女子学生刺傷事件の真相~メディアが報じない話~

    
7/1より家で集中できる裏技を期間限定で公開中!上の画像よりYouTubeをご覧頂けます。

今回の本文はこの下からご覧頂けます。
日本初のオンライン自習室を開始 詳細
自習室会員が累計300名突破!詳細
8年目突入、全1900記事を公開中
公式メルマガ読者数が17,000名を突破
毎日20時にメルマガ配信中(1000日達成!)
アクセスが月間25万PVになりました
読者さん100人から届いたブログのご感想
早稲田集中力研究会代表の中西のプロフ

アクセスの多い人気記事
必見!授業は「情報カード」に直接書くと凄いことになる(実例付き)
このブログから1000台以上売れている椅子
あっさり勉強机に向かって集中できる方法
私が学年で1番になった脳のだまし方
好きな異性の写真で集中力をUPさせる裏技
テレビを観てはいけない本当の理由
1週間に100時間勉強する方法(実話)
「午前2時起き」で東大へ行った双子の兄弟

 

こんにちは、中西です。

 

今日は日曜日なので雑談を。

 

大々的に報道されているのでご存知の方も多いと思いますが、1週間前に東京で歌手活動をしていた女子学生の冨田真由さんが、刃物をもった男に刺傷される事件がありました。

この事件の報道をいくつか見たのですが、ほとんどのメディアはこの事件の真相(or最重要ポイント)の部分に全く触れられていないと感じましたので、今回はこの話をします。

 

メディアの報道を見ると、容疑者の男の異常性や、男の過去の話、事件までのその女性とのやりとり、あるいはファンとの関係性・距離感の話など、いろいろな角度からこの事件が報じられているようです。

が、今回このような事件が起こった真相は、実はそういった容疑者の人格的な部分やファンとの関係性の部分よりも、むしろそれらとは別の“たった1つのある原因”によるものだと私は考えています。

その原因とは、

 

【 ツイッターで相手をブロックしたこと 】

 

です。これが今回の事件が起こった“引き金”ではなく、事件が起こった原因の“ほぼすべて”だと私は考えています。

もちろん彼女が男のツイッターをブロックしたことは報じられていますし、男の人格におかしなところがあったのも間違いないでしょう。

ところが、この「相手をブロックしたこと」が本事件が起こった理由の“ほぼすべて”だと認識できているメディアは皆無だと思われます。

 

なぜ私がそれが真相だと断言できるかというと、私自身が女性にブロックをされたことがあるからです。

 

完全に私の恥をさらすことになりますが(笑)、うら若き乙女の読者さんも多いこのブログ読者の皆様に、この事件の真相を知る重要性を理解してもらわないといけないので過去の恥をさらします(ノд-。)

 

以前、割と仲のいい知り合いの女性がいたのですが、当時の関係性としては友達以上~恋人未満ぐらいの感じでした。二人で食事をしたりカラオケにも行ったりしていたので、まあたぶん向こうも私のことを嫌いではなかったはずです。

ある日彼女とメールのやりとりをしていたときに、私がちょっと不用意な発言をしてしまって彼女を怒らせてしまったのです。そこで彼女がとった行動は、私からのメールの「受信拒否」でした。

それまで普通にメールのやり取りをしていたアドレスにメールを送ると、突然英語の長文でエラーメール(「このアドレスには届きませんでした」的なことが英語で長々と書いてあるメール)が返ってきたわけですΣ(゚д゚;)

最初何かの間違いかと思ったのですが、時間を置いてから何度か送ってもやはりエラーメールが返ってきました。返ってきたメールの英語の文面をよく読んでみると、どうやら自分のアドレスが受信拒否をされたらしいことがわかったのです。

改めてその前に送った自分のメールを読み返してみたところ、相手を傷付けた可能性がある内容があったことに気づきました。

 

で、問題はここからなのですが、私がこのときどういう感情に襲われたかというと、言語化するのが難しいのですが、あえて表現しますと

「自分自身の存在そのものを全否定された、過去に感じたことの無いレベルのすさまじいショック」

という感情でした。そのショックは失恋したときの絶望感(;д;) にも似ているのですが、根本的なところで何かが大きく違う感情なのです。

 

あとになって冷静になってからわかったのですが、失恋したショックと何が違うかというと、失恋の場合、普通は告白して「ごめんなさい」と言われたとか、付き合っている相手から「ごめん、友達に戻ろう」とかなんとか、いろんなパターンがあるにしても、基本的にこちらの人格は最低限尊重された上で断られるわけです。

ところが、「受信拒否」というのはそれとは違い、自分の存在そのものの“全否定”とほぼ同じなのです。

もし私が受信拒否をされた経験が無かったら、おそらくこういう話を聞いても「受信拒否されたくらいで大げさな。器ちっさ!」とか「失恋のほうが辛いよ」などと思ったと思います。

 

しかしここは最も重要なポイントなのであえて強調しておきますが、ある程度の好意を持っている相手から受信拒否をされたことがわかったときの、あの“自分の存在を全否定されたような絶望感”は、実際に好意がある相手から受信拒否(ブロック)された人間にしか恐らくわからない感覚だと感じます。想像する以上の、ものすごい絶望感に襲われるのです。

たぶん拒否設定をしたほうの本人は、そこまで相手の人格まで全否定したつもりは無いのでしょう。しかし拒否された側は、自分を全否定された、どうしようもないほどの絶望感に襲われるのです。

この拒否する側とされた側の感情レベルの大きな違いが、取り返しのつかない事態に発展する可能性があるのです。

 

理解しておかないといけないのは、人間にとって自尊心や承認欲求というのは、もっとも強いレベルの感情だということです。

自らの存在そのものに関わる根源的な欲求であり、その欲求が無い人は存在しません。たとえ、どうしようもない最悪の人格の持ち主であっても、です。

もっとも大切な自らの尊厳(自尊心)を踏みにじられたと感じた人間の心は、必ずその尊厳を取り戻そうとします。

結果、何らかの行動に移らざるを得なくなるのです。自らの尊厳を踏みにじられて、そのまま放置しておくことは人間にはほぼ不可能だということです。

そのとき、人間の心が尊厳を取り戻す方法は、大きく分けて3つあります。

 

1、相手に自分の尊厳を否定したことを取り消してもらう

2、相手を誹謗中傷して自分のバランスを保つ

3、尊厳の否定に耐え切れず、自分の存在そのものを消す

 

のいずれかです。(3は厳密には尊厳を取り戻せていませんが、尊厳を全否定されたことで「心が何らかの行動をとってバランスを取ろうとしても自尊心を取り戻せず、最悪の結果を導いた」という意味では、本質的に同じです。)

私のような自分に非が無いか自省でき、非がある場合は謝罪もできるジェントルマンなら1を選びます。

実際、私は受信拒否をされたことがわかったあと、ショックを受けましたがかなり反省し、彼女に別ルートで連絡を取って謝罪しました。その後すぐに関係は修復しましたヾ(´▽`)ノ。

今思えば、彼女への謝罪の気持ちはもちろんありましたが、それ以上に、全否定された自分の自尊心を取り戻そうとしていたのだと感じます。

 

一方で、2のように、存在を否定されたときに「相手を誹謗中傷する」方法を選ぶ人がいます。

自分の存在を下に落とされたので、相手も落とすことでバランスを取るわけです。非常にゆがんだ心理ですが、人間は自分の自尊心が一番大事ですから、相対的に相手を落とすことでバランスを保つのはある意味で仕方ないかもしれません。(ネットでよくバトルをしている人たちがいますが、あれもたいがい根本の動機はそれでしょう)

 

通常はこのあたりまでなのですが、「自己コントロール力」や「常識」や「相手を配慮する心」が著しく欠落している人間は、これくらいではすまない場合があるのです。

 

本質的には「自尊心を取り戻す」という同じ意味の行動をするわけですが、その“手段”が常識を逸脱する危険性があるのです。つまり言葉による誹謗中傷ぐらいでは終わらずに、それを“相手に危害を加える行動”にまで移してしまうということ。

その場合、よくてストーカー、最悪は「相手の存在を消すことで、自分の自尊心のバランスを保つ」というパターンになります。

 

そういえば、以前ある作家のファンの女性がストーカーになってしまった事件があったのですが、彼女が更正したあとのインタビューで、「ストーカーが悪いことだとわかっているのに、相手の家まで行ったり、いろいろ嫌がらせをしてしまった」と反省しながら話していました。

どう見ても普通の女性でしたが、その彼女がストーカーになったきっかけが、「作家宛てに送ったファンレターが度を過ぎていたため、郵送で送り返されてきた瞬間」からだったというのです。

作家の男性はそこまでのつもりは無かったのでしょうが、彼女からすれば好意のある相手からファンレターを返されたのは、自分の存在の全否定と同じだったのでしょう。結果、彼女の自尊心は自らの尊厳を取り戻すために“行動に移らざるを得なくなった”のです。

 

ストーカー行為は、専門医によると脳の本能的な部分から生み出されるようで、クスリの中毒患者と同じで、理性で止めたいと思っても止められなくなります。

つまり、好きな作家からファンレターを返送されて自分の存在を全否定されてしまったその瞬間から、彼女の心(脳)は自尊心を取り戻すために“ストーカーせざるを得なくなってしまった”のです。上の3パターンでいうと、1と2の間くらいの心理状態でしょう。

私にはその女性ストーカーの心理が非常によくわかるのです。上で私に対して受信拒否をした彼女に「別のルートで連絡をとって謝罪した」と書きましたが、もし仮にその「別のルート」を持っていなかったらどうなっていたか?

まず間違いなく、どんな手段を使ってでも彼女に連絡を取ろうとしていたのは確実ですし、通信手段が無い場合は、彼女の家の前で待ち伏せしてでも謝罪をしようとしたはずです。

それくらいに、好意のある相手からの受信拒否というのは、精神が崩壊しそうになるほどの耐えられない絶望感なのです。私の場合は、手段が「謝罪」なのでなんとか理性を保っているといえますが、そこまでの自己コントロールが出来ない人間は“ストーカーにならざるをえない”という流れになります。

 

繰り返しますが、人間にとってそれほどまでに自尊心は最重要の位置を占めており、それを全否定されたとなると必ず何らかの手段で自尊心を取り戻さずにはいられなくなるのです。この人間の心のメカニズムをよくよく理解しておく必要があります。ブロックするという行為は、ブロックする側の想像をはるかに上回る絶望感とすさまじいショックを相手に与えてしまい、必ず相手に何らかの行動を取らせてしまうということを。

 

もうおわかりだと思いますが、その最悪のパターンが今回の事件でした。

 

つまり「ツイッターをブロックした」のが、最悪の事態を招いてしまった今回の刺傷事件の真相だったということです。

しかし私が見た限り「ブロックすることの恐ろしさ」をどこもしっかり報じていません。

報道では「容疑者の人格が異常」とか「おかしな奴は必ずいるからファンとの距離を考えるべき」とか「ブロックが事件の引き金になった」というくらいの見解が大半のようですが、私は「ブロックが本事件の原因のほぼすべて」だと思っています。

逆にいえば、ブロックさえしなければ、今回の刺傷事件は起こらなかった可能性が非常に高いのです。少なくとも私はそう感じました。(プレゼントも返送されたようですが本質的にはそれもブロックと同じ)

では彼女はどう対応すれば良かったのかについては、正直そこまでははっきりわかりません。ただ間違いなく言えるのは、逆説的ですが「危ないと感じる相手ほど、絶対にブロック(受信拒否・着信拒否)はしてはいけない」ということです。これだけは間違いないです。その前提の上で、別の対処法を考える必要があります。

 

冗談抜きでこのブログ・メルマガはたくさんの女性が読まれていますし、まあ男性にしても同じですが、とにかくそれほど自分に好意を持っている相手をブロック(受信拒否・着信拒否・物を返送)するというのは危険な行為にあたりますので、ぜひ今後のためにも覚えておいてほしいと思います。

それではまた。

 

追記

冒頭で「メディアでは報じていない」と書きましたが、今少し調べてみたら一人だけ私と同じ見解の方がいました。ストーカー対策のNPO法人の方のようです。

読んでみたら私の上記の見解と基本の部分では完全に同じでした。同じ見解を発信されている方はおそらくこの方だけだと思われますが、やはりプロの目から見ても今回の記事の内容は間違いないようです。

私には書けなかった対策の部分にまで話が及んでいましたので、以下に参考までに転載しておきます。本文と合わせてご覧頂くとより理解が深まると思います(下線部は中西にて追加)。

 

「ツイッターのブロックや着信拒否をするのは危険」ストーカー相談の専門家に聞く / NPOヒューマニティの小早川明子さんの意見(弁護士ドットコム)

「ツイッターを読むと、最初は好意があったけども、リプライされなかったり、プレゼントしたのに送り返されたり、ブロックされたりして、どんどん感情が悪化する流れをたどっています。全体として、加害者心理がどうなっているのかを眺めないといけません

つまり、加害者の心理的危険度を測ることが重要です。行為だけみれば、違法ではないかもしれないけど、心理的危険度が高いということがよくあります。

――心理的危険度が高いとはどういうことでしょうか?

たとえば、女性にフラれた男性が家に引きこもっていたケースがありました。わたしが家庭訪問したとき、その男性は部屋で布団をかぶってうずくまっていました。布団をはいでみたところ、彼の手首は自傷行為でギザギザになっていた。女性を襲うための凶器も準備されていました。

外から見たら、引きこもっているだけなので、警察は踏み込めません。だけど、彼はすでに殺意を持っていた。その段階まできていたのです。

別のケースでは、交際を申し込んでフラれた男性が、女性に「告白なんかして、申し訳なかった」「不快なことをしてすみません」というメールを送った。ふつうはそれでおしまいだけど、半年にわたって「許してください」という内容のメールを送りつづけたのです。

つまり、謝りつづけるというストーキングです。被害者も自分がどれくらい危険なのかわからない。しかし、ある日、女性が家に帰ったら、男性が彼女を襲おうと侵入していたのです。

●窓口を開けることが大事

――今回の事件で、ツイッターのブロックやプレゼントの送り返しは、加害者の感情を逆なでさせてしまったのでしょうか?

決定的だったのは、ツイッターのブロックだと思います。加害者はその前に「なぜブロックしないのか」という内容の書き込みをしています。あれは、「ブロックされたくない」という心理のあらわれでしょう。ブロックされるのが恐いんです。ところが、本当にブロックされて、絶望的になったんだと思います。

一般的にいっても、ストーカーに対して着信拒否やブロックをしてはダメです。着信拒否するなら、その前に別の連絡窓口を作っておいたり、ツイッターをブロックするならツイッターそのものをやめないといけない

他の人にはリプライしているのに加害者だけを無視している状況でした。書き込み内容からして仕方ないのですが、加害者からすれば、どんどんストレスがたまっていく状況。ブロックは良くなかったと思います。

――プレゼントについては?

プレゼントも渡されたときに、受けとらないでほしかったです。そうでなければ、送り返すときがチャンスだったと思います。可能であれば、彼女ではなく、誰か別の人が、直接プレゼントを返す。その際に注意をするという方法です。

「贈り物はいただかないことにしています。でも、あなたがあまりに熱心なのでいったん預かりました。が、そのあとあなたからの返信の要求や感謝が足らないなどの苦情が強くなってしまい、彼女も実はずっと苦しんでいるのです。プレゼントはお返しいたしますが、これは悪意ではありません」と説明してあげたら、自分は歯牙にもかけられていないという渇望感が少しは癒えるし、本当は好きなのだから反省も期待できます。

いずれにせよ、窓口を開けるというのは非常に大事です。プレゼントだけ送り返したら、「迷惑だ」「嫌いだ」「眼中にありません」というメッセージのように伝わってしまう。それは、相手を怒らせてしまいます。

ただ、被害者のほとんどは、初めてストーキングを経験する人です。こうした指導・アドバイスできる人が回りにいればよかったと思います。とても残念です。」

 

<関連記事>

SMAP解散の真相がわかりました

 

P.S

別途メールでお知らせしましたが

5/27(金)~29(日)24時までの

52時間限定で、大好評の音声教材

「英語長文ハイスピード攻略法」

のキャンペーン中です。

日曜24時までの短期キャンペーンですので

大学受験生はぜひこの機会に手に入れて
英語を得意科目にしてしまってください。

【全額返金保証付き:5/29(日)24時まで
52時間限定キャンペーン】

>>英語の長文問題を解くスピードを飛躍的にアップさせる秘訣

 

<最近の雑談系記事>

ついに発見!理想の学習ノートはこれだ!

【追悼】河合塾の牧野剛先生「浪人しないで何が人生だ!」

死因2位の“あの病気”のリスクを減らす簡単な方法

 

<真相究明シリーズ>

ベッキー騒動から受験生が学ぶこと

「作業興奮」という用語は存在しないんじゃないか説


感謝!YouTubeに公開2ヵ月で50万回再生&高評価数が23000突破<(_ _)>画期的ノウハウを無料公開中の動画「家で勉強に集中する方法」(2017.7.1~)



もう自習室・図書館・カフェに通わなくていい!5時~24時まで使い放題!日本初!いつでも家で勉強に集中できる「オンライン自習室」



ブログのカテゴリ一覧へ

P.S
私が以前直接指導をしていて、現役で日本最難関の東大理3に合格したY君の勉強法を無料レポートにまとめました。詳細はこちら


集中力アップ、記憶力アップ、ベストコンディション、健康、長寿、若さ・・・すべてが手に入るたった1つの方法

o0220031112672482537

「ある1つのこと」だけ実践すれば、勉強の集中力アップと記憶力アップが同時に実現し、体調も良くなる科学的に認められた方法があります。受験をひかえた人には本番の点数にダイレクトに響くほど効果がありますし、受験後にもずっと使えるので一生モノの役に立つテクニックです。※公開1週間で900名以上の受験生にダウンロードして頂きました(感謝!)
 
 

  “効果的なBGM”を使えば、勉強に長時間集中できる!



勉強の集中力を長時間持続させるコツは、効果的なBGMを利用することです。とくに「f分の1のゆらぎ」という性質を持つ自然音(波の音、小鳥のさえずり、風の音など)やクラシックを聴くと、脳内でα波が出てリラックスしながら勉強に集中できるようになります。今回はそんな「f分の1のゆらぎ」を持つ音の中でも、とくに人気が高いあるBGMをお届けします。私自身もこの数年間毎日これを聴いていて、集中したい時には欠かせない音源です。


アクセスの多い人気記事一覧
部屋を暗くする「映画館効果」で集中する
必見!英語長文を倍速で読むマル秘テク
要領がスーパー良くなる心理法則を発見
全受験生必聴の「試験本番」で使える裏技
「儲かる資格」をついに見つけました
ついに発見!勉強に最適な間食はコレだ!
「好きなことで生きていく!」を徹底検証
ヘタすぎる「休日のすごし方」をする受験生
「精神的な弱さ」を改善しようとしても無駄
「インプットの効率」を究極に高める秘訣
9時間睡眠に1ヶ月チャレンジした結果
「今から間に合いますか?」が愚問すぎる件
決着!机は綺麗がいいVS乱雑がいい論争
自分のタイプ別の効果的な暗記法(具体例)
今すぐ1冊の参考書に絞り込めない人の末路
E判定から一発逆転する人の勉強法
自習室でも声を出して暗唱できる裏ワザ
最強の健康法~半身浴のすごいメカニズム~
警告!「塾・予備校」の落とし穴に注意
スマホが人生を崩壊させる理由とその対策
「偏差値真理教」に洗脳される人たち
集中力と記憶力を一緒にアップさせる秘訣
なぜ、あの人はいつも勉強が楽しそうなのか
「授業の復習」のベストタイミングはいつ?
試験前日~当日の「食事と睡眠」のとり方
専門家としてトップ1%になる秘訣
必ず全員見てほしい衝撃の大傑作映画
センター試験対策のテクニック特集!

◎勉強の集中力をもっとアップさせたい
集中力と記憶力をまとめてアップさせる秘訣
合格したいなら「整理整頓」を甘く見るな!
規則正しい生活が命!集中力がUPする時間術
最強のBGMで集中する方法~自宅学習編~

自習室・図書館で集中できなくなる理由
自習室・図書館を休日に賢く利用する方法
家では絶対勉強するな!?
「継続力」が「集中力」に超影響する理由
「もうひと踏ん張り」のスイッチの入れ方
いいイスを使えると人生が変わる理由
「意志の弱さ」より「想像力の弱さ」が犯人
脳が作り出した「解釈」で現実を変える方法
整理整頓が集中力にものすごく影響するワケ
「1日の勉強の終わり方」がうまい人とは?
ショック療法でスマホ依存から脱出するコツ
訃報+意外と知られてないストレス解消法
禁欲をラクに成功させる秘訣~禁テレビ編~
1日1回、受験生に必ずやってほしい行為
30秒で勉強の集中力をアップさせる裏ワザ
勉強中の“あの欲望”に注意すべき理由
正午までに1日の勝負がほぼ決まる理由
東大教授に学ぶ快適な部屋にする方法
勉強で「効率よく気分転換する」ルール
睡眠不足は超ダサいと言い切れる理由
自宅で1日中勉強する時の注意点
夜寝る前には禁止の「至福の快楽」とは?
苦労せずに勉強を習慣化するコツ
勉強のマンネリ感を打破するストレス解消法
受験生が禁欲を成功させるコツ
勉強で蓄積したストレスの解消法
お菓子でストレス解消する方法
うまく仮眠すれば、勉強に長時間集中できる
「昼食は12時台」という常識を捨てろ!
フロ論。~勉強に集中できるお風呂に入る3つのタイミング~
ガム論。~噛むと集中できるガムの秘密~
音楽論。~「受験生の音楽鑑賞」はアリか~
恋愛論。~「受験生の恋愛」はアリか~
読書論。~「受験生の読書」はアリなのか~
孤独論。~受験生の「孤独」のメリット~
競争論。~まだ他人と「競争」してるの?~
たまご論~「卵は1日1個まで」のウソ~
牛乳論。~「牛乳」は本当に健康飲料か?~
がん論~がんになった人の共通点~
夏期講習論~天王山で失敗するパターン~
蓄積論。~高1~高2の蓄積を考えてみた~
メモ論~メモは取るべきか~
ニュース「ちょっとした工夫の偉大さ」
睡眠を削るのは「努力」ではなく「怠け」
夜の空腹感を解消する9つの方法
楽しく勉強できるTodoの作り方~弱者編~
合格したいなら志望校を周りに言いふらせ!
「月曜の辛い朝」を30%起きやすくする方法
試験直前にチョコを食べて脳をフル回転!
1番ベタで効果的な集中力アップ法(前編)
6秒でやる気を復活させる方法
受験生は顔つきに注意しろ!
なぜ「切り替え」はツライのか?
自宅で5分で完全リフレッシュする方法
好きな異性の写真で集中力をUPさせる裏技


◎勉強法の悩みを解決したい
1週間に100時間勉強する方法(実話)
最強の暗記ノウハウを教えます
最も効率的な「1回目の復習」のタイミング
受験生は「インプットのやりすぎ」に注意!
私が早稲田に合格できた最大の理由
いまE判定でも合格できる理由
完璧に暗記するならカードがベスト
勉強の“継続力”を圧倒的にアップさせる方法
モタモタするな!すぐに復習しろ!
「勉強法の勉強」にひそむ危険な落とし穴
【実話】勉強法マニアVS勉強法否定派
受験勉強でスランプに落ちるメカニズム
暗記効率が倍増「ラーニングピラミッド」
勉強法対決!インプットvsアウトプット
勉強好きな人がハマる落とし穴
成績が伸びる人、伸びない人の最大の違い
私がやっていた「英語の長文読解」の勉強法
知らないと損する悲観的な勉強法
一気に終わらせた方がいい勉強の3条件
どんな分野でも確実に暗記する方法
「音読パワー」を利用して成績をUPさせる
さっさと「勉強法の勉強」を卒業しろ!
「勉強法の勉強」が終わったら何をすべきか
参考書だけじゃなく、問題集も繰り返せ!
模試ノート作りは「○○」を重視する
模試の結果が悪い時の対処法~マインド編~
私のおすすめ英単語帳はコレ!(後編)
参考書は3回繰り返せ?
警告!「授業」にひそむ落とし穴に注意!
1日を充実させるTodoリストの作り方
わけのわからない「現代文」を攻略するコツ
過去問を2度やることに意味はあるのか?
学年トップの親友がやっていた勉強法
「予習」に時間をかけすぎるな!


◎勉強に役立つ!偉人・天才・有名人の話
松陰・手塚・さんま・ダウンタウンの共通点
村上春樹とスティーブンキングの共通点
アインシュタインとザッカーバーグの共通点
明石家さんま・浦沢直樹・三谷幸喜の共通点
タモリに学べ!徹夜でも集中できるコツ
エジソンは少食パワーで発明王になった
あの漫画家が1億冊を売った本当の理由
あの人が20歳も若く見える秘密
180巻まで継続する秘訣
1日10時間寝る漫画家 1日16時間寝てる男
アホな「尊師」にも天才の「孫氏」にもなれる脳のすごいカラクリ
イチローの4000本安打から学ぶこと
勉強に集中できるスポットを探せ!
東大の有名人たちの熱い勉強時間
織田信長に学ぶ受験勉強のコツ
孫子に学ぶ「勉強法の勉強」の勉強計画
悟空をマネして10秒でやる気を出す方法


◎直前期~試験当日までの勉強法
試験の問題を解くスピードを上げる秘訣
英語の長文問題を短時間で解く方法
受験当日の休憩時間に必ずやるべき作業
「あと少しで解けそうな問題」への対処法
試験本番の緊張感を抑える裏ワザ

「次の本文を読んで設問に答えなさい」?
勉強の集中力がアップする魔法のBGM
集中力×記憶力を同時に手に入れるコツ
試験会場に出現する“魔物”を退治する方法
※上記は当会の無料プレゼント・教材関連の記事が含まれます。


◎受験の不安・焦りを解消したい
最高のセルフイメージを手に入れる方法
受験勉強が辛いときに役立つ「2つの法則」
「焦り」で勉強に集中できない時の処方箋
今E判定でも、受験本番で自信を持てる方法
感動!無料メール講座「みんなの熱い言葉」
勉強がメチャクチャ楽しくなってしまう方法
「本番に間に合わない!」と感じたら
完璧主義だから受験への不安が消えない
不安感の正体は「ワクワク感」だった
気分が落ち込んだ受験生は読んで下さい
“本物の自信”をつける唯一の方法
受験の運命を好転させる思考テクニック
あと1ヶ月でどこまで実力が伸びるのか?
受験生なのにやる気が出ない理由

◎自分の将来についてもっと考えたい
勉強しない人の怖しい末路を教えます
テレビを観てはいけない本当の理由
「消費税の再増税」がもたらす大学受験生の恐るべき近未来
「何の専門家になるか」の決断力がいる時代
夢も持たないで受験勉強をしていいのか?
失敗しようがない志望校の正しい決め方
大学選びで絶対に失敗しないための黄金法則
タダで大学を卒業させる方法
SMAP解散の真相がわかりました

◎勉強計画を確実に実行したい
「ネット+参考書学習」が最強になる理由
勉強計画をネットにさらして合格する方法

1日10時間の勉強が当たり前になった理由
学習状況を確認して勉強量を最大化する

「ネットのつながり」でも仲間はできる理由

「他人のTodoリスト」を見て集中する方法

TodoリストをWebに公開して集中する方法

コーチングで受験勉強が楽しくなる理由

勉強計画を達成できる人、できない人

「仲間がいる環境」がやる気を引き出す

「受験勉強の本質」を見抜いた人が勝つ

「100%やりきった感」に満ちた生活を送れ

なぜ1日10時間も勉強をすべきなのか

専属コーチが能力を限界まで引き出す

コーチに監視されると勉強量が増える理由

「モチベーション」に左右されない勉強法

「超恥ずかしい!」を利用してやる気を出す
「合格後の明確なイメージ」がある人が最強

ダイエットを成功させた秘訣

最短コースで合格するために不可欠な作業

祝!元OCP生から弁護士&作家さん誕生!

私が今めちゃくちゃ幸せを感じる理由

大阪大学に合格したI君の座右の銘

【近況報告】ダメ受験生は2年後こうなった
受験生が「週末」にしなければならない2つ

勉強効率が上がる「今月の目標」の作り方

不合格になる受験生たちの悪い習慣

不合格体験記~挫折が挫折で無くなる理由~

受験生活の“最大の敵”を攻略する方法

私たちが「再び」OCPに参加する理由

私たちがOCPに参加する理由


超・大好評!日刊メルマガ「勉強の集中力が10倍アップする秘訣」(無料)
本ブログから登録の読者数9000名&連続配信が700日突破!勉強の集中テクニックの最新情報や、中西が日ごろの研究、受験コーチング、各種プログラムの受験生との交流、メルマガ・ブログの読者さんからの情報提供などを通して発見した「目からウロコの勉強の集中術」を、1~2分で読めるコンパクトで楽しい文章にまとめて毎日20時に配信中です(土日祝も配信中)。今まであなたが見たことがないクオリティのメルマガをお届けします。信じるか信じないかは、あなた次第!
メールアドレス       


このブログには現在1800記事以上が公開されています。受験生が抱えるほとんどの問題解決策が書かれていますので、受験勉強で何かお悩みがある人は上記リンク集とともにブログ内の「検索窓」(スマホは画面下、PCは画面右にあります)であなたのお悩みのキーワードを検索してみてください。きっと解決策or解決のヒントとなる有益な情報が見つかるはずです。


上の画像をクリックするとYouTubeの2時間セミナー(無料)に飛びます(公開日2017.7.1)

関連記事

カテゴリー

2017年9月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
ページ上部へ戻る