疑惑浮上!「作業興奮」という用語は存在しないんじゃないか説

    
家で集中できる画期的な方法を期間限定で公開中!上の画像よりYouTubeをご覧頂けます。

今回の本文はこの下からご覧頂けます。
日本初のオンライン自習室を開始 詳細
自習室会員が累計400名突破!詳細
8年目突入、全1900記事を公開中
公式メルマガ読者数が25,000名を突破
毎日20時にメルマガ配信中(1000日達成!)
アクセスが月間25万PVになりました
読者さん100人から届いたブログのご感想
早稲田集中力研究会代表の中西のプロフ

アクセスの多い人気記事
1週間に100時間勉強する方法(実話)
必見!授業は「情報カード」に直接書くと凄いことになる(実例付き)
このブログから1000台以上売れている椅子
あっさり勉強机に向かって集中できる方法
私が学年で1番になった脳のだまし方
好きな異性の写真で集中力をUPさせる裏技
テレビを観てはいけない本当の理由
「午前2時起き」で東大へ行った双子の兄弟

 

こんにちは、中西です。

 

今回は、急遽予定を変更してお送りします。

 

以下の事情で、配信予定の内容を変更せざるを得なくなりました。ハードル低めで読んでもらえると助かります。。

 

本当は今回、別のテーマでメルマガを配信する予定だったのですが、そのリサーチ中に個人的にそのテーマについての“とんでもない疑惑”が浮上してしまったからです。。

 

何の話かというと、よく「人間は物事をやり出すと、どんどんやる気が出てくる」というメカニズムを解説する文脈で「作業興奮」という非常に有名な言葉が使われることがあります。読者さんでご存知の方も多いかと思いますし、私も以前何回か解説で使ったこともある言葉です。

 

が、結論から言ってしまうと、この「作業興奮」という言葉が、正式な用語として存在していない可能性が浮上したのです。

 

「正式な用語ではない」ということは、つまり飲み屋かどっかで、誰かが

「なんかさ、掃除とか勉強とか、とりあえずやり出したら、どんどんやる気出てくるやん?これを作業中に興奮していくって意味で『作業興奮』て呼ぶのってどう思う?」

「おーいいね。作業興奮。まるで心理学用語みたいでかっこいいじゃん」

「ほんま?オレ、ネーミングセンス抜群やん。コピーライターになれるかも。えへへ」

・・・てな感じで

「どこかの誰かが、思いつきで適当に付けたネーミング」

である可能性があるということです(;゚ロ゚)

 

いや、たしかに世の中には「造語」というものがありますから、別に誰かが作った新しい造語という存在自体を否定しているわけではないんですよ。私自身も伝えたいことをわかりやすく解説するため、また自分が考案したノウハウを覚えてもらいやすくするために、これまでたくさんの造語を作っています。だから、造語自体は否定しないのです。

が、もしも一般人が思いつきで考えた造語が、まるで「世界的に有名な学者が提唱した正式な学術用語」かのごとく世間的に広く流布しているなら、これはかなり問題だと思うのです。

 

実は、「作業興奮」の作用を説明する際に、よく言われるのが「心理学者のクレペリンが提唱した(発見した)もの」という話です。この話、私は今まで何度聞いたかわからないくらいです。

たとえば、著書も多数ある某有名な精神科医の方も、そのように提唱者クレペリンの説明をした上で「作業興奮」について解説されていますし、ベストセラーを多数お持ちの別の精神科医の方も、著書の中で「作業興奮」という正式な用語があるような前提で、この作用がもたらす効果の説明をされていました。

ある有名出版社から出ている勉強法系の本では、「(作業興奮は)心理学者のクレペリンが発見したもので、心理学の世界ではポピュラーな原理です」とまで書かれています。

非常に著名な某脳研究者の大学教授の方は、「心理学用語では『作業興奮』という」との発言をされています。

 

・・・ここまでそろったら、普通はこの用語が正式なものかどうかなんて疑わないと思います。

これだけのそうそうたる権威ある方々が、皆さん書籍でおっしゃっているのですから、どう見たって正式な用語にしか思えませんし、実際書籍はもちろん日本中の無数のサイトでそのように語られています。

 

この「作業興奮」というワードを私がブログで初めて紹介したのは、たしか5年前だったと思うのですが、私はその時点ですでに多くの書籍から「作業興奮」という言葉とその作用を学んでいました。権威のある方も含め、複数の様々な専門家の方々が書籍でおっしゃっていたので、もう疑うことなく正式な学術用語だと思い込んでいたのです(今でもそう思いたい・・・)。実際、上記の通り学術用語のごとく説明している専門家の方が多数いらっしゃいましたので、それを信用しておりました。今でも半分は信用しています。

 

・・・でも、最近は権威ある方や著名人やマスコミが書いている内容でも、基本的にまんま信じないようにしています。この数年で数え切れないほど、権威ある信用できそうな専門家・組織からの発信情報が間違っている(or信用できない)と判明したことが何度も何度もあったので。

ある時期から情報を読むときに「この話は正式なデータや論文や実験などに基づく、根拠のあるところから出ている話か?」を必ず確認するようになりました。

 

もちろん、あらかじめその人自身の「個人的体験談として」という前提で書かれているならそれでいいのですが、「ただの一個人の体験談でしかない話」や「なんとなくの感覚」や「一般的に言われているから」といった内容のものを、根拠も不明瞭なまま、それがまるで確定した事実であるかのように書く人が非常に多いので、ある時期から注意してインプットやアウトプットの際は、情報の根拠をチェックするようになったのです。(とくに自分から情報を発信するアウトプットのとき)

 

そんなわけで、用語や話の内容には出来るだけ裏を取るようにしているので、これも一応調べてみたわけです。とはいえ「作業興奮」はあまりにも有名なので、調べるというより、「念のため確認する」という程度でしたが。

 

今回は、あるテーマでメルマガの原稿を執筆している最中だったのですが、まあ念のため、この「作業興奮」の用語の意味や成り立ち、提唱者の背景を確認しておこうと思って調べてみたのです。しかし、どこにも正式な用語として出てこない・・・(゚o゚;)。

 

それどころか、用語の存在そのものが怪しくなってきて、調べれば調べるほど「心理学者のクレペリンが提唱(発見)」という部分まで、かなり“盛った話”ではないかと考えざるを得なくなっていきました。・・・・そんな、まさかと。。

 

19世紀~20世紀初頭にドイツの「精神科医」のエミール・クレペリンという人物は存在していますが、彼がいわゆる「作業興奮」にあたる研究・発見をしたというデータはどこにもありません(私が調べた限り)。

また、そもそも「作業興奮」は彼の造語のように書籍・ネット問わずあちこちで一般的に語られていますが、彼がこの言葉を作った根拠となるデータもどこにも見当たりません。

 

たしかに彼は、100年ほど前に「作業曲線」と呼ばれる作業量と時間に関する研究を行ってはいます。

またそのクレペリンの作業曲線をもとに、日本人の内田勇三郎が開発した「内田クレペリン精神検査」という、就職試験などで過去60年間に5000万人が受けたという性格や適性を診断する有名な検査もあるのですが、その内容を見てもいわゆる「作業興奮」に該当する言葉は見当たりません。

 

クレペリンは、研究の結果、作業においては5つの因子(「意志緊張」「興奮」「慣れ」「疲労」「練習」)が影響を及ぼしていると考えたようですが、この5つの中で「興奮」という因子の話が唯一、いわゆる作業興奮のことを指している可能性が高そうです。

そこで調べてみると、この作業に影響を及ぼす「興奮」というのは、「同じ作業を遂行するにつれて見られる没頭状態」のことを指しているとのことでした。先の内田クレペリン検査でも、このクレペリンの「興奮」という因子を参考にして、「興奮の上昇量」という基準を作って性格・適性検査を行っています。

 

しかしながらこのクレペリンの作業曲線は、信頼性がかなり怪しいようなのです。

たとえば「作業曲線の信頼性が乏しいという欠点があり、解釈は控え目に行う必要があります」(臨床心理士試験対策心理学標準テキスト指定大学院入試対応版著者: 徳田英次)といった話や、心理学者の村上宣寛氏はこの内田クレペリン検査について、「同じ個人でもそのときの状況や体調によって統計学的に無視できない大きな誤差が作業曲線に表れることから、同検査には、ほとんど意味がない」という見解を示しています。

 

つまり、識者の意見には、前世紀初頭(100年ほど前)のクレペリンの作業曲線自体がどこまで信用できるかわからないレベルの研究結果という見解を示している人も少なくないようなのです。そうなると作業に影響を与える「興奮」という因子の信頼性までもが必然的に怪しくなってきます。

といいますか、そもそも「作業興奮」という用語自体が、一体いつどこで誕生した言葉なのかは、この時点ではまだ謎のままです。

少なくとも私が調べた限り、クレペリンはそのような用語を発案・提唱したわけではないといえそうです。クレペリンはあくまで「作業曲線」というものを研究し、その中で作業に影響を与える因子の1つとして「興奮」(「同じ作業を遂行するにつれて見られる没頭状態」)という基準を設定していただけのようです。

 

たしかにこの「興奮」の定義が「同じ作業を遂行するにつれて見られる没頭状態」ということですので、いわゆる作業興奮の話に非常に近いといえます。

しかし、クレペリンはあくまで作業曲線を表すときに用いる指標の1つに、この「興奮」という因子の影響を考慮して入れているだけで、これが果たしてそのまま「(いわゆる)作業興奮はクレペリンが発見(提唱)した作用」という話に結びつくのかどうかは疑問です。

作業曲線の研究以前に、彼が「興奮」という因子を研究していて、その定義が現在世間に流布している「(いわゆる)作業興奮」の作用と同じ内容で、かつ、その「興奮」因子の存在を彼自身が研究で突き止めたのであれば、話の信憑性は高まります。

が、本当に彼が「興奮」因子の存在を突き止めたのか、またその「興奮」因子はいわゆる作業興奮の定義と同じものなのかどうかについては、私のリサーチ能力ではわかりませんでした。いかんせん100年前の研究というのもありますが(誰かご存知の方、教えて下さい<(_ _)>)

 

もしこの「クレペリンが作業曲線の研究において、作業における複数の因子の影響を考慮した。その中の1つに「興奮」という因子があった」という部分から、「クレペリンが作業興奮を提唱した」という話になり、現在日本中で使われている「作業興奮」という用語が生まれたのだとしたら、もとの作業曲線の信用性の問題もありますが、それ以上に、この用語の語源そのものに、私は少し話の飛躍があるように感じて仕方がありません。

 

これは私のただの勘なのですが、もしかすると上記のクレペリンの研究をかなり大雑把に誰かが解釈して、本か何かで個人的な造語として「作業興奮」という用語を思いつきで一度使用した経緯があり、それがワードの響きとしてもワードの内容的にも面白かったので、一気に学術用語かのごとく認知されて、世間に広まってしまったのではないでしょうか。

いわゆるスラング(俗語)といってもいいのかもしれません。もしただのスラングが、学術用語かのごとく広まっているのだとしたら、これは問題ではないかと思います。

 

現時点ではまだ私の中でこの「(いわゆる)作業興奮」にまつわる話について、少なくとも以下の疑義が残っています。

 

1、「作業興奮」という言葉(概念)は、いつ誰が考案した言葉なのか。
2、「作業興奮」という言葉は、本当に正式な心理学用語(学術用語)なのか。
3、「作業興奮」という言葉は、本当に「心理学者クレペリン」が考案したものなのか。
4、精神科医のクレペリンは「心理学者」に該当するのか。
5、クレペリンが作業曲線の研究で「興奮」という因子の影響を考慮したことが、そのまま「作業興奮はクレペリンが発見(提唱)した」ことになるのかどうか。

 

このブログ・メルマガの読者さんには実は様々な専門家の方や、専門的な深い知識をお持ちの方も多いので、ぜひ以上の私の疑問に対する回答をお持ちの方は教えていただけると幸いです<(_ _)>

※上の私の疑問に対するご意見・ご教授をいただける方は、こちらのフォームからお願い致します。

 

というわけで、長くなりましたが、結論的には、現時点で私の中では「作業興奮」という言葉は信頼性が低い、いわば“都市伝説”に近い言葉になりつつあります。私はむしろ、ちゃんとこの言葉が存在してほしいと思っているのですが、今のところどうも都市伝説的なワードの臭いがプンプンしております。

(過去、この手の「世間一般に広く知れ渡っているけど根拠が全くない都市伝説だった(もしくはその疑いが濃厚)」と発覚した言葉・言説が何度もあったので(「人間の集中力の持続時間は90分」とか「起きてから3時間は頭がしっかり働きません」とか「コレステロールは体に悪い」とか「1日3食バランスよく食べましょう」とか「牛乳は体にいい健康飲料」とか)、今回も直感的になんとなく過去のパターンと同じ臭いがするのです。。)

 

ただ、「作業興奮」が都市伝説かどうかの真相はともかく、実は私は別の理由でこの言葉の意味する作用自体は確かに存在していると思っていて、それについては、近日メルマガで書く予定です(それが今日、本当に書く予定のネタだったのですが。。。)

どなたか詳しい読者さん、マジで教えて下さい。もうこのワードの信憑性についてこれ以上調べるのはホトホト疲れましたので 。・゚・(ノД`)・゚・。

 

ただ疲れはしましたが、一つだけ良かった点があるとしたら、おそらく私は今、日本で一番「作業興奮」という用語について詳しく語れる人間になれたという点です(笑)。

「作業興奮」というワードをここまで徹底的に調べている人物はいないはずです。作業興奮のことなら私にお任せ下さいヽ(´▽`)ノ(よくわからん)

 

以上、今回は「作業興奮」という用語の存在そのものが怪しいんじゃないか説でした。

 

※新たな情報が入り次第、追記して行きます。

 

○作業興奮では解決しない状態からの脱出テクニックの記事

やる気ダウンはその方法では解決しない

あっさり勉強机に向かえる方法

 

 

参考:
内田・クレペリン作業曲線の分解と合成 因子分析と因子得点判定法
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jjpsy1926/45/2/45_2_73/_article/references/-char/ja/
株式会社 日本・精神技術研究所 内田クレペリン検査の歴史
https://www.nsgk.co.jp/sv/kensa/kraepelin/whatis/history.html
臨床心理士試験対策心理学標準テキスト指定大学院入試対応版 著者: 徳田英次
『「心理テスト」はウソでした。 受けたみんなが馬鹿を見た 』村上 宣寛 著、日経BP社
「心理学を知る事典」和田秀樹 日本実業出版社
心理学事典のブログ「内田・クレペリン精神作業検査 」
http://digitalword.seesaa.net/article/18275487.html
アットランダム「内田クレペリン検査…/ 長谷川式簡易知能評価スケール(HDS)..」
http://blogs.yahoo.co.jp/crazy_tombo/45961711.html
ウィキペディア「内田クレペリン精神検査」「エミール・クレペリン」「作業曲線」

感謝!YouTubeに公開3ヵ月で70万回再生&高評価数が28000突破<(_ _)>画期的ノウハウを無料公開中の動画「家で勉強に集中する方法」(2017.7.1~)



もう自習室・図書館・カフェに通わなくていい!5時~24時まで使い放題!日本初!いつでも家で勉強に集中できる「オンライン自習室」



ブログのカテゴリ一覧へ

P.S
私が以前直接指導をしていて、現役で日本最難関の東大理3に合格したY君の勉強法を無料レポートにまとめました。詳細はこちら


集中力アップ、記憶力アップ、ベストコンディション、健康、長寿、若さ・・・すべてが手に入るたった1つの方法

o0220031112672482537

「ある1つのこと」だけ実践すれば、勉強の集中力アップと記憶力アップが同時に実現し、体調も良くなる科学的に認められた方法があります。受験をひかえた人には本番の点数にダイレクトに響くほど効果がありますし、受験後にもずっと使えるので一生モノの役に立つテクニックです。※公開1週間で900名以上の受験生にダウンロードして頂きました(感謝!)
 
 

  “効果的なBGM”を使えば、勉強に長時間集中できる!



勉強の集中力を長時間持続させるコツは、効果的なBGMを利用することです。とくに「f分の1のゆらぎ」という性質を持つ自然音(波の音、小鳥のさえずり、風の音など)やクラシックを聴くと、脳内でα波が出てリラックスしながら勉強に集中できるようになります。今回はそんな「f分の1のゆらぎ」を持つ音の中でも、とくに人気が高いあるBGMをお届けします。私自身もこの数年間毎日これを聴いていて、集中したい時には欠かせない音源です。


アクセスの多い人気記事一覧
部屋を暗くする「映画館効果」で集中する
必見!英語長文を倍速で読むマル秘テク
要領がスーパー良くなる心理法則を発見
全受験生必聴の「試験本番」で使える裏技
「儲かる資格」をついに見つけました
ついに発見!勉強に最適な間食はコレだ!
「好きなことで生きていく!」を徹底検証
ヘタすぎる「休日のすごし方」をする受験生
「精神的な弱さ」を改善しようとしても無駄
「インプットの効率」を究極に高める秘訣
9時間睡眠に1ヶ月チャレンジした結果
「今から間に合いますか?」が愚問すぎる件
決着!机は綺麗がいいVS乱雑がいい論争
自分のタイプ別の効果的な暗記法(具体例)
今すぐ1冊の参考書に絞り込めない人の末路
E判定から一発逆転する人の勉強法
自習室でも声を出して暗唱できる裏ワザ
最強の健康法~半身浴のすごいメカニズム~
警告!「塾・予備校」の落とし穴に注意
スマホが人生を崩壊させる理由とその対策
「偏差値真理教」に洗脳される人たち
集中力と記憶力を一緒にアップさせる秘訣
なぜ、あの人はいつも勉強が楽しそうなのか
「授業の復習」のベストタイミングはいつ?
試験前日~当日の「食事と睡眠」のとり方
専門家としてトップ1%になる秘訣
必ず全員見てほしい衝撃の大傑作映画
センター試験対策のテクニック特集!

◎勉強の集中力をもっとアップさせたい
集中力と記憶力をまとめてアップさせる秘訣
合格したいなら「整理整頓」を甘く見るな!
規則正しい生活が命!集中力がUPする時間術
最強のBGMで集中する方法~自宅学習編~

自習室・図書館で集中できなくなる理由
自習室・図書館を休日に賢く利用する方法
家では絶対勉強するな!?
「継続力」が「集中力」に超影響する理由
「もうひと踏ん張り」のスイッチの入れ方
いいイスを使えると人生が変わる理由
「意志の弱さ」より「想像力の弱さ」が犯人
脳が作り出した「解釈」で現実を変える方法
整理整頓が集中力にものすごく影響するワケ
「1日の勉強の終わり方」がうまい人とは?
ショック療法でスマホ依存から脱出するコツ
訃報+意外と知られてないストレス解消法
禁欲をラクに成功させる秘訣~禁テレビ編~
1日1回、受験生に必ずやってほしい行為
30秒で勉強の集中力をアップさせる裏ワザ
勉強中の“あの欲望”に注意すべき理由
正午までに1日の勝負がほぼ決まる理由
東大教授に学ぶ快適な部屋にする方法
勉強で「効率よく気分転換する」ルール
睡眠不足は超ダサいと言い切れる理由
自宅で1日中勉強する時の注意点
夜寝る前には禁止の「至福の快楽」とは?
苦労せずに勉強を習慣化するコツ
勉強のマンネリ感を打破するストレス解消法
受験生が禁欲を成功させるコツ
勉強で蓄積したストレスの解消法
お菓子でストレス解消する方法
うまく仮眠すれば、勉強に長時間集中できる
「昼食は12時台」という常識を捨てろ!
フロ論。~勉強に集中できるお風呂に入る3つのタイミング~
ガム論。~噛むと集中できるガムの秘密~
音楽論。~「受験生の音楽鑑賞」はアリか~
恋愛論。~「受験生の恋愛」はアリか~
読書論。~「受験生の読書」はアリなのか~
孤独論。~受験生の「孤独」のメリット~
競争論。~まだ他人と「競争」してるの?~
たまご論~「卵は1日1個まで」のウソ~
牛乳論。~「牛乳」は本当に健康飲料か?~
がん論~がんになった人の共通点~
夏期講習論~天王山で失敗するパターン~
蓄積論。~高1~高2の蓄積を考えてみた~
メモ論~メモは取るべきか~
ニュース「ちょっとした工夫の偉大さ」
睡眠を削るのは「努力」ではなく「怠け」
夜の空腹感を解消する9つの方法
楽しく勉強できるTodoの作り方~弱者編~
合格したいなら志望校を周りに言いふらせ!
「月曜の辛い朝」を30%起きやすくする方法
試験直前にチョコを食べて脳をフル回転!
1番ベタで効果的な集中力アップ法(前編)
6秒でやる気を復活させる方法
受験生は顔つきに注意しろ!
なぜ「切り替え」はツライのか?
自宅で5分で完全リフレッシュする方法
好きな異性の写真で集中力をUPさせる裏技


◎勉強法の悩みを解決したい
1週間に100時間勉強する方法(実話)
最強の暗記ノウハウを教えます
最も効率的な「1回目の復習」のタイミング
受験生は「インプットのやりすぎ」に注意!
私が早稲田に合格できた最大の理由
いまE判定でも合格できる理由
完璧に暗記するならカードがベスト
勉強の“継続力”を圧倒的にアップさせる方法
モタモタするな!すぐに復習しろ!
「勉強法の勉強」にひそむ危険な落とし穴
【実話】勉強法マニアVS勉強法否定派
受験勉強でスランプに落ちるメカニズム
暗記効率が倍増「ラーニングピラミッド」
勉強法対決!インプットvsアウトプット
勉強好きな人がハマる落とし穴
成績が伸びる人、伸びない人の最大の違い
私がやっていた「英語の長文読解」の勉強法
知らないと損する悲観的な勉強法
一気に終わらせた方がいい勉強の3条件
どんな分野でも確実に暗記する方法
「音読パワー」を利用して成績をUPさせる
さっさと「勉強法の勉強」を卒業しろ!
「勉強法の勉強」が終わったら何をすべきか
参考書だけじゃなく、問題集も繰り返せ!
模試ノート作りは「○○」を重視する
模試の結果が悪い時の対処法~マインド編~
私のおすすめ英単語帳はコレ!(後編)
参考書は3回繰り返せ?
警告!「授業」にひそむ落とし穴に注意!
1日を充実させるTodoリストの作り方
わけのわからない「現代文」を攻略するコツ
過去問を2度やることに意味はあるのか?
学年トップの親友がやっていた勉強法
「予習」に時間をかけすぎるな!


◎勉強に役立つ!偉人・天才・有名人の話
松陰・手塚・さんま・ダウンタウンの共通点
村上春樹とスティーブンキングの共通点
アインシュタインとザッカーバーグの共通点
明石家さんま・浦沢直樹・三谷幸喜の共通点
タモリに学べ!徹夜でも集中できるコツ
エジソンは少食パワーで発明王になった
あの漫画家が1億冊を売った本当の理由
あの人が20歳も若く見える秘密
180巻まで継続する秘訣
1日10時間寝る漫画家 1日16時間寝てる男
アホな「尊師」にも天才の「孫氏」にもなれる脳のすごいカラクリ
イチローの4000本安打から学ぶこと
勉強に集中できるスポットを探せ!
東大の有名人たちの熱い勉強時間
織田信長に学ぶ受験勉強のコツ
孫子に学ぶ「勉強法の勉強」の勉強計画
悟空をマネして10秒でやる気を出す方法


◎直前期~試験当日までの勉強法
試験の問題を解くスピードを上げる秘訣
英語の長文問題を短時間で解く方法
受験当日の休憩時間に必ずやるべき作業
「あと少しで解けそうな問題」への対処法
試験本番の緊張感を抑える裏ワザ

「次の本文を読んで設問に答えなさい」?
勉強の集中力がアップする魔法のBGM
集中力×記憶力を同時に手に入れるコツ
試験会場に出現する“魔物”を退治する方法
※上記は当会の無料プレゼント・教材関連の記事が含まれます。


◎受験の不安・焦りを解消したい
最高のセルフイメージを手に入れる方法
受験勉強が辛いときに役立つ「2つの法則」
「焦り」で勉強に集中できない時の処方箋
今E判定でも、受験本番で自信を持てる方法
感動!無料メール講座「みんなの熱い言葉」
勉強がメチャクチャ楽しくなってしまう方法
「本番に間に合わない!」と感じたら
完璧主義だから受験への不安が消えない
不安感の正体は「ワクワク感」だった
気分が落ち込んだ受験生は読んで下さい
“本物の自信”をつける唯一の方法
受験の運命を好転させる思考テクニック
あと1ヶ月でどこまで実力が伸びるのか?
受験生なのにやる気が出ない理由

◎自分の将来についてもっと考えたい
勉強しない人の怖しい末路を教えます
テレビを観てはいけない本当の理由
「消費税の再増税」がもたらす大学受験生の恐るべき近未来
「何の専門家になるか」の決断力がいる時代
夢も持たないで受験勉強をしていいのか?
失敗しようがない志望校の正しい決め方
大学選びで絶対に失敗しないための黄金法則
タダで大学を卒業させる方法
SMAP解散の真相がわかりました

◎勉強計画を確実に実行したい
「ネット+参考書学習」が最強になる理由
勉強計画をネットにさらして合格する方法

1日10時間の勉強が当たり前になった理由
学習状況を確認して勉強量を最大化する

「ネットのつながり」でも仲間はできる理由

「他人のTodoリスト」を見て集中する方法

TodoリストをWebに公開して集中する方法

コーチングで受験勉強が楽しくなる理由

勉強計画を達成できる人、できない人

「仲間がいる環境」がやる気を引き出す

「受験勉強の本質」を見抜いた人が勝つ

「100%やりきった感」に満ちた生活を送れ

なぜ1日10時間も勉強をすべきなのか

専属コーチが能力を限界まで引き出す

コーチに監視されると勉強量が増える理由

「モチベーション」に左右されない勉強法

「超恥ずかしい!」を利用してやる気を出す
「合格後の明確なイメージ」がある人が最強

ダイエットを成功させた秘訣

最短コースで合格するために不可欠な作業

祝!元OCP生から弁護士&作家さん誕生!

私が今めちゃくちゃ幸せを感じる理由

大阪大学に合格したI君の座右の銘

【近況報告】ダメ受験生は2年後こうなった
受験生が「週末」にしなければならない2つ

勉強効率が上がる「今月の目標」の作り方

不合格になる受験生たちの悪い習慣

不合格体験記~挫折が挫折で無くなる理由~

受験生活の“最大の敵”を攻略する方法

私たちが「再び」OCPに参加する理由

私たちがOCPに参加する理由


超・大好評!日刊メルマガ「勉強の集中力が10倍アップする秘訣」(無料)
本ブログから登録の読者数9000名&連続配信が700日突破!勉強の集中テクニックの最新情報や、中西が日ごろの研究、受験コーチング、各種プログラムの受験生との交流、メルマガ・ブログの読者さんからの情報提供などを通して発見した「目からウロコの勉強の集中術」を、1~2分で読めるコンパクトで楽しい文章にまとめて毎日20時に配信中です(土日祝も配信中)。今まであなたが見たことがないクオリティのメルマガをお届けします。信じるか信じないかは、あなた次第!
メールアドレス       


このブログには現在1800記事以上が公開されています。受験生が抱えるほとんどの問題解決策が書かれていますので、受験勉強で何かお悩みがある人は上記リンク集とともにブログ内の「検索窓」(スマホは画面下、PCは画面右にあります)であなたのお悩みのキーワードを検索してみてください。きっと解決策or解決のヒントとなる有益な情報が見つかるはずです。


上の画像をクリックするとYouTubeの2時間セミナー(無料)に飛びます(公開日2017.7.1)

関連記事

カテゴリー

2017年10月
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
ページ上部へ戻る