救世主キタ!財務省VS経産省の壮絶な戦いが始まる!


500万再生&高評価11万突破!家で集中できる「目から鱗の画期的な集中法」を期間限定で無料公開中!(上の画像よりYouTubeをご覧頂けます)

今回の本文はこの下からご覧頂けます。
感謝!YouTube動画が500万再生を突破!
公式メルマガ読者数が40,000名を突破
12年目突入、2000記事以上を公開中
毎日20時にメルマガ配信中(2100日連続)
アクセスが月間25万PVになりました
読者さん100人から届いたブログのご感想
早稲田集中力研究会代表の中西のプロフ

アクセスの多い人気記事
必見!授業は「情報カード」に直接書くと凄いことになる(実例付き)
1週間に100時間勉強する方法(実話)
このブログから1000台以上売れている椅子
“最強の間食”をついに発見したよ!
あっさり勉強机に向かって集中できる方法
私が学年で1番になった脳のだまし方
好きな異性の写真で集中力をUPさせる裏技
テレビを観てはいけない本当の理由
「午前2時起き」で東大へ行った双子の兄弟


こんにちは、中西です。

日本が先進国で唯一30年近くも経済が低迷し、貧困層だらけになってしまっている最大の原因は、「緊縮財政」にあります。

緊縮財政とは、簡単に言うと政府が国民にお金を使おうとしない政策です。

日本中で需要不足が起こっているこのデフレの状況で緊縮財政をすると言うのは、

「ありとあらゆる観点から完璧に間違った政策」

だと言う話を、本メルマガでも何年も前から数々の証拠を挙げてずっとし続けてきました。


この愚かすぎる緊縮財政は、2019年10月の絶対にやってはいけなかった消費増税10%によって、この国に致命的な重傷を負わせ(2019年10月から12月のGDPが年率換算で-7.1%に激減)、

その状況でコロナが襲ってきて、とどめを刺される形で日本経済が戦後最大のデフレギャップ(需要不足)に陥ってしまったわけです。

需要不足と言うのはつまりは「国民が商品やサービスを購入しようとしない=お金を使おうとしない状態」なわけですが、

原因は言うまでもなくコロナによる不況と、政府の外出自粛要請です。

今の状況で「お金をどんどん使おう!」と言う気持ちになれる国民などほとんどいないと言うことです。それがデータでも証明されています。

(業界や企業によっては巣ごもり需要をうまく取り込んでいるところもありますが、全体としては低迷している)

結果、非正規(アルバイト・パート・派遣社員など)の方を中心に失業者が激増し、倒産・閉店・休業件数も激増し、自殺者も激増すると言う事態にまで陥っています。


日本がこれほどボロボロになっているのに、アメリカはすでに経済成長が年率で10%になるほど成長し始めています。

アメリカは日本よりもコロナの被害が大きく、一時期は失業率もかなり上がっていたのですが、ここにきて一気に経済が回復しているわけです。

理由は簡単で、トランプ政権とバイデン政権がともに大規模な財政出動を行ったからです。

数百兆円もの単位で国民にお金を配ったわけですが、非常事態に政府がそうやって国民にお金を配ることで、経済を立て直すことができるわけです。

こんなのは少し考えれば小中学生でも理解できる理屈で、国民がお金がなくて困っているときには、通貨発行権を持つ政府が大量に国債を発行して大規模な財政出動を行うことで、

国民側にお金が回ってきて、経済が成長するのです。乾いたお花に水をやるようなもんです。いつまでも水がもらえなければ花は枯れてしまいます。それと全く同じ。


ところがコロナと言う戦後最大の非常事態が襲ってきた状況ですら、

安倍政権・菅政権は財務省に言われるがまま緊縮財政を実行し、国民に全くと言っていいほどお金を配りませんでした。

これほどの非常事態にもかかわらず、政府が国民にお金を配ったのは昨年の特別定額給付金10万円だけです。

これは人口でかけると12兆円になるわけですが、事業者への支援を除くとまともに国民にお金を配ったのはたったこれだけなのです。

貧困層支援も一応形だけやってる体(てい)を繕っていますが、実態としては全く国民は救われていません。

繰り返しますがアメリカを始め他の国では数百兆円も財政出動しているにもかかわらず、日本だけが数十兆円単位の支援しかしていないのです。

当然の結果として、日本だけが情けないことに経済を復活させられないでいる状況です。コロナ発生源の中国ですら経済成長しているのに。


つまりは財務省主導の緊縮財政を過去30年近く+コロナ禍においてさえ続けてしまったせいで、国民がこれほどまで困窮してると言うことです。

したがってこのメルマガで去年から数え切れないほど解説してきたように、とにかく政府が緊縮財政を止め、

国民にお金を回す積極財政に切り替えないといけない状況なのです。

コロナ以前にデフレなのでそれが必須なのですが、ましてコロナで日本経済が激しく低迷しているわけですから、もはや選択肢は政府の大規模な財政出動以外にはありません。


ところがマスコミの経済記者や有名大学の経済学者までもが恐ろしいほど馬鹿すぎるのと、

テレビに出ている経済評論家・エコノミスト・有識者(池上彰など) ・専門外の学者や有名経営者・インフルエンサーたちが全員見事に無知すぎて、

財務省が自分たちの権力を維持するためのプロパガンダ、

「大規模な財政出動すると財政赤字が増え、国の借金が増えて、財政破綻するリスクやハイパーインフレになるリスクが高まる。」

などと言う100%絶対にありえないを大嘘を信じ込んだせいで

(あるいは財政のことを全く理解していない池上彰のような「有識者」のテレビ番組や、慶応大学教授の土居丈朗・小林慶一郎、東京大学名誉教授吉川洋らのように、

「日本の財政赤字には何の問題もない」ことを完璧に理解していながら、財務省と結託して自分の学者としての地位を維持するために国民に嘘をついている人間の屑としか言いようがない学者連中が、メディアで意図的に嘘情報を流してきたせいで)

国民の多くがそれを信じ込んでしまい、今に至るまで緊縮財政が続いている状況なのです。


結果、消費税の増税というデフレ下で絶対やってはいけない愚かすぎる政策を実行してしまいましたし、

財政赤字になったから東日本大震災の後の復興増税のように、「コロナ増税」が必要だ、みたいな話が出てくるのです。

(復興増税も完璧に間違った政策。国債発行でお金を作ればいいだけなので、増税など1ミクロンもする必要がない)

そしてその愚かすぎる緊縮財政のせいで、自殺した人数は京都大学の調査で最低でも14万人から30万人近くに上ることが判明しています。


ところが、この愚かすぎる緊縮財政が、ここにきてついに「全く別の角度」から変わる可能性が出てきました。

「今の日本のボロボロの経済状況の中では、大規模な財政出動こそが絶対的に正しい」

と言うサルでもわかる当たり前のことを、ようやく組織として主張するところが出てきたのです。その組織というのが、

「経済産業省」

です。

▼新たな産業政策、大規模財政支出の必要性も 半導体など念頭=産構審 | ロイター

上記記事から該当する箇所を引用しますと(【 】は中西が追加)


『経済産業相の諮問機関である産業構造審議会は4日、中長期的な産業政策の在り方を議論した。

デジタル・グリーン(環境技術)などの成長分野で米国や中国が政府主導の大規模支援策を打ち出しているのを背景に、低金利・低インフレ環境を活用し、

【 大規模で計画的な財政出動を伴う産業政策の必要性 】

などが指摘された。半導体など競争力維持に巨額投資が不可欠なジャンルの支援が念頭にある。

(中略)

多田官房長は「財政出動がこれまでともすると小規模・単発的で、効果が中途半端であったのも否定できない」と総括した。

【 コロナ禍での需要急減は、日本経済の低成長を恒久化しかねないとの懸念から、財政政策で需要不足を解消する重要性も指摘 】された。

多田官房長は、適切な財政出動を通じて緩やかな物価上昇を実現するとの米国の一部経済学者の議論を引用し、「米国よりも低金利の日本でも当てはまる」とした。』


…経済産業省は、こんな話を国民がこれほどまでに困窮して、死者まで数え切れないほど出ている今頃になって、

よーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーやく、気づいたような頭の悪い官僚だらけのようですが、

本当の意味で「死ぬほど」遅かったとはいえ、これまで30年近くもその重要性を理解できなかったことを考えれば、大きな転換だといえます。

ちなみに経産省が今回の件で出した資料がこちら。

▼経済産業政策の新機軸 ~新たな産業政策への挑戦~
令和3年6月 経済産業省


この資料から一部抜粋しますと、


『中国のみならず、欧米においても、

【国民の生活と安全を確保すべく、大規模な財政支出】を伴う強力な産業政策を展開。

特に、かつては「産業政策」を強く批判していた米国も、大きく転換。アカデミアにおいても、新たな産業政策論が急速に台頭』

…とあり、財政出動がこれまで構造改革アプローチで

「小規模・単発・短期」

だったわけですが(まさに財務省が国民にお金をできるだけ配りたくないパターン。特別定額給付金の10万円も、毎月配れば良いものをたった1回きりだったので、この「単発」「短期」に当てはまります)、

経済産業省の「新機軸」としてなんと

「大規模・長期・計画的」

にするべきと書いているのです。

(この「大規模・長期・計画的」と言うのはまさに昭和の高度成長期に政府が行っていた政策そのものの発想で、この考え方を財務省が30年近くもつぶしていたから日本は貧困化したわけです)


なぜ経済産業省がここにきて突然大規模な財政出動の重要性に目覚めたかと言うと、上記の通り日本の安全保障に関わる半導体を守らなければならないと言う切迫した状況もあったようですが、

何より大きかったのは中国・欧州・アメリカがコロナ禍において大規模な財政出動で経済回復している状況を目の当たりにし、

それを見て、よーー×100ーーやく気づいたと言うことでしょう。(上記の引用部分にもそう書いてありますし)

実に情けないことだと思いますが、日本の経済産業省は中国や欧米が大規模な財政出動をして経済を一気に回復させた状況を目にして、

やっと何が真実かに気付いたようです。

勉強ばかりしまくって官僚になったはずの人間たちが、商売の大変さも、お金を稼ぐ大変さも、貧困の大変さも、全く体験することがなかったせいで、

国民から吸いあげた税金で「給料が空から降ってくる世界観」で生きてしまい、

国民の苦しみや痛みが全く理解できず、国民の苦しみが「他人ごと」のようになってしまい、国民を救わなければならない切実さも心に芽生えず、

「国民にお金を回す重要性」もまるで理解できなかったということでしょう。

官僚というのが、どれほどまでに現実離れした馬鹿かというのが非常によくわかりますが、

国民の苦労を全く理解できない死ぬほどの馬鹿だったとしても、とにかくよーーーーーーやく気づいたのなら、経済産業省は財務省の緊縮路線と命がけで戦っていただきたいと思います。


と言うわけで、本当に死ぬほど(実際国民が大勢死ぬほど)遅かったですが、経済産業省はようやく

「大規模な財政出動の重要性」

に気づくことができました。

とにもかくにも経済産業省と言う組織がそれに気づいて、組織の新方針として

【「大規模・長期・計画的」な財政出動が国民を救う 】

と言うことに今頃ようやく気づいたのであれば、

今後は何が何でも自分たちの権力を維持するために緊縮路線を変えようとしない財務省と、全面対決していくことになる可能性が高いです。

財務省は経済産業省の官僚とは違い、馬鹿ではなく明らかに「財政出動で民間が黒字になり国民が救われる事実」も「財政赤字は何の問題もない」ことも理解していながら(財務省のホームページに証拠もあります)、

自分たちの権力を維持するために緊縮路線を推し進めてきた連中なので、

今後も必ずいろんな理屈をつけて、慶應大土居丈朗教授のような財務省に尻尾を振る飼い犬の御用学者や、知識のないマスコミの経済記者などを利用しまくり、

経済産業省の「大規模・長期・計画的」な財政出動を、(嘘のプロパガンダでいかにもそれが間違っているように見せかけるなどの手口で)全力で阻止してくる事はほぼ確実だと思われます。


我々国民がやるべき事は、経済産業省の方向転換を全面的に支持することです。


何が何でも、財務省の緊縮路線の間違いを叩き潰さなければなりません。

理由は簡単で、それができなければ国民が山ほど死ぬことになるからです。

これから「経済産業省VS財務省」の戦いが始まる可能性が濃厚ですが、

国民は全員で一丸となって協力し、経済産業省の路線を支持していく以外の選択肢はあり得ません。

経済産業省の方向転換を国民全員で絶賛して行きましょう。

日本の明るい未来も、あなた自身の明るい未来も、その路線の先にしか存在しないのです。

それではまた。



感謝!YouTubeに公開1年で200万回再生&高評価数が59000突破<(_ _)>画期的ノウハウを無料公開中の動画「家で勉強に集中する方法」(2017.7.1~)




ブログのカテゴリ一覧へ

P.S
私が以前直接指導をしていて、現役で日本最難関の東大理3に合格したY君の勉強法を無料レポートにまとめました。詳細はこちら


集中力アップ、記憶力アップ、ベストコンディション、健康、長寿、若さ・・・すべてが手に入るたった1つの方法

o0220031112672482537

「ある1つのこと」だけ実践すれば、勉強の集中力アップと記憶力アップが同時に実現し、体調も良くなる科学的に認められた方法があります。受験をひかえた人には本番の点数にダイレクトに響くほど効果がありますし、受験後にもずっと使えるので一生モノの役に立つテクニックです。※公開1週間で900名以上の受験生にダウンロードして頂きました(感謝!)
※追記:ダウンロード時、「@icloud.com」のアドレスにはほぼ100%届かないことがわかりましたので、これ以外のアドレスでダンロードをお願いします。  
 

  “効果的なBGM”を使えば、勉強に長時間集中できる!



勉強の集中力を長時間持続させるコツは、効果的なBGMを利用することです。とくに「f分の1のゆらぎ」という性質を持つ自然音(波の音、小鳥のさえずり、風の音など)やクラシックを聴くと、脳内でα波が出てリラックスしながら勉強に集中できるようになります。今回はそんな「f分の1のゆらぎ」を持つ音の中でも、とくに人気が高いあるBGMをお届けします。私自身もこの数年間毎日これを聴いていて、集中したい時には欠かせない音源です。
※追記:ダウンロード時、「@icloud.com」のアドレスにはほぼ100%届かないことがわかりましたので、これ以外のアドレスでダンロードをお願いします。

アクセスの多い人気記事一覧
部屋を暗くする「映画館効果」で集中する
必見!英語長文を倍速で読むマル秘テク
要領がスーパー良くなる心理法則を発見
全受験生必聴の「試験本番」で使える裏技
「儲かる資格」をついに見つけました
ついに発見!勉強に最適な間食はコレだ!
「好きなことで生きていく!」を徹底検証
ヘタすぎる「休日のすごし方」をする受験生
「精神的な弱さ」を改善しようとしても無駄
「インプットの効率」を究極に高める秘訣
9時間睡眠に1ヶ月チャレンジした結果
「今から間に合いますか?」が愚問すぎる件
決着!机は綺麗がいいVS乱雑がいい論争
自分のタイプ別の効果的な暗記法(具体例)
今すぐ1冊の参考書に絞り込めない人の末路
E判定から一発逆転する人の勉強法
自習室でも声を出して暗唱できる裏ワザ
最強の健康法~半身浴のすごいメカニズム~
警告!「塾・予備校」の落とし穴に注意
スマホが人生を崩壊させる理由とその対策
「偏差値真理教」に洗脳される人たち
集中力と記憶力を一緒にアップさせる秘訣
なぜ、あの人はいつも勉強が楽しそうなのか
「授業の復習」のベストタイミングはいつ?
試験前日~当日の「食事と睡眠」のとり方
専門家としてトップ1%になる秘訣
必ず全員見てほしい衝撃の大傑作映画
センター試験対策のテクニック特集!

◎勉強の集中力をもっとアップさせたい
集中力と記憶力をまとめてアップさせる秘訣
合格したいなら「整理整頓」を甘く見るな!
規則正しい生活が命!集中力がUPする時間術
最強のBGMで集中する方法~自宅学習編~

自習室・図書館で集中できなくなる理由
自習室・図書館を休日に賢く利用する方法
家では絶対勉強するな!?
「継続力」が「集中力」に超影響する理由
「もうひと踏ん張り」のスイッチの入れ方
いいイスを使えると人生が変わる理由
「意志の弱さ」より「想像力の弱さ」が犯人
脳が作り出した「解釈」で現実を変える方法
整理整頓が集中力にものすごく影響するワケ
「1日の勉強の終わり方」がうまい人とは?
ショック療法でスマホ依存から脱出するコツ
訃報+意外と知られてないストレス解消法
禁欲をラクに成功させる秘訣~禁テレビ編~
1日1回、受験生に必ずやってほしい行為
30秒で勉強の集中力をアップさせる裏ワザ
勉強中の“あの欲望”に注意すべき理由
正午までに1日の勝負がほぼ決まる理由
東大教授に学ぶ快適な部屋にする方法
勉強で「効率よく気分転換する」ルール
睡眠不足は超ダサいと言い切れる理由
自宅で1日中勉強する時の注意点
夜寝る前には禁止の「至福の快楽」とは?
苦労せずに勉強を習慣化するコツ
勉強のマンネリ感を打破するストレス解消法
受験生が禁欲を成功させるコツ
勉強で蓄積したストレスの解消法
お菓子でストレス解消する方法
うまく仮眠すれば、勉強に長時間集中できる
「昼食は12時台」という常識を捨てろ!
フロ論。~勉強に集中できるお風呂に入る3つのタイミング~
ガム論。~噛むと集中できるガムの秘密~
音楽論。~「受験生の音楽鑑賞」はアリか~
恋愛論。~「受験生の恋愛」はアリか~
読書論。~「受験生の読書」はアリなのか~
孤独論。~受験生の「孤独」のメリット~
競争論。~まだ他人と「競争」してるの?~
たまご論~「卵は1日1個まで」のウソ~
牛乳論。~「牛乳」は本当に健康飲料か?~
がん論~がんになった人の共通点~
夏期講習論~天王山で失敗するパターン~
蓄積論。~高1~高2の蓄積を考えてみた~
メモ論~メモは取るべきか~
ニュース「ちょっとした工夫の偉大さ」
睡眠を削るのは「努力」ではなく「怠け」
夜の空腹感を解消する9つの方法
楽しく勉強できるTodoの作り方~弱者編~
合格したいなら志望校を周りに言いふらせ!
「月曜の辛い朝」を30%起きやすくする方法
試験直前にチョコを食べて脳をフル回転!
1番ベタで効果的な集中力アップ法(前編)
6秒でやる気を復活させる方法
受験生は顔つきに注意しろ!
なぜ「切り替え」はツライのか?
自宅で5分で完全リフレッシュする方法
好きな異性の写真で集中力をUPさせる裏技


◎勉強法の悩みを解決したい
1週間に100時間勉強する方法(実話)
最強の暗記ノウハウを教えます
最も効率的な「1回目の復習」のタイミング
受験生は「インプットのやりすぎ」に注意!
私が早稲田に合格できた最大の理由
いまE判定でも合格できる理由
完璧に暗記するならカードがベスト
勉強の“継続力”を圧倒的にアップさせる方法
モタモタするな!すぐに復習しろ!
「勉強法の勉強」にひそむ危険な落とし穴
【実話】勉強法マニアVS勉強法否定派
受験勉強でスランプに落ちるメカニズム
暗記効率が倍増「ラーニングピラミッド」
勉強法対決!インプットvsアウトプット
勉強好きな人がハマる落とし穴
成績が伸びる人、伸びない人の最大の違い
私がやっていた「英語の長文読解」の勉強法
知らないと損する悲観的な勉強法
一気に終わらせた方がいい勉強の3条件
どんな分野でも確実に暗記する方法
「音読パワー」を利用して成績をUPさせる
さっさと「勉強法の勉強」を卒業しろ!
「勉強法の勉強」が終わったら何をすべきか
参考書だけじゃなく、問題集も繰り返せ!
模試ノート作りは「○○」を重視する
模試の結果が悪い時の対処法~マインド編~
私のおすすめ英単語帳はコレ!(後編)
参考書は3回繰り返せ?
警告!「授業」にひそむ落とし穴に注意!
1日を充実させるTodoリストの作り方
わけのわからない「現代文」を攻略するコツ
過去問を2度やることに意味はあるのか?
学年トップの親友がやっていた勉強法
「予習」に時間をかけすぎるな!


◎勉強に役立つ!偉人・天才・有名人の話
松陰・手塚・さんま・ダウンタウンの共通点
村上春樹とスティーブンキングの共通点
アインシュタインとザッカーバーグの共通点
明石家さんま・浦沢直樹・三谷幸喜の共通点
タモリに学べ!徹夜でも集中できるコツ
エジソンは少食パワーで発明王になった
あの漫画家が1億冊を売った本当の理由
あの人が20歳も若く見える秘密
180巻まで継続する秘訣
1日10時間寝る漫画家 1日16時間寝てる男
アホな「尊師」にも天才の「孫氏」にもなれる脳のすごいカラクリ
イチローの4000本安打から学ぶこと
勉強に集中できるスポットを探せ!
東大の有名人たちの熱い勉強時間
織田信長に学ぶ受験勉強のコツ
孫子に学ぶ「勉強法の勉強」の勉強計画
悟空をマネして10秒でやる気を出す方法


◎直前期~試験当日までの勉強法
試験の問題を解くスピードを上げる秘訣
英語の長文問題を短時間で解く方法
受験当日の休憩時間に必ずやるべき作業
「あと少しで解けそうな問題」への対処法
試験本番の緊張感を抑える裏ワザ

「次の本文を読んで設問に答えなさい」?
勉強の集中力がアップする魔法のBGM
集中力×記憶力を同時に手に入れるコツ
試験会場に出現する“魔物”を退治する方法
※上記は当会の無料プレゼント・教材関連の記事が含まれます。


◎受験の不安・焦りを解消したい
最高のセルフイメージを手に入れる方法
受験勉強が辛いときに役立つ「2つの法則」
「焦り」で勉強に集中できない時の処方箋
今E判定でも、受験本番で自信を持てる方法
感動!無料メール講座「みんなの熱い言葉」
勉強がメチャクチャ楽しくなってしまう方法
「本番に間に合わない!」と感じたら
完璧主義だから受験への不安が消えない
不安感の正体は「ワクワク感」だった
気分が落ち込んだ受験生は読んで下さい
“本物の自信”をつける唯一の方法
受験の運命を好転させる思考テクニック
あと1ヶ月でどこまで実力が伸びるのか?
受験生なのにやる気が出ない理由

◎自分の将来についてもっと考えたい
勉強しない人の怖しい末路を教えます
テレビを観てはいけない本当の理由
「消費税の再増税」がもたらす大学受験生の恐るべき近未来
「何の専門家になるか」の決断力がいる時代
夢も持たないで受験勉強をしていいのか?
失敗しようがない志望校の正しい決め方
大学選びで絶対に失敗しないための黄金法則
タダで大学を卒業させる方法
SMAP解散の真相がわかりました

◎勉強計画を確実に実行したい
「ネット+参考書学習」が最強になる理由
勉強計画をネットにさらして合格する方法

1日10時間の勉強が当たり前になった理由
学習状況を確認して勉強量を最大化する

「ネットのつながり」でも仲間はできる理由

「他人のTodoリスト」を見て集中する方法

TodoリストをWebに公開して集中する方法

コーチングで受験勉強が楽しくなる理由

勉強計画を達成できる人、できない人

「仲間がいる環境」がやる気を引き出す

「受験勉強の本質」を見抜いた人が勝つ

「100%やりきった感」に満ちた生活を送れ

なぜ1日10時間も勉強をすべきなのか

専属コーチが能力を限界まで引き出す

コーチに監視されると勉強量が増える理由

「モチベーション」に左右されない勉強法

「超恥ずかしい!」を利用してやる気を出す
「合格後の明確なイメージ」がある人が最強

ダイエットを成功させた秘訣

最短コースで合格するために不可欠な作業

祝!元OCP生から弁護士&作家さん誕生!

私が今めちゃくちゃ幸せを感じる理由

大阪大学に合格したI君の座右の銘

【近況報告】ダメ受験生は2年後こうなった
受験生が「週末」にしなければならない2つ

勉強効率が上がる「今月の目標」の作り方

不合格になる受験生たちの悪い習慣

不合格体験記~挫折が挫折で無くなる理由~

受験生活の“最大の敵”を攻略する方法

私たちが「再び」OCPに参加する理由

私たちがOCPに参加する理由


超・大好評!日刊メルマガ「勉強の集中力が10倍アップする秘訣」(無料)
読者数4万名&連続配信が1800日突破!勉強の集中テクニックの最新情報や、中西が日ごろの研究、受験コーチング、各種プログラムの受験生との交流、メルマガ・ブログの読者さんからの情報提供などを通して発見した「目からウロコの勉強の集中術」を、1~2分で読めるコンパクトで楽しい文章にまとめて毎日20時に配信中です(土日祝も配信中)。今まであなたが見たことがないクオリティのメルマガをお届けします。信じるか信じないかは、あなた次第!
メールアドレス       


このブログには現在2000記事以上が公開されています。受験生が抱えるほとんどの問題解決策が書かれていますので、受験勉強で何かお悩みがある人は上記リンク集とともにブログ内の「検索窓」(スマホは画面下、PCは画面右にあります)であなたのお悩みのキーワードを検索してみてください。きっと解決策or解決のヒントとなる有益な情報が見つかるはずです。


上の画像をクリックするとYouTubeの2時間セミナー(無料)に飛びます(公開日2017.7.1)

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る