の「孫氏」にもなれる脳のすごいカラクリ
イチローの4000本安打から学ぶこと
勉強に集中できるスポットを探せ!
東大の有名人たちの熱い勉強時間
織田信長に学ぶ受験勉強のコツ
孫子に学ぶ「勉強法の勉強」の勉強計画
悟空をマネして10秒でやる気を出す方法


◎直前期~試験当日までの勉強法
試験の問題を解くスピードを上げる秘訣
英語の長文問題を短時間で解く方法
受験当日の休憩時間に必ずやるべき作業
「あと少しで解けそうな問題」への対処法
試験本番の緊張感を抑える裏ワザ

「次の本文を読んで設問に答えなさい」?
勉強の集中力がアップする魔法のBGM
集中力×記憶力を同時に手に入れるコツ
試験会場に出現する“魔物”を退治する方法
※上記は当会の無料プレゼント・教材関連の記事が含まれます。


◎受験の不安・焦りを解消したい
最高のセルフイメージを手に入れる方法
受験勉強が辛いときに役立つ「2つの法則」
「焦り」で勉強に集中できない時の処方箋
今E判定でも、受験本番で自信を持てる方法
感動!無料メール講座「みんなの熱い言葉」
勉強がメチャクチャ楽しくなってしまう方法
「本番に間に合わない!」と感じたら
完璧主義だから受験への不安が消えない
不安感の正体は「ワクワク感」だった
気分が落ち込んだ受験生は読んで下さい
“本物の自信”をつける唯一の方法
受験の運命を好転させる思考テクニック
あと1ヶ月でどこまで実力が伸びるのか?
受験生なのにやる気が出ない理由

◎自分の将来についてもっと考えたい
勉強しない人の怖しい末路を教えます
テレビを観てはいけない本当の理由
「消費税の再増税」がもたらす大学受験生の恐るべき近未来
「何の専門家になるか」の決断力がいる時代
夢も持たないで受験勉強をしていいのか?
失敗しようがない志望校の正しい決め方
大学選びで絶対に失敗しないための黄金法則
タダで大学を卒業させる方法
SMAP解散の真相がわかりました

◎勉強計画を確実に実行したい
「ネット+参考書学習」が最強になる理由
勉強計画をネットにさらして合格する方法

1日10時間の勉強が当たり前になった理由
学習状況を確認して勉強量を最大化する

「ネットのつながり」でも仲間はできる理由

「他人のTodoリスト」を見て集中する方法

TodoリストをWebに公開して集中する方法

コーチングで受験勉強が楽しくなる理由

勉強計画を達成できる人、できない人

「仲間がいる環境」がやる気を引き出す

「受験勉強の本質」を見抜いた人が勝つ

「100%やりきった感」に満ちた生活を送れ

なぜ1日10時間も勉強をすべきなのか

専属コーチが能力を限界まで引き出す

コーチに監視されると勉強量が増える理由

「モチベーション」に左右されない勉強法

「超恥ずかしい!」を利用してやる気を出す
「合格後の明確なイメージ」がある人が最強

ダイエットを成功させた秘訣

最短コースで合格するために不可欠な作業

祝!元OCP生から弁護士&作家さん誕生!

私が今めちゃくちゃ幸せを感じる理由

大阪大学に合格したI君の座右の銘

【近況報告】ダメ受験生は2年後こうなった
受験生が「週末」にしなければならない2つ

勉強効率が上がる「今月の目標」の作り方

不合格になる受験生たちの悪い習慣

不合格体験記~挫折が挫折で無くなる理由~

受験生活の“最大の敵”を攻略する方法

私たちが「再び」OCPに参加する理由

私たちがOCPに参加する理由


超・大好評!日刊メルマガ「勉強の集中力が10倍アップする秘訣」(無料)
読者数4万名&連続配信が1800日突破!勉強の集中テクニックの最新情報や、中西が日ごろの研究、受験コーチング、各種プログラムの受験生との交流、メルマガ・ブログの読者さんからの情報提供などを通して発見した「目からウロコの勉強の集中術」を、1~2分で読めるコンパクトで楽しい文章にまとめて毎日20時に配信中です(土日祝も配信中)。今まであなたが見たことがないクオリティのメルマガをお届けします。信じるか信じないかは、あなた次第!
メールアドレス       


このブログには現在2000記事以上が公開されています。受験生が抱えるほとんどの問題解決策が書かれていますので、受験勉強で何かお悩みがある人は上記リンク集とともにブログ内の「検索窓」(スマホは画面下、PCは画面右にあります)であなたのお悩みのキーワードを検索してみてください。きっと解決策or解決のヒントとなる有益な情報が見つかるはずです。


上の画像をクリックするとYouTubeの2時間セミナー(無料)に飛びます(公開日2017.7.1)

関連記事

ページ上部へ戻る