愚かすぎる「骨太の方針2017」に国民全員が怒り狂うべき理由(雑談)

  • 2017-6-11

    
7/1より家で集中できる裏技を期間限定で公開中!上の画像よりYouTubeをご覧頂けます。

今回の本文はこの下からご覧頂けます。
日本初のオンライン自習室を開始 詳細
自習室会員が累計250名突破!詳細
8年目突入、全1900記事を公開中
公式メルマガ読者数が12,000名を突破
毎日20時にメルマガ配信中(950日連続)
アクセスが月間25万PVになりました
読者さん100人から届いたブログのご感想
早稲田集中力研究会代表の中西のプロフ

アクセスの多い人気記事
必見!授業は「情報カード」に直接書くと凄いことになる(実例付き)
このブログから1000台以上売れている椅子
あっさり勉強机に向かって集中できる方法
私が学年で1番になった脳のだまし方
好きな異性の写真で集中力をUPさせる裏技
テレビを観てはいけない本当の理由
1週間に100時間勉強する方法(実話)
「午前2時起き」で東大へ行った双子の兄弟

 

こんにちは、中西です。

 

今回は日曜日なので、恒例の雑談系ネタで。

 

一昨日に“あるニュース”を見たのですが、

実はその内容を見た瞬間に、目まいがする
ような絶望感に襲われました。

そのニュースに対する私の感情としては、

「非常に残念」であり、「無念」であり、

「怒り」であり、

「ア○か!!○ねボケ!!!(自主規制)」

でございました。

 

もしたったこれだけの前フリで「中西さん、
あのことを言ってるんだな」とピンと来た
人は相当すごいと思いますが、ほとんどの
方は意味不明だと思います(ノД`)・゚・。

なんの話かというと、こちらです。

 

▼「政府、骨太方針・成長戦略を閣議決定(日本経済新聞)

 

いわゆる「骨太の方針」と呼ばれるもので、
ひらたく言えば「今後この国の運営は、こ
の方針でやっていきましょう」的なものです。
なんせ「方針」ですから。

 

で、一昨日まで、この「方針」の中に、例のあの

“クレイジーな基準”(控えめに言ってます)

が盛り込まれてしまうかどうかが、現在こ
の国における最大の問題点がどこにあるか
を理解している人たち(私ではない)の間
で、ずっと注目されていたのです。

その「方針」に“アレ”が盛り込まれるか
どうかで、ほぼ日本の今後数年の未来が決
定付けられてしまうことが間違いないとい
う状況になっておりました。

 

その“クレイジーな基準”(控えめに言ってます)が「骨太の方針」に盛り込まれてしまうかどうかを、個人的に固唾を飲んで見守っていたわけです。

 

実は、ある本当に素晴らしい学者の方のご尽力で、その“アホ基準”(ソフトに言ってます)が、ついに撤廃される希望も少し出ていたのですが、結果は・・・・やっぱりダメでした(つД<)・゚。

何かというと、

 

「プライマリーバランスの黒字化目標」

 

というものです。

6月9日、この“あまりにもク○イジーすぎる基準”(かなりマイルドに言ってます)が、「骨太の方針」に再び盛り込まれることとなりました。

 

「プライマリーバランス」というのは「基礎的財政収支」と呼ばれるもので、ようするに「政府に入ってくるお金(収入・歳出)」と「政府から出て行くお金(支出・歳出)」のバランス(収支)のことです。

そのバランスを「黒字化しましょう!\(゚▽゚)/」というのが、「プライマリーバランスの黒字化目標」です。

 

この目標が、6月9日に閣議決定された「骨太の方針」(「経済財政運営と改革の基本方針2017~人材への投資を通じた生産性向上~」)に盛り込まれたのです。

上のリンク先の日本経済新聞の記事から引用しますと、

———————————-

「財政健全化目標については、プライマリーバランス(基礎的財政収支)を20年度までに黒字化し、

同時に国内総生産(GDP)に対する債務残高の比率を引き下げると記した」

———————————-

 

・・・後半はいいのですが、問題は前半の「プライマリーバランス(基礎的財政収支)を20年度までに黒字化し、」という部分です。

本当にさらっと書かれているのですが、これがどれほど多くの人々を苦しめることになる、この国のガンとしか言いようがない“大問題”なのかについて、キチンと理解できている人は、おそらくですが日本人の300人に1人もいないんじゃなかろうかと思われるのです。

国の行く末(つまりは私たちの今後の生活)を決める「骨太の方針」に盛り込まれているにもかかわらず、です。

 

「消費税増税」がこの国をデフレ脱却から遠ざけ、我々庶民を長きにわたり苦しめている(中には遠因で死んでいる人も大勢いる)のは多くの人が経験的・直感的に理解していることだと思いますが、その直感はロジックとしても完全に正しいわけです。私は消費税8%決定時から言ってますが。

▼「完全なる失策」が決定した日(2013年10月1日の記事)

 

そしてそんな「消費税増税」を“しなければならない”と、自らの利益のために主張している、本当に控えめにいっても「人間の〇ズ」としか言いようのない連中・団体が、そう主張する根拠にしているのが、この「プライマリーバランス」の「黒字化」なのです。

 

世間の大半の人は、「黒字化しなければならない」と聞くと、「そうだよなぁ。赤字じゃやばいよな。政府の財政は黒字にしないとな」と直感的に思うわけです。

もしくは家の「家計」で例えてみると、「赤字よりは黒字の方がいい」のは当たり前ですので、その感覚でもって「政府も黒字でなければならないよね(´-`)」と直感的に思ってしまうわけです。

が、残念ながら、そちらの直感は完全に間違いで、その

 

「政府の収支を家計に例えて『国家財政も黒字でなければならない』とする発想が、すべての大問題の根源的なポイント」

 

であることに、気づいている人はどれくらいいるでしょうか。下手したら国民1000人に1人もいないかもしれないです(;゚ロ゚)

 

ここまで読んで、その「黒字化目標」がなぜダメなのか、興味がある人はぜひこの機会に調べてみてください。というか全員知っておくべき話だと思っていますが、ここで書くと長くなりすぎるので。

 

簡単にポイントだけいうと、数字上の「黒字化」にこだわることで、国内で何らかの財源が必要になった場合に(例:公共投資、防衛・国防費、地震など)、「増税するしかない!」「あの部分の支出を削減するしかない!」といった発想にならざるをえず、その発想からの当然の帰結として、増税や支出削減をせざるを得なくなり、お金を出せないから公共投資を初めとする財政出動が積極的に出来ず(←ここ最重要)、景気は上がらないので給料も増えず、結果的に国民の消費マインドを低下させ、そのせいでデフレに陥り、悪循環のスパイラルから抜け出せなくなる、ということです。

それはつまり、この目標のせいで、日本国内で数え切れないほどの大勢の人が、本来遭遇する必要のないムダな貧困に苦しみ続けることになる、ということを意味します。その貧困が原因で人生が悪循環に陥り、さまざまな理由で死に至る人も凄まじい人数になるわけです。

 

この悪循環のスパイラルから、日本はもう20年も抜け出せないでいるわけですが、民間がどれほど頑張って努力してもこの悪循環から抜け出すことはできません。政府が“正しい政策”(積極的な財政出動=国内で必要なことにお金を使う)を行い、世間の総需要を高めることで、消費マインドを刺激するしかないのです。

 

この国が長年停滞している原因をさかのぼっていくと、恐るべき1つの誤解を国民の大半が持っている事実に行きつきます。すなわち、「国の財政」は「家の家計」と同じようなものだと思ってしまっている、という誤解です。これは歴史に残るレベルの、いや、リアルに考えて来世紀の日本史の教科書に「20世紀終盤から21世紀に日本が長期停滞した理由」「決して繰り返してはならない誤解」などとして載るレベルの、史上最悪の誤解です。

 

「国の財政」は「家の家計」とは根本的に性質が違うので、赤字があっても何ら問題ないのです。つまり経験的に多くの人が思っている「赤字=悪」というわかりやすい構図を利用して、本来赤字などあっても問題ないにも関わらず、それを悪として「黒字化目標」を設定し、それを根拠として「増税」をしたくてしたくて仕方が無い連中が国の中枢部にいる、ということです。

(その「増税をしたくて仕方が無い国の中枢部にいる連中」とは一体誰かについては、宿題ということで(´-`)。ヒントは「増税すると、権力が高まっていい気分になれる立場の人間たち」です。)

 

ちょっと前に、メルマガで「(自分が取り組む物事において)ポイントがどこにあるかを見極めるのが超重要」という話をしました。

▼脳内がゴチャゴチャしたときに突破口が見つかる方法

 

私たち日本人にとって、今後経済的に豊かになり、みんなが安心して生活を送れて、子どもたちや未来の子孫に「21世紀前半の人たちは、本当にいい国を残してくれた」と、(今私たちが戦後の焼け野原から日本を豊かにした先人たちに感謝と敬意を表するように)思ってもらえるような国を残すための、ポイント中のポイントが、実はこの

「プライマリーバランスの黒字化目標」

という、意味不明で愚かな目標(やわらかく言ってます)を、ここで“撤廃できるかどうか”にかかっていた、のです。

 

で、問題は2つあると私は思っています。

 

1つは、ここまで書いたとおり、「骨太の方針」にこの愚かな目標が盛り込まれたことそのものです。

 

もう1つは、国民の多くが(おそらく100人中99人くらいが)、この「ポイント中のポイント」に全く気づいていない・理解していない点です。

 

「そんな大事な話なら、なぜマスコミはしっかり報道しないの?」

と思った方は、「マスコミは自分たちにとって都合の悪いことは、それが国民にどれだけマイナスの影響があろうと、まず言わない」という事実と、「マスコミが物事の基本をろくに理解していないことなどよくある」という事実だけ、お伝えしておきます。この件を一切報じていないメディアがあれば、上記2つのいずれか、もしくは両方に該当しているということです。

伝えるべきことも伝えないで、あるいは、基本中の基本も理解しないで、なにが「ジャーナリズム宣言」なのかと思いますが、まあいつの時代もマスコミなんてそんなもんなのかもしれません、残念ながら。事実ずっとそうだし。

 

今回は6月9日に決まった「プライマリーバランスの黒字化目標」が、どれほど今後多くの国民を苦しめ続けることになる、愚かで狂った目標なのかという点だけ、声を超絶大にして強調してお伝えしておきます。

 

シリーズで4~5回にわけて解説してもいいのですが、メルマガ・ブログのメインテーマとはだいぶ離れてしまうので、やはり日曜の雑談で扱うのが限界です。

その理由の詳細までしっかり確認したい方は、たぶんネットでも調べたら出てくると思いますし(検索で調べたことないから知りませんが、絶対誰かがまとめてくれてるかと)、ネットではなくしっかりした本で確認したい人は、以下が最高に素晴らしいのでおすすめです。

おすすめというか、この問題について書籍で学ぶ場合は、この本しか無いと思われます。(アマゾンでもほぼ全員からオール5評価になってますが、妥当です。それほど名著)

▼プライマリーバランス亡国論(育鵬社、藤井聡著)

※今気づきましたが、育鵬社は扶桑社の子会社なので産経グループになります。産経新聞でたしか藤井氏のこの件に関するインタビューがあったと記憶してますが、そういうことだったのですね。

参考:32年度プライマリーバランス、黒字化目標の撤回も 政府、財政健全化計画の見直し検討(産経ニュース)

⇒これは4月30日の記事。期待しましたが、結果撤回できませんでした。。

 

ちなみに、冒頭で「本当に素晴らしい学者の方のご尽力で」と書いた、その学者の方とは、この本の著者である京都大学大学院教授の藤井総氏です。

内閣官房参与もされており、安倍総理にこの「プライマリーバランス(PB)の黒字化目標」の愚かさを進言されていて、今回の方針でも大変なご尽力をされていたようです。

なので、ついにようやくPB目標が撤廃されるかと思われたのですが、最終的には、PB目標が「骨太の方針」として盛り込まれてしまいました(゚Д゚)ナンデヤネン!!

 

なんと安倍総理はその進言を聞いていながら、この愚かで狂ったPBの黒字化目標が入った「骨太の方針」を作っているというわけです(°□°;)ナンデ?。

個人的に安倍大先生がやっていることはあまりにも意味がわからないので(前からですが)、大先生の頭の中は一体どうなっているのか、本気で分解して調べてみたいです。

つくづく、一国のリーダーの無知・勉強不足・誤解・頭の悪さというものは、どれほどまでに多くの人間をムダに苦しめ続け、多くの人を死に至らせる遠因にまでなっているのかに、思いを馳せずにはいられません。個人的には万死に値する、罪深いバカさだと思います。

私が閻魔大王なら、「無知と勉強不足と進言を聞かない傲慢さにより、数え切れないほど多くの人間を苦しめた」罪で、死後確実に地獄に落とすと思います(この国を私物化している正真正銘の国賊・竹中某を地獄の底の底の、さらに底あたりに落としたあとで<(_ _)>)

 

ちょっと前に安倍総理に直接進言したもう一人の教授、ノーベル経済学賞を受賞したクルーグマン氏も、デフレ期における「緊縮財政」の愚かさを主張しており、

「倹約主婦のようになるのは間違いだ!」

と、さすがノーベル賞学者というべきか、この問題の本質がどこにあるかを完璧に認識し、しっかり強調されています。なんと安倍首相は、ちょっと前にこのクルーグマン教授からも、直接、進言を受けているのです。

▼クルーグマン教授が安倍首相と会談、消費増税反対を表明(ロイター)

▼クルーグマンが明かす「安倍首相が極秘会談で語ったこと」〜消費税10%にするのか、しないのか(週刊現代)

▼国際金融経済分析会合(首相官邸のサイト)

 

結局、基本的なことすら理解できていない人間には、世界屈指の知見を持つ人間から本物の忠告・進言を受けても、それ自体を理解できないのだと思いました。これを「馬の耳に念仏」などと言ったら、あまりにも馬に失礼です。

 

実は同様の大問題(=「国家財政」を「家計簿に例える」という認識間違いから生じる緊縮財政→デフレで多くの人間が生活に苦しむ)をヨーロッパが抱えていて、ユーロが本当にダメになった場合、「ユーロの墓碑」にはこう記されるべきだ、とクルーグマンは言っています。

「(国の負債を個人の負債になぞらえるという)ひどいたとえによって死去」

と。 参考;「クルーグマン教授、『緊縮財政』をメッタ斬り」(東洋経済ONLINE)

 

「プライマリーバランスの黒字化目標」も、本質的には全く同じです。つまり、

 

「『国の財政』を『家の家計簿』になぞらえるという
ひどいたとえによって、日本は死去」

 

(「赤字は絶対ダメ!」とPB目標の黒字化にこだわる→赤字がダメなので積極的な財政出動ができない→総需要が増えない&消費マインドは冷え切ったまま→財源が足りない&税収が増えないから増税へ→さらにデフレ継続→全国民が生活苦&自国では何もできない発展途上国化→各国の属国化→日本死去)

 

・・・と、数十年後に日本の墓碑に刻まれてしまうかもしれません。というか、このままだと確実にそうなります。

 

個人的には、橋本龍太郎以来の20年にも及ぶ「リーダーの単なる無知」によって、世界2位の経済大国から、大半の人が生活苦にあえぐようになった、こんなしょうもない状態の国を、未来の子どもたちに残したくないなと、心の底から思う次第です。

 

ここから脱却するためには、私たち一人一人が、この問題の本質についてしっかりと理解するしかありません。

結局、民主主義における政治のレベルというのは、私たちのレベルのことですから。

それではまた。

 

<関連記事>

「言葉の定義」の適当さが不幸な人を増やす説

 


初のYouTube動画「家で勉強に集中する方法」を公開しました!(2017.7.1)



もう自習室・図書館・カフェに通わなくていい!5時~24時まで使い放題!日本初!いつでも家で勉強に集中できる「オンライン自習室」



ブログのカテゴリ一覧へ

P.S
私が以前直接指導をしていて、現役で日本最難関の東大理3に合格したY君の勉強法を無料レポートにまとめました。詳細はこちら


集中力アップ、記憶力アップ、ベストコンディション、健康、長寿、若さ・・・すべてが手に入るたった1つの方法

o0220031112672482537

「ある1つのこと」だけ実践すれば、勉強の集中力アップと記憶力アップが同時に実現し、体調も良くなる科学的に認められた方法があります。受験をひかえた人には本番の点数にダイレクトに響くほど効果がありますし、受験後にもずっと使えるので一生モノの役に立つテクニックです。※公開1週間で900名以上の受験生にダウンロードして頂きました(感謝!)
 
 

  “効果的なBGM”を使えば、勉強に長時間集中できる!



勉強の集中力を長時間持続させるコツは、効果的なBGMを利用することです。とくに「f分の1のゆらぎ」という性質を持つ自然音(波の音、小鳥のさえずり、風の音など)やクラシックを聴くと、脳内でα波が出てリラックスしながら勉強に集中できるようになります。今回はそんな「f分の1のゆらぎ」を持つ音の中でも、とくに人気が高いあるBGMをお届けします。私自身もこの数年間毎日これを聴いていて、集中したい時には欠かせない音源です。


アクセスの多い人気記事一覧
部屋を暗くする「映画館効果」で集中する
必見!英語長文を倍速で読むマル秘テク
要領がスーパー良くなる心理法則を発見
全受験生必聴の「試験本番」で使える裏技
「儲かる資格」をついに見つけました
ついに発見!勉強に最適な間食はコレだ!
「好きなことで生きていく!」を徹底検証
ヘタすぎる「休日のすごし方」をする受験生
「精神的な弱さ」を改善しようとしても無駄
「インプットの効率」を究極に高める秘訣
9時間睡眠に1ヶ月チャレンジした結果
「今から間に合いますか?」が愚問すぎる件
決着!机は綺麗がいいVS乱雑がいい論争
自分のタイプ別の効果的な暗記法(具体例)
今すぐ1冊の参考書に絞り込めない人の末路
E判定から一発逆転する人の勉強法
自習室でも声を出して暗唱できる裏ワザ
最強の健康法~半身浴のすごいメカニズム~
警告!「塾・予備校」の落とし穴に注意
スマホが人生を崩壊させる理由とその対策
「偏差値真理教」に洗脳される人たち
集中力と記憶力を一緒にアップさせる秘訣
なぜ、あの人はいつも勉強が楽しそうなのか
「授業の復習」のベストタイミングはいつ?
試験前日~当日の「食事と睡眠」のとり方
専門家としてトップ1%になる秘訣
必ず全員見てほしい衝撃の大傑作映画
センター試験対策のテクニック特集!

◎勉強の集中力をもっとアップさせたい
集中力と記憶力をまとめてアップさせる秘訣
合格したいなら「整理整頓」を甘く見るな!
規則正しい生活が命!集中力がUPする時間術
最強のBGMで集中する方法~自宅学習編~

自習室・図書館で集中できなくなる理由
自習室・図書館を休日に賢く利用する方法
家では絶対勉強するな!?
「継続力」が「集中力」に超影響する理由
「もうひと踏ん張り」のスイッチの入れ方
いいイスを使えると人生が変わる理由
「意志の弱さ」より「想像力の弱さ」が犯人
脳が作り出した「解釈」で現実を変える方法
整理整頓が集中力にものすごく影響するワケ
「1日の勉強の終わり方」がうまい人とは?
ショック療法でスマホ依存から脱出するコツ
訃報+意外と知られてないストレス解消法
禁欲をラクに成功させる秘訣~禁テレビ編~
1日1回、受験生に必ずやってほしい行為
30秒で勉強の集中力をアップさせる裏ワザ
勉強中の“あの欲望”に注意すべき理由
正午までに1日の勝負がほぼ決まる理由
東大教授に学ぶ快適な部屋にする方法
勉強で「効率よく気分転換する」ルール
睡眠不足は超ダサいと言い切れる理由
自宅で1日中勉強する時の注意点
夜寝る前には禁止の「至福の快楽」とは?
苦労せずに勉強を習慣化するコツ
勉強のマンネリ感を打破するストレス解消法
受験生が禁欲を成功させるコツ
勉強で蓄積したストレスの解消法
お菓子でストレス解消する方法
うまく仮眠すれば、勉強に長時間集中できる
「昼食は12時台」という常識を捨てろ!
フロ論。~勉強に集中できるお風呂に入る3つのタイミング~
ガム論。~噛むと集中できるガムの秘密~
音楽論。~「受験生の音楽鑑賞」はアリか~
恋愛論。~「受験生の恋愛」はアリか~
読書論。~「受験生の読書」はアリなのか~
孤独論。~受験生の「孤独」のメリット~
競争論。~まだ他人と「競争」してるの?~
たまご論~「卵は1日1個まで」のウソ~
牛乳論。~「牛乳」は本当に健康飲料か?~
がん論~がんになった人の共通点~
夏期講習論~天王山で失敗するパターン~
蓄積論。~高1~高2の蓄積を考えてみた~
メモ論~メモは取るべきか~
ニュース「ちょっとした工夫の偉大さ」
睡眠を削るのは「努力」ではなく「怠け」
夜の空腹感を解消する9つの方法
楽しく勉強できるTodoの作り方~弱者編~
合格したいなら志望校を周りに言いふらせ!
「月曜の辛い朝」を30%起きやすくする方法
試験直前にチョコを食べて脳をフル回転!
1番ベタで効果的な集中力アップ法(前編)
6秒でやる気を復活させる方法
受験生は顔つきに注意しろ!
なぜ「切り替え」はツライのか?
自宅で5分で完全リフレッシュする方法
好きな異性の写真で集中力をUPさせる裏技


◎勉強法の悩みを解決したい
1週間に100時間勉強する方法(実話)
最強の暗記ノウハウを教えます
最も効率的な「1回目の復習」のタイミング
受験生は「インプットのやりすぎ」に注意!
私が早稲田に合格できた最大の理由
いまE判定でも合格できる理由
完璧に暗記するならカードがベスト
勉強の“継続力”を圧倒的にアップさせる方法
モタモタするな!すぐに復習しろ!
「勉強法の勉強」にひそむ危険な落とし穴
【実話】勉強法マニアVS勉強法否定派
受験勉強でスランプに落ちるメカニズム
暗記効率が倍増「ラーニングピラミッド」
勉強法対決!インプットvsアウトプット
勉強好きな人がハマる落とし穴
成績が伸びる人、伸びない人の最大の違い
私がやっていた「英語の長文読解」の勉強法
知らないと損する悲観的な勉強法
一気に終わらせた方がいい勉強の3条件
どんな分野でも確実に暗記する方法
「音読パワー」を利用して成績をUPさせる
さっさと「勉強法の勉強」を卒業しろ!
「勉強法の勉強」が終わったら何をすべきか
参考書だけじゃなく、問題集も繰り返せ!
模試ノート作りは「○○」を重視する
模試の結果が悪い時の対処法~マインド編~
私のおすすめ英単語帳はコレ!(後編)
参考書は3回繰り返せ?
警告!「授業」にひそむ落とし穴に注意!
1日を充実させるTodoリストの作り方
わけのわからない「現代文」を攻略するコツ
過去問を2度やることに意味はあるのか?
学年トップの親友がやっていた勉強法
「予習」に時間をかけすぎるな!


◎勉強に役立つ!偉人・天才・有名人の話
松陰・手塚・さんま・ダウンタウンの共通点
村上春樹とスティーブンキングの共通点
アインシュタインとザッカーバーグの共通点
明石家さんま・浦沢直樹・三谷幸喜の共通点
タモリに学べ!徹夜でも集中できるコツ
エジソンは少食パワーで発明王になった
あの漫画家が1億冊を売った本当の理由
あの人が20歳も若く見える秘密
180巻まで継続する秘訣
1日10時間寝る漫画家 1日16時間寝てる男
アホな「尊師」にも天才の「孫氏」にもなれる脳のすごいカラクリ
イチローの4000本安打から学ぶこと
勉強に集中できるスポットを探せ!
東大の有名人たちの熱い勉強時間
織田信長に学ぶ受験勉強のコツ
孫子に学ぶ「勉強法の勉強」の勉強計画
悟空をマネして10秒でやる気を出す方法


◎直前期~試験当日までの勉強法
試験の問題を解くスピードを上げる秘訣
英語の長文問題を短時間で解く方法
受験当日の休憩時間に必ずやるべき作業
「あと少しで解けそうな問題」への対処法
試験本番の緊張感を抑える裏ワザ

「次の本文を読んで設問に答えなさい」?
勉強の集中力がアップする魔法のBGM
集中力×記憶力を同時に手に入れるコツ
試験会場に出現する“魔物”を退治する方法
※上記は当会の無料プレゼント・教材関連の記事が含まれます。


◎受験の不安・焦りを解消したい
最高のセルフイメージを手に入れる方法
受験勉強が辛いときに役立つ「2つの法則」
「焦り」で勉強に集中できない時の処方箋
今E判定でも、受験本番で自信を持てる方法
感動!無料メール講座「みんなの熱い言葉」
勉強がメチャクチャ楽しくなってしまう方法
「本番に間に合わない!」と感じたら
完璧主義だから受験への不安が消えない
不安感の正体は「ワクワク感」だった
気分が落ち込んだ受験生は読んで下さい
“本物の自信”をつける唯一の方法
受験の運命を好転させる思考テクニック
あと1ヶ月でどこまで実力が伸びるのか?
受験生なのにやる気が出ない理由

◎自分の将来についてもっと考えたい
勉強しない人の怖しい末路を教えます
テレビを観てはいけない本当の理由
「消費税の再増税」がもたらす大学受験生の恐るべき近未来
「何の専門家になるか」の決断力がいる時代
夢も持たないで受験勉強をしていいのか?
失敗しようがない志望校の正しい決め方
大学選びで絶対に失敗しないための黄金法則
タダで大学を卒業させる方法
SMAP解散の真相がわかりました

◎勉強計画を確実に実行したい
「ネット+参考書学習」が最強になる理由
勉強計画をネットにさらして合格する方法

1日10時間の勉強が当たり前になった理由
学習状況を確認して勉強量を最大化する

「ネットのつながり」でも仲間はできる理由

「他人のTodoリスト」を見て集中する方法

TodoリストをWebに公開して集中する方法

コーチングで受験勉強が楽しくなる理由

勉強計画を達成できる人、できない人

「仲間がいる環境」がやる気を引き出す

「受験勉強の本質」を見抜いた人が勝つ

「100%やりきった感」に満ちた生活を送れ

なぜ1日10時間も勉強をすべきなのか

専属コーチが能力を限界まで引き出す

コーチに監視されると勉強量が増える理由

「モチベーション」に左右されない勉強法

「超恥ずかしい!」を利用してやる気を出す
「合格後の明確なイメージ」がある人が最強

ダイエットを成功させた秘訣

最短コースで合格するために不可欠な作業

祝!元OCP生から弁護士&作家さん誕生!

私が今めちゃくちゃ幸せを感じる理由

大阪大学に合格したI君の座右の銘

【近況報告】ダメ受験生は2年後こうなった
受験生が「週末」にしなければならない2つ

勉強効率が上がる「今月の目標」の作り方

不合格になる受験生たちの悪い習慣

不合格体験記~挫折が挫折で無くなる理由~

受験生活の“最大の敵”を攻略する方法

私たちが「再び」OCPに参加する理由

私たちがOCPに参加する理由


超・大好評!日刊メルマガ「勉強の集中力が10倍アップする秘訣」(無料)
本ブログから登録の読者数9000名&連続配信が700日突破!勉強の集中テクニックの最新情報や、中西が日ごろの研究、受験コーチング、各種プログラムの受験生との交流、メルマガ・ブログの読者さんからの情報提供などを通して発見した「目からウロコの勉強の集中術」を、1~2分で読めるコンパクトで楽しい文章にまとめて毎日20時に配信中です(土日祝も配信中)。今まであなたが見たことがないクオリティのメルマガをお届けします。信じるか信じないかは、あなた次第!
メールアドレス       


このブログには現在1800記事以上が公開されています。受験生が抱えるほとんどの問題解決策が書かれていますので、受験勉強で何かお悩みがある人は上記リンク集とともにブログ内の「検索窓」(スマホは画面下、PCは画面右にあります)であなたのお悩みのキーワードを検索してみてください。きっと解決策or解決のヒントとなる有益な情報が見つかるはずです。


上の画像をクリックするとYouTubeの2時間セミナー(無料)に飛びます(公開日2017.7.1)

関連記事

カテゴリー

2017年7月
« 6月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
ページ上部へ戻る